薄毛にプロテインは悪影響?

「プロテインを飲むとハゲる」という噂を聞いたことはありませんか?プロテインは健康維持や体づくりに役立つ栄養素ですが、薄毛を気にしている方がこんな噂を聞いたらショックですよね。 そこで今回は、プロテインが毛髪に与える影響の有無について解説していきます。筋トレが薄毛に与える影響や、薄毛対策におすすめの運動もご紹介するので、ぜひご一読ください。

プロテインを飲むと薄毛になる?

プロテインを飲むと薄毛になるという話について、本当のところはどうなのでしょうか。日頃からプロテインを飲んでいる方は、その真偽を確かめてモヤモヤをスッキリさせましょう。

プロテインで薄毛になるといわれている理由

そもそも、プロテインが薄毛を促進させるという説が広まったのは、プロテインには男性ホルモンを増やすイメージがあるからではないかと考えられています。

プロテインはボディビルダーなど体を鍛えている人が好んで摂取する食品として知られていて、「プロテイン=筋肉増強剤」と誤認されることがあります。しかし、プロテインはタンパク質を英訳したものなので筋肉増強剤とは全くの別物ですし、男性ホルモンを増やす作用はありません。

一方、筋肉増強剤には筋肉を増やすために男性ホルモン「テストステロン」が配合されています。この男性ホルモンには、ある酵素と結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化し、薄毛や抜け毛を促進させる性質があります。

つまり、プロテインと筋肉増強剤が混同され、「プロテインには薄毛を促進させる男性ホルモンが入っている」という勘違いが広まったものと思われます。

プロテインで薄毛になる可能性は低い

お伝えしたように、プロテインはタンパク質のことなので、プロテインを飲んで薄毛になる可能性は低いです。

タンパク質は、筋肉・骨・臓器・毛髪・皮膚・爪・血液など全身のあらゆる部位の原料となる重要な栄養素です。そのため、タンパク質の摂取量が足りないと新陳代謝が悪くなったり、病気・ケガからの回復が遅くなったりするなどの不調をきたします。 薄毛になるのか?という点では、タンパク質は頭皮や毛髪の材料になるので、むしろ積極的に摂取した方がよいということになります。プロテインで髪が生えることなないにせよ、髪の成長や抜け毛予防には役立つでしょう。

ただし、何らかの食品アレルギーがある方は、プロテインの摂取に注意が必要です。プロテインは主に粉末状のサプリメントとして利用されていますが、その主原料には牛乳や大豆が使われています。プロテインの種類別に使われている原料は以下のとおりです。

・ホエイプロテイン:牛乳

・カゼインプロテイン:牛乳

・ソイプロテイン:大豆

アレルギーがある食品を主原料とするプロテインを飲むと、蕁麻疹や下痢などの体調不良を起こしてしまいます。人によってはアレルギー症状から頭皮にダメージが及ぶ場合もあるので、プロテインを利用する際は原料も必ずチェックしましょう。

 

筋トレで薄毛になるという噂も

薄毛を促進させると噂されているのはプロテインだけではありません。筋トレも薄毛になるといわれていますが、実施はどうなのでしょうか。

筋トレで薄毛になるといわれている理由

筋トレが薄毛につながるという噂も、男性ホルモンが増えるというイメージからきているようです。 また、筋トレによって筋繊維が破壊されることも薄毛の要因になると考えられています。その理由は、筋肉を修復する際にタンパク質をたくさん消費するからです。タンパク質は筋肉だけではなく毛髪の材料でもあるので、筋肉の修復に大量に使われると毛髪までまわってこなくなるという考え方です。

筋トレも薄毛にはつながらない

筋トレが直接的に薄毛につながるということはありません。たしかに、筋トレをすると筋肉が増強されるだけではなく、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量も増加します。でも、テストステロンが直接的に抜け毛を増やすわけではありません。

プロテインの項目でもご説明したように、テストステロンが特定の酵素と結合し、DHTに変化したものが薄毛の原因となります。そのため、単にテストステロンが増えただけでは薄毛は促進されないのです。 ただし、過度な筋トレをすると血液中に活性酸素がたくさん取り込まれやすくなります。活性酸素は髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるので、薄毛を防ぎたいなら必要以上にハードな筋トレは控えた方がよいでしょう。

なお、適度な運動で汗をかくとDHTを体外に排出させられるので、全く運動をしない方が薄毛になりやすいかもしれません。薄毛予防につながる運動については次章で詳しく見ていきましょう。

 

むしろ運動は薄毛改善によい?

薄毛を改善するには、むしろ適度な運動を取り入れた方がよいです。その理由とおすすめの運動をご紹介します。

運動で育毛促進

運動をすると薄毛が改善されるのは、血行が促進されて頭皮環境が良好になり、毛髪が成長しやすくなるからです。

口から摂取した栄養は、血液を介して全身のあらゆる部位に供給されます。そのため、発毛・育毛に役立つ栄養素をたくさん摂取しても、運動不足で血流が悪ければすみずみまで行き渡らなくなってしまいます。

また、運動をするとセロトニンという神経伝達物質が活性化するともいわれています。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれていて、ストレスを和らげる働きがあります。人はストレスを感じると血管が収縮して血流が悪化するので、セロトニンが活性化すれば血流がスムーズになり頭皮環境にもよい影響を与えてくれます。

薄毛対策によい運動とは

薄毛対策に有効な運動は、有酸素運動です。有酸素運動とは、その名のとおり体内に酸素を取り込むことができる運動のことで、代表的なものとしてウォーキングやジョギングなどがあげられます。 有酸素運動は、血行促進効果やセロトニンを活性化する効果に優れているため、発毛・育毛しやすい頭皮環境が整いやすくなります。

有酸素運動には以下のような色々な種類があります。主なものをポイントと共にご紹介するので、ご自身が取り入れやすい運動を実践してみましょう。

・ウォーキング:やや大股でスタスタと早歩きを心がける。腕を振るのも効果的。

・ジョギング:初心者は歩くくらいのスピードから始める。慣れてきたら軽く息が上がる程度にスピードを速める。

・スイミング:腰や膝が悪い人でも取り入れやすい。泳ぎが苦手な方は水中ウォーキングがおすすめ。

・サイクリング:平坦な道より、坂道などアップダウンがあるルートにするとより効果的。自転車がない場合は、負荷を調整できるジムのエアロバイクを利用するのもおすすめ。

・ヨガ:呼吸法を取り入れながらゆったりと全身を動かせる。リラックス効果も高く、激しい運動が苦手な人でも取り入れやすい。 ・

踏み台昇降:自宅で有酸素運動をしたい場合は、限られたスペースでもできる踏み台昇降がおすすめ。階段の段差を利用して昇り降りするだけでもOK。

薄毛対策のための有酸素運動は、心拍数が少し速くなる程度まで続けるのが効果的だといわれています。

 

まとめ

プロテインを飲むと薄毛になるという噂の真偽について解説してきましたが、モヤモヤはスッキリしましたか? プロテインはタンパク質であり、毛髪の材料となる重要な栄養素なので、基本的に薄毛を促進させるということはありません。プロテインの主原料である牛乳や大豆にアレルギーがある方は、アレルギー症状からくる抜け毛などに注意が必要ですが、プロテイン自体に薄毛を促す作用はないので安心してください。

筋トレにも薄毛を促進させる噂がありますが、筋トレによって男性ホルモンが増えても直接的に抜け毛につながるわけではありません。 健全な発毛・育毛には、むしろプロテイン(タンパク質)が必要ですし、適度な運動も効果的です。薄毛対策という点では、血行を促進させるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。