体臭は香水で消せない!香水以外のおすすめ対策

体臭は香水でごまかせると思っていませんか?たしかに香水はいい香りがするのでマスキングできそうな気もしますが、体臭を消すことはできません。 そこで今回は、体臭対策に香水を使うことの問題点や香水以外の対策方法について解説していきます。体臭を防げる便利アイテムの作り方もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

体臭対策に香水はNG

冒頭でもお伝えしたように、香水は体臭対策には不向きです。それどころか、むしろ不快感を与えてしまう場合もあります。男性でも香水を付けるのが習慣になっている方はいますが、元々体臭が強めの方や、夏場など体臭が気になりやすい時季は特に注意が必要です。

香水に消臭効果はない

まず基本として押さえておきたいのが、香水には消臭効果はないという点です。香水はその香り自体を楽しむためのものなので、体のにおいを消すデオドラント効果はありません。

香水は、体の自然なにおいと混ざり合うことで心地よく香るように設計されています。そのため、体臭が強過ぎると香水本来の香りが打ち消されてしまうだけでなく、体臭が勝った妙なにおいになりがちです。

日本人と香水は相性が悪い?

日本人は、体から何らかのにおいがするのを好まない傾向があるため、香水との相性が良いとは言えません。

日本では欧米ほど香水文化が根付いていませんが、その背景には日本人は欧米人より体臭が少ないという違いがあるようです。欧米では昔から体臭を香水でマスキングする習慣があるため、きつめのにおいでもあまり抵抗がないのかもしれません。

一方、日本人は元々体臭が少ないので、体からにおいが漂うこと自体に違和感を覚えることが多いのです。 そのため、いい香りであってもほのかに漂う程度なら好印象ですが、主張のある強い香りになると不快感を与えてしまうため要注意です。特に、化学的に合成された人工的な香りは日本人にあまり好まれません。

 

香水以外のおすすめ体臭対策アイテム

体臭を効果的に防ぐなら、香水以外のアイテムを活用しましょう。主な体臭対策アイテムの特徴をご紹介します。

デオドラント剤

手軽に体臭を抑えられるのがデオドラント剤です。市販のデオドラント剤には以下のようにさまざまなタイプがあります。

<スプレータイプ>

においが気になる部分にシュッとスプレーを吹きかけるタイプで、広範囲にも使いやすいのが特徴です。さらっと仕上がるパウダー入りのものが多いですが、肌への密着度は低めです。

<クリームタイプ>

わきなどに直接塗り込むことができるクリームタイプは、肌への密着度が高いため効果が長持ちします。

<ロールオンタイプ>

スティック状の容器の先端にボールが付いていて、コロコロと転がしながら塗ることができます。液状ですが、直接肌に塗り込める上、手を汚さずに使えるところが便利です。

<シートタイプ>

薬剤が染み込んだシートで塗り広げるタイプです。汗を拭き取りながら消臭成分や殺菌成分を塗ることができ、さっぱりとした仕上がりになります。携帯しやすく外出先でも気になったときに使いやすいのが魅力です。

代表的なタイプをご紹介しましたが、この他にも多彩な商品が市販されています。容器の形状や配合成分によって使い勝手・効果は異なるので、体臭の強さや利用シーンに合うものを選びましょう。

消臭・殺菌成分入り石鹸

体臭を防ぐには、消臭成分や殺菌成分が配合された石鹸を使うのもおすすめです。においの元となる雑菌の繁殖を抑えるイソプロピルフェノールのような薬用成分が配合された石鹸なら、汗をかいても体臭を軽減することができます。

また、以下のような殺菌作用や抗酸化作用のある成分入りのものも有効です。

 

・ミョウバン

・柿渋

・緑茶エキス

・炭

石鹸は洗浄力が高くて洗い上がりがさっぱりしますし、アルカリ性なので酸性のにおい成分や皮脂を中和する作用もあります。 ただし、石鹸で洗い過ぎると皮膚に必要な細菌まで除去してしまい、かえって体臭が強まることもあるので要注意です。石鹸はよく泡立て、柔らかい素材のタオルや素手でなでるように洗いましょう。

 

体臭対策アイテムは自分で作ることも可能

体臭対策のアイテムは自分で作ることもできます。中でもミョウバンスプレーや重曹スプレーは簡単に作れる上、色々な部位に手軽に使えておすすめです。

ミョウバンスプレー

ミョウバンには雑菌の繁殖や発汗を抑える作用の他、ミョウバンに含まれる金属の酸化還元反応によって悪臭成分を中和する作用もあります。そのため、ミョウバンを入れたスプレーを使えばにおいを効果的に防ぐことができます。

ミョウバンスプレーは、原液となるミョウバン水を薄めたものです。作り方は以下のとおりです。

⑴市販の焼きミョウバン15グラムを500ml入りのペットボトルに入れる

⑵ペットボトルに水道水を入れてよく振り、一晩置いておく

⑶水で10倍に希釈してスプレー容器に入れる

ミョウバンはすぐに溶けないので振っても白濁しますが、長時間置いておくと透明になります。できあがったら原液を薄めて、腋の下や足などにおいが気になる部分にスプレーしましょう。

重曹スプレー

アルカリ性の重曹には、体臭の原因となる脂肪酸のにおいを中和する作用があります。重曹スプレーは以下のように作りましょう。

⑴小ぶりなスプレー容器に重曹を小さじ1杯入れる

⑵水道水を100ml入れてよく振る

しっかり溶かしておかないとスプレーを詰まらせることがあるため要注意です。重曹(炭酸水素ナトリウム)はナチュラルな素材なのでデリケートな肌質の方でも使いやすいです。

ただし、殺菌作用や制汗作用はないので、体臭がかなり強い方は物足りないかもしれません。 重曹スプレーは衣類のにおいにも効果があるため、服のわきの部分や下着、靴下などにスプレーしておくのもおすすめです。

 

まとめ

体臭を防ぐ方法は色々ありますが、香水で体のにおいを消すことはできません。 香水はそれ自体の香りを楽しむものであり、デオドラント効果はないため、強い体臭と混ざると悪臭になってしまいます。日本ではスメハラにもつながりかねないので、香水を体臭予防に使うのは控えましょう。

体臭を手軽かつ効果的に防ぐには、デオドラント剤が便利です。スプレータイプやロールオンタイプなど色々な種類があるので、求める効果や使い勝手を考えて選んでください。

また、消臭成分や殺菌成分が配合された石鹸で体を洗うのもおすすめです。 水道水に市販の焼きミョウバンや重曹を入れたスプレーは、自宅で簡単に作れますし、費用もあまりかかりません。化学的に合成された成分が使われていない安心感もあるので、体臭をなるべくナチュラルにケアしたい方は作ってみてはいかがでしょうか。

体臭は適切なアイテムを使えばかなり軽減することができます。香水に頼らず、ご紹介した方法で上手ににおいを防ぎましょう。