ヒゲ脱毛で知っておきたい毛周期とは

近年人気が高まっているヒゲ脱毛。DANVI読者の中にも、「ヒゲ脱毛を受けてみようかな」と考えている方は多いことでしょう。ヒゲ脱毛は、カジュアルな感覚で受けることが可能です。ただし、脱毛は1回では完了しません。ヒゲ脱毛を受ける前に知っておきたい、脱毛の回数と体毛の「周期」について学んでいきましょう。

脱毛と毛周期の関係?

ヒゲ脱毛にかぎらず、脱毛は1回の施術では終わりません。なぜならば、すべての体毛には「毛周期」があるからです。脱毛に要する回数や期間を理解するために、まず毛周期について詳しく見ていきましょう。

毛周期とは

ごく簡潔にいうと、毛周期とは体毛が生え替わる周期(=サイクル)です。皮膚に生えた体毛は、ずっとそこに残るわけではありません。一定期間成長すると抜け落ち、また新しい体毛が生えてきます。このサイクルが毛周期です。

毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分けることができます。

成長期は、文字どおり体毛が成長する時期。この時期には毛母細胞(毛を作る細胞)が活発に分裂するため、体毛が伸び続けます。

退行期(移行期とも呼ばれる)は、体毛が抜け落ちる準備に入る時期です。この時期には毛母細胞が分裂をストップするため、体毛の成長が止まります。また、毛乳頭(毛周期をコントロールする細胞)と毛球部(毛の根元)が分離するため、退行期に入った毛は徐々に萎縮していきます。

休止期は、体毛が自然に抜け落ちる時期です。この時期に入ると毛乳頭は休眠して、次の成長期に入るための準備をはじめます。やがて休眠を終えた毛乳頭は、ふたたび毛母細胞に結合して、成長期に入るよう指示。新しい毛周期がスタートします。

毛周期の各サイクルが移行するタイミングは、体毛一本ごとに異なります。皮膚の表面に、常に体毛が存在するのはこのためです。1本の毛が抜けるころには、成長期に入った別の毛が伸びて皮膚の表面に顔を出します。この生え替わりの仕組みは、脱毛の回数に大きく関係するので、しっかり頭に入れておいてください。

脱毛は成長期の毛根にしか効果がない

脱毛の方法は複数ありますが、メジャーな手法は成長期の毛根にしか効果を発揮しません。というのも、美容クリニックやエステサロンの脱毛は、体毛の「メラニン色素」に反応する光線を使って行われるからです。

美容クリニックの「レーザー脱毛」やエステサロンの「フラッシュ脱毛」では、メラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変わる特殊な光線を体毛に照射します。光線で熱エネルギーを与えることにより、毛根がダメージを受けて脱毛するのです。 成長期の体毛はメラニン色素がとくに濃いため、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の光線によって、簡単にダメージを与えられます。一方、退行期や休止期に入った体毛は、メラニン色素が薄くなるため、光線の影響をあまり受けません。退行期や休止期の毛穴を脱毛するには、一度毛が抜け落ちて、次の成長期に入るのを待つ必要があります。 脱毛が1回で完了しないのは、まさにこのためです。

先に解説したように、体毛は一斉に成長期に入ったり、退行期に入ったりするわけではありません。成長期のタイミングが体毛1本ごとに異なるため、脱毛は何度かに分けて行う必要があります。

 

ヒゲにも毛周期ってあるの?

前節を読んで、「ヒゲにも毛周期ってあるの?」と、疑問を抱いた方も多いかもしれませんね。実際のところどうなのでしょうか。

ヒゲの毛周期1.5ヶ月~2ヶ月

疑問にお答えすると、ヒゲにもやはり毛周期はあります。ヒゲが生え替わる周期は、1.5〜2ヶ月に1回程度。ほかの体毛が3〜4ヶ月程度で生え替わることを考えると、ヒゲの毛周期はサイクルが早いといえます。 ヒゲの特殊性は、生え替わりの早さだけにとどまりません。ヒゲの毛穴は、約8割が成長期にあるとされています。ヒゲが常に顔を覆っているように感じるのは、その多くが成長中であり、皮膚に露出しているためなのです。すべての体毛の中でも、ヒゲはもっとも活発で生命力のある毛だといってよいでしょう。

ヒゲ脱毛したいときの頻度

ヒゲの多くは成長期にあり、かつ皮膚に露出しています。とはいえ、そんなヒゲも1回では脱毛できません。ヒゲ脱毛はほかの部位と同様に、毛周期に合わせて行う必要があります。

ヒゲ脱毛のペースは、1.5〜2ヶ月(6〜8週間)に1回程度が目安です。このペースより短いスパンで施術を行っても、脱毛効果は得にくいですし、肌に負担がかかってしまいます。

また、1.5〜2ヶ月に1回というのは、あくまで脱毛初期のペースです。 回数を重ねると、脱毛を行うペースは3〜6ヶ月に1回程度になります。なぜ、施術のペースが遅くなるのかというと、脱毛が進むことでヒゲの絶対数が減るからです。

ヒゲの絶対数が減れば、まとまった数のヒゲが生えるまでに時間がかかるようになります。ある程度まとまった本数のヒゲがそろわなければ、脱毛を行っても高い効果は得られません。このため脱毛が進むほどに、施術を行うペースはどうしても遅くなるのです。

間隔を空け過ぎない方がよい?

ヒゲ脱毛を希望する方の中には、「仕事が忙しいから定期的にクリニックやサロンに通うのは難しそうだ…」と悩んでいる方も多いことでしょう。そんな方もご安心を。定期的にクリニックやサロンに通えなくても、ヒゲ脱毛を完了させることは可能です。 というのも、前回の施術から間隔が空いたとしても、脱毛の効果は消えないからです。とくにクリニックで受けるレーザー脱毛の効果は、時間が経っても消えません。つまり、定期的にクリニックに通えなくても、都合のよいときに施術を受けさえすれば、脱毛の完了に少しずつ近づけるのです。

実は、施術を受ける間隔は、長めにとったほうが安全で効率的といえます。前回の施術から長めに期間を空ければ、脱毛で肌が受けたダメージが回復しますし、成長期のヒゲが増えます。肌の負担を軽減しつつ、一度に多くの毛を脱毛できるようになるのです。 施術の間隔が空くことよりも注意すべきは、短期間での連続した脱毛です。短期間に脱毛を繰り返しても、大した効果は得られませんし、肌に負担がかかります。ヒゲ脱毛は、ゆっくりめのペースで気長に続けるのがベター。仕事に追われて定期的な脱毛ができなかったとしても、何も焦る必要はありません。

 

ヒゲ脱毛が完了するまでの回数の目安

ここまでに見てきたように、ヒゲ脱毛は1回では完了しません。では、どのぐらいの回数を行えば、ヒゲ脱毛を終えられるのでしょうか。ヒゲ脱毛が完了するまでの回数を、美容クリニックとサロンのケースに分けて見ていきましょう。

クリニックでの医療レーザー脱毛の場合

美容クリニックの医療レーザーを使ったヒゲ脱毛は、5〜12回程度で完了することが一般的です。施術によって毛量が大きく減るのは、3〜4回目の施術あたりから。毛量が減ってからは初期よりも施術のペースを落とすため、脱毛が完了するまでには1〜2年程度の期間を要します。

なお、ヒゲ脱毛の完了の基準は、人によって異なります。簡潔にいうと、施術を受ける人が満足した時点で、脱毛は完了です。このため、ある程度ヒゲが薄くなったところで完了となる場合もあれば、完全にヒゲが生えない状態になるまで終わらないケースもあります。どの状態を脱毛完了とするかは、施術を受け始める前に決めておきましょう。

エステでのフラッシュ脱毛の場合

エステサロンでヒゲ脱毛を行う場合、脱毛完了までの施術回数は15回以上となることが一般的です。期間でいうと、ヒゲ脱毛が完了するまでには2〜4年を要します。 なぜこのように期間が長引くのかというと、クリニックの医療レーザー脱毛と比べて、エステサロンのフラッシュ脱毛は効果が弱いからです。

医療レーザー脱毛はヒゲの組織を完全に破壊できますが、フラッシュ脱毛では毛根にダメージを与えることしかできません。 このため、エステサロンのヒゲ脱毛は完了までに長期間を要しますし、どれだけ回数を重ねても、満足ゆく結果を得られない場合もあります。ヒゲを完全になくしたい場合や、永続的な脱毛効果を得たい場合は、美容クリニックの医療レーザー脱毛を受けたほうが賢明です。

 

まとめ

ヒゲ脱毛は1回では完了しませんし、医療レーザー脱毛の場合だと、施術にやや強い痛みをともないます。ヒゲ脱毛を完了させるには、少し根気が要るかもしれません。とはいえ、濃いヒゲに悩み続けるよりは、脱毛にチャレンジしたほうが賢明といえます。毛周期を踏まえたうえで、無理のないペースでヒゲ脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。