薄毛から復活するための効果的な治療とは

薄毛から復活するためには、医師の指示に従って必要な治療を受けることが大切です。育毛剤も1つの対処法ですが、髪を生やす効果はないため、薄毛から復活することはできません。医療機関で薬物療法やメソセラピー、自毛植毛といった治療を受けましょう。ここでは、薄毛から復活するための効果的な治療法について詳しく解説します。

薄毛・AGAからの復活には早めの治療が肝心

薄毛・AGAから復活するためには、できるだけ早い段階で治療を受ける必要があります。治療を受けることが遅くなれば、薄毛から復活することは難しいでしょう。多少、髪が生える可能性がありますが、薄毛のコンプレックスを解消できるほどではありません。

早めの治療が重要な理由

AGA治療では、主に薬物療法を適用します。薬物療法で使用されることが多いフィナステリドは、AGAの原因に干渉することで薄毛の進行を抑えます。

また、抜け落ちたところからの発毛も期待できるのですが、治療を始めるのが遅すぎると発毛が期待できません。髪は、毛周期というサイクルで生え変わりを繰り返しているのですが、AGAになると成長期が短縮されてしまいます。フィナステリドを服用することで成長期の短縮を防ぎ、AGAの進行を抑えられます。しかし、一生のうち髪が生え変わる回数はあらかじめ決まっているため、生え変わりの回数が限界に達した場合は、フィナステリドを服用しても発毛は期待できないのです。

フィナステリドと併用されることが多いミノキシジルは、成長期を延ばすことで発毛を促す薬です。この場合も、成長期を延ばす以前に生え変わりの回数が限度に達していれば、ミノキシジルの効果は期待できません。薬物療法は、AGA治療の中でも特に推奨されている治療法であるため、適用できるうちに治療を始めることが大切です。

クリニックで行われる主な治療

クリニックで行われるAGAの主な治療法は、薬物療法・メソセラピー・自毛植毛です。

薬物療法では、フィナステリドやミノキシジルだけではなく、デュタステリドを使用することもあります。フィナステリドは、AGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の生産に欠かせない5α-リダクターゼII型を阻害し、AGAの進行抑制と薄毛改善をもたらす薬です。それに対してデュタステリドは、5α-リダクターゼII型だけではなく、I型も阻害するのです。フィナステリドよりも高い効果が期待できるとされています。

メソセラピーは、フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬の他、髪の成長に必要な栄養素や成長因子などを配合したカクテルを注入する方法です。クリニックによって使用している薬が異なるため、事前に確認しておきましょう。

自毛植毛は、5α-リダクターゼII型が少ない後頭部や側頭部の髪を薄毛の部分に移植する治療法です。頭皮を皮膚ごと採取する方法と、パンチで毛包を採取し、薄毛の部分に移植する方法があります。皮膚ごと採取する方法は、採取部と移植部の両方に傷が残ります。その代わり、短時間で多くの髪を移植できるというメリットがあります。パンチを使った方法では、手術時間が長くなりますが、傷跡はほとんど残りません。 なお、自毛植毛した髪は自由にカット・カラー・パーマなどが可能で、生着すれば自然に生えてくるようになります。

 

早く薄毛から復活したいなら薬物治療は不向き?

できるだけ早く薄毛から復活したい場合は、薬物療法以外の方法を検討した方がいいでしょう。理由を確認して納得したうえで検討することが大切です。

薬物治療の主な目的は進行を遅らせること

薬物治療で使用されるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどは、AGAを根本から治療する薬ではありません。あくまでも進行を遅らせるための薬であるため、短期間で劇的に髪が生えるような効果は期待できないのです。薬の量を多くしても副作用のリスクが上がるだけで、AGAの改善スピードが上がることもありません。

治療効果が出るまでの期間

薬物療法に即効性はありません。最低でも約6ヶ月は服用しなければ効果は実感できないでしょう。ただし、効果を実感できるまでにかかる期間には個人差があるため、早く改善を感じられることもあります。逆に、1年続けてようやく効果を実感できることもあるため、実際に治療を受けてみなければわかりません。いずれにしても、すぐに薄毛から復活できるわけではないことを覚えておきましょう。

 

早く薄毛から復活したい!即効性のある治療とは

できるだけ早く薄毛から復活したいのであれば、HARG療法か自毛植毛を選ぶといいでしょう。どちらにもメリットとデメリットがあるため、確認しておくことをおすすめします。

HARG療法

HARG療法は、AGAによって乱れた毛周期を整えることを目的とした治療法です。毛周期が整うことで、髪が太く長く成長するようになり、AGAによる薄毛が改善することが期待できます。頭皮にHARGカクテルという様々な成分を配合した液体を注入します。

従来のメソセラピーで使用している栄養や成分とは異なり、治療後もしばらく発毛効果が期待できるという画期的な治療法です。中等度以上の薄毛にも効果が期待できるため、ある程度進行した薄毛から復活したい場合に向いています。

治療後も発毛効果が持続するのがメリットですが、メソセラピーや薬物療法と比べて料金が高いというデメリットもあります。

自毛植毛

自毛植毛は、日本皮膚科学会でも認められている治療法です。人工毛植毛とは違い、自分の髪を移植するため拒否反応によって髪が抜け落ちたり炎症が起きたりする心配がほとんどありません。また、発毛組織ごと移植するため、生着すれば自然に髪が生えるようになります。

ただし、植毛していないところの髪はAGAの影響を受けるため、植毛したところの周りが薄くなる可能性があります。そのため、自毛植毛後もフィナステリドやミノキシジルといった薬物療法を続けることになるでしょう。

自毛植毛はAGA治療の中でも費用が高く、移植する本数によっては200万円近くかかります。また、頭皮を切り取る方法では、採取したところに目立つ傷跡が残る可能性があります。場合によっては、ウィッグなどで隠すことになるでしょう。なお、毛包だけを採取することで傷跡をほとんど残さない方法が主流になりつつあります。

そして、忘れてはいけないのが手術そのもののリスクです。術後に傷があるところの感染症や顔のむくみ、頭皮の知覚異常といった症状が現れる恐れがあります。また、手術中には不整脈や心臓発作といった問題が起こる可能性も否定できません。万全の準備を整え、適切な環境で手術を行うことでリスクを減らせますが、1%でも可能性がある以上は気軽に受けられる治療とは言えないでしょう。

 

まとめ

薄毛から復活したい場合は、できるだけ早くクリニックを受診して、適切な治療を受けることが大切です。

また、AGAの治療は薬物療法を選択することが多いのですが、すぐに薄毛から復活することはできません。また、進行してからでは薄毛の改善も期待できないのです。

すぐに薄毛から復活したい場合は、自毛植毛を選んだ方がいいでしょう。術後は髪が増えている状態となるため、即効性が最も高い治療法と言えます。

HARG療法は薬物療法と同じく効果が現れるまでに時間がかかりますが、治療を終えれば髪が自然に生えるようになることが期待できます。

このように、AGAの治療法の種類は様々です。すぐに薄毛から復活したいのか、どの程度の費用をかけられるのかなど様々なことを踏まえて最適な治療法を選択することが大切です。