AGA治療薬の種類は?効果、副作用についても解説

AGAの治療法は様々ですが、その中でもプロペシアやミノキシジルといった薬による治療が一般的に行われています。AGA治療薬の種類は非常に多く、それぞれに特徴があります。効果や副作用に違いがあるため、確認しておくことが大切です。ここでは、AGA治療薬の種類や効果、副作用、使用の際の注意点などについて詳しく解説します。

AGA治療薬は大きくふたつに分類される

AGA治療薬には、国内で認可された治療薬とジェネリック治療薬があります。それぞれの違いを把握したうえで使用することが大切です。

国内で認可された治療薬

日本国内で認可された薬には、プロペシアやミノキシジルなどがあります。認可の基準は国によって異なります。日本人の体質など様々なことを考慮し、安全性を確認するための試験を繰り返し、その結果取り扱っても問題がないと認められた薬です。

ジェネリック治療薬

ジェネリック医薬品は後発医薬品のことで、特許期間が切れた薬を他の企業が製造した薬です。AGAのジェネリック医薬品は、プロペシアやミノキシジルと同じ成分でありながら値段が抑えられています。

AGAの治療は継続することで効果が期待できるため、毎月どうしても医療費がかさんでしまいます。ジェネリック医薬品を使用することで、月々の医療費を抑えることができるのです。

 

AGA治療薬の種類・効果・副作用

AGA治療薬の種類は多く、効果や副作用が異なります。また、生産国も様々であるため確認しておくことが大切です。

プロペシア(フィナステリド含有)

プロペシアは、フィナステリドを含むAGA治療薬です。AGAを引き起こす男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生産する5αリダクターゼII方の働きを阻害し、結果としてAGAの進行を抑えます。多くのAGA治療院で処方されています。

副作用に勃起不全や肝機能障害などがあります。また、未成年と女性に使用することによる安全性が確認されておらず、成人男性にしか使用できません。 また、男児を妊娠中の女性がプロペシアを飲むと、男性機能に問題が起こる可能性があります。

プロペシアの成分は皮膚からも吸収されるため、取り扱いには十分に注意が必要です。ただし、錠剤の表面はコーティングされているため、割れているものに触れなければ問題はりません。

ロゲイン(ミノキシジル含有)

ロゲインはアメリアのファイザー社が開発した外用薬です。ミノキシジルが5%配合されています。ミノキシジルは、元々は高血圧の治療薬として開発されたのですが、副作用として発毛促進がみられたため、AGAの治療薬として使用されるようになりました。

フィンペシア

インドの製薬会社が開発したAGA治療薬で、プロペシアと同じくフィナステリドを主成分としています。効果や副作用はプロペシアと同じですが、厳密にはジェネリック医薬品には分類されていません。インドは成分に対する特許を認めておらず、プロペシアの国際特許が切れる前からインドで開発されていました。そのため、後発医薬品を意味するジェネリック医薬品ではないのです。

エフぺシア

フィンペシアと同じ製薬会社が開発した薬で、フィナステリドが配合されています。フィンペシアとは別にエフペシアを作った理由は、フィンペシアに発がん性物質が含まれているとの指摘を受けたためです。現在は、フィンペシアに発がん性物質は含まれていませんが、気になる方はエフペシアを選ぶといいでしょう。

フィナロ

インドのインタス社が開発している内服薬で、フィナステリドが配合されています。比較的、値段が安いため費用を抑えたい方が求める傾向があります。個人輸入だけではなく、フィナロを取り扱っている医療機関で処方してもらうことで入手できます。

ザガーロ

ザガーロはデュタステリドが配合されたAGA治療薬で、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。AGAの原因となる5α-リダクターゼを抑える効果が確認されたため、AGAの治療薬として用いられるようになったのです。プロペシアよりも強力に5α-リダクターゼを抑えるとされています。

 

AGA治療薬を使用する際の注意点

AGA治療薬は、医師の指示に従って適切に使用しなければなりません。様々な副作用があり、間違った方法で使用すると健康に問題が起こる可能性があります。また、偽物の医薬品を購入してしまい、健康被害にあうことも予想されます。そのため、AGA治療薬を正しい方法で入手し、使用方法と副作用について把握したうえで内服・外用することが大切です。

AGA治療薬は個人輸入より医師の処方が安全

AGA治療薬を入手する方法には、医師から処方してもらう方法と個人輸入する方法があります。個人輸入は法律で禁止されていませんが、リスクが高い方法です。

個人輸入する薬は日本が安全性を管理しているわけではなく、輸出業者の信頼性も不明であるため、偽物を入手してしまうリスクがあります。偽物のAGA治療薬を使用することで、何らかの健康被害にあう可能性があるのです。AGA治療薬は長く続けることになるため、偽物を長期間使用することで健康被害のリスクがさらに高まります。

医師から処方してもらった薬であれば、偽物である心配はほとんどありません。医師としても、偽物を使用するようなことがあればクリニックの運営に関わる事態に発展するため、偽物を取り扱う理由がないのです。また、医師に処方してもらうことで、副作用が起きたときや効果がなかったときの対処もしてもらえます。

継続して使用する必要がある

AGA治療薬の効果は、飲むのをやめると失われてしまいます。つまり、継続して飲まなければAGAの改善を実感することができないのです。効果を実感できるまでにかかる期間は約6ヶ月とされていますが、個人差があり1年程度の期間がかかるケースもあります。

効果が現れてからも、使用をやめるとAGAが再び進行するケースもあるため、主治医と相談しながら治療を続けることが大切です。

副作用が出たときは必ず医師に相談する

副作用が現れた際には、必ず医師に相談しましょう。副作用が軽いからといって使用を続けると、大きなトラブルに発展する恐れがあります。

AGAの治療に使用することが多いフィナステリドの副作用は、勃起不全や性欲減退などです。その他にも何らかの症状が現れた場合には、すぐに薬の使用を中止して医師の診察を受けましょう。

フィナステリドが使用できない場合は、ザガーロやミノキシジルの使用を検討することになります。 また、自毛植毛やメソセラピーといった他の治療も視野に入れた方がいいでしょう。薄毛治療はオーダーメイド治療であるため、主治医と相談しつつ最適な治療計画を立てることが大切です。

 

まとめ

AGA治療薬の使用を続けることで、薄毛の改善や発毛促進が期待できます。個人差はありますが、約6ヶ月~1年の継続で効果を実感できるとされています。途中で使用をやめると、再びAGAが進行する可能性があるため、費用も考慮したうえで治療計画を立てることが大切です。

AGA治療薬に使用される主な成分はフィナステリドとミノキシジルですが、様々なジェネリック医薬品が販売されています。個人輸入と医師に処方してもらう方法がありますが、個人輸入は偽物を入手するリスクがあるため避けた方がいいでしょう。

AGA治療薬には副作用があり、使用方法を誤るとトラブルが起こる可能性が高まります。特に、個人輸入で偽物を服用してしまった場合には、健康被害が心配されるため注意が必要です。副作用や何らかのトラブルが起きた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

AGA治療薬は、正しく使用すればAGAによる悩みを解消できる可能性があります。医師の指示に従い、適切な方法で使用しましょう。