AGAの薬の副作用と使用時の注意点について

AGAの薬による治療は、多くのクリニックで推奨されています。そのため、AGAで受診した場合は薬による治療を第一選択として検討することになるでしょう。AGAの薬には様々な種類があり、副作用も異なります。ここでは、AGAの薬の副作用や効果、使用時の注意点などについて解説します。

AGAの内服薬プロペシア(フィナステリド含有)の効果と副作用

薬による治療の中でもプロペシア(フィナステリド含有)は、多くのクリニックが推奨しています。使用歴が豊富で安全性が高く、AGAに対して効果が期待できます。

プロペシア(フィナステリド含有)の効果

プロペシアは、AGAの原因を抑えることでAGAの進行予防と薄毛改善をもたらす薬です。AGAは、頭皮にある5α-リダクターゼII型という酵素が男性ホルモンのテストステロンに影響を与え、ジヒドロテストステロンが生産されることが原因です。プロペシアには、5α-リダクターゼII型を阻害する働きがあるため、結果としてジヒドロテストステロンの生産量が減り、AGAの進行を抑えられるのです。

AGAの人はジヒドロテストステロンが作られやすくなっているため、継続的にプロペシアを飲むことで薄毛の進行を抑えられます。服用をやめると、再びAGAが進行することが見込まれます。

プロペシア(フィナステリド含有)の副作用

プロペシアには、性欲減退や勃起不全など男性機能に関する副作用があります。副作用が起こるかどうかは体質によって異なるため、服用してみるまでは副作用が起こるかどうかわかりません。性欲減退や勃起不全は夫婦生活に支障をきたし、夫婦仲が悪くなる可能性もあります。そのため、プロペシアによる治療を受ける際には、始めるタイミングを見計らうことが大切です。

 

AGAの内服薬ザガーロ(デュタステリド含有)の効果と副作用

AGAの内服薬ザガーロ(デュタステリド含有)は、プロペシアよりも後に開発されたAGA治療薬です。プロペシアよりも高い効果があるといわれており、多くのクリニックが導入しています。ただし、プロペシアと比べると取り扱っていないクリニックも多いため、事前に確認しておくことが大切です。

ザガーロ(デュタステリド含有)の効果

ザガーロは、プロペシアと同じく5α-リダクターゼII型を阻害することで、ジヒドロテストステロンを抑えます。プロペシアとの違いは、5α-リダクターゼI型も阻害できるところです。5α-リダクターゼI型はAGAと関係がないと考えられていましたが、最近になってAGAに関係があることがわかってきました。そのため、5α-リダクターゼI型とII型の両方を阻害できるザガーロはプロペシアよりも高い効果が期待できるのです。

プロペシアと同じく、飲んでいる間のみ効果が現れます。髪がしっかり生えてきて、もう治療は必要ないと感じたタイミングでやめるといいでしょう。ただし、医師に相談したうえでやめることが大切です。

ザガーロ(デュタステリド含有)の副作用

ザガーロの副作用はプロペシアと同じく勃起不全や性欲減退などです。プロペシアよりも高い効果が期待できるため、より強く副作用が現れる可能性があります。しかし、プロペシアよりも副作用が現れにくい可能性もあり、一概には言えません。副作用の頻度は高くありませんが、男性機能の副作用が現れて困るタイミングでは、服用しない方がいいでしょう。

 

AGAの外用薬リアップ(ミノキシジル含有)の効果と副作用

AGAの外用薬リアップは、ミノキシジルを主成分とする薬で、プロペシアやザガーロと併用することで高い効果が期待できます。

リアップ(ミノキシジル含有)の効果

リアップは、一般用医薬品として販売が開始され、ミノキシジルの含有量に応じていくつかの商品が展開されています。髪を作る毛母細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞を刺激し、発毛を促します。AGAの影響で小型化した毛包の成長を促すことで、太くて長い毛へと育つようになることが期待できます。また、血流改善の効果によって、頭皮への栄養の供給が促され、結果として髪の成長が促進されます。 プロペシアやザガーロでAGAの原因に対処し、リアップで髪の成長を促すことで、より高い効果が期待できるのです。

リアップ(ミノキシジル含有)の副作用

リアップは外用薬であるため、副作用としては、塗ったところに赤みやかゆみ、かぶれなどが起こる可能性があります。

ミノキシジルは高血圧の治療薬の開発時に発毛効果が発見されたため、発毛治療に用いられるようになりました。そのため、血圧が下がる副作用もあります。ただし、皮膚に塗るだけでは血圧が下がるような重い副作用が現れる可能性は低いと考えられています。

その他の副作用として、頭痛やめまい、心拍が早くなる、などの症状が起こる可能性があります。

 

AGA治療薬を使用する際の注意点

AGA治療薬を使用する際には、副作用や何らかのトラブルを避けるために、用法用量を守り、医師の指示に従って使用することが大切です。

用法・用量を守る

用法・用量を守らずに使用すると、副作用のリスクが上がったり、効果が現れなかったりします。飲み忘れたからといって、次に倍の量を飲むと、成分の血中濃度が上がることで副作用のリスクが高まります。副作用を恐れて内服量を減らすと、AGAの改善や発毛促進の効果が現れにくくなります。服用量はあらかじめ決まっているため、医師の指示に従って飲みましょう。

自己判断で使用をやめない

自己判断で使用をやめると、AGAが再び進行するようになるでしょう。満足できる結果が現れたら、服用をやめてもいいか医師に相談することをおすすめします。AGAが再び進行し、薄毛が気になり始めたら服用を再開するなど、自分に合った方法で治療を進めていくことが大切です。

また、副作用が現れた場合は使用を中止したうえで医師に相談しましょう。受診できるまでに日数が空いており、それまで飲み続けてしまうと副作用が強く現れるようになる可能性があります。問題が起きたら服用をやめ、特に何も問題が現れていない場合は医師に相談したうえで服用をやめましょう。

処方してもらった薬を使用する

AGAの治療薬は個人でも入手できるようになっています。個人輸入で海外から取り寄せて、自己判断で治療を始める方もいます。必ず、クリニックで処方してもらった薬を使用しましょう。個人輸入は、偽物を入手してしまうことでトラブルが起こる可能性があります。粗悪品のAGA治療薬を使用することで副作用が現れたり、何らかの健康問題が起きたりする恐れもあるのです。

また、友人などが使用して余った治療薬を譲り受けることも避けた方がいいでしょう。AGAだと思っていたら、何らかの病気で薄毛になっている可能性もあるため、まずはクリニックで医師の診察を受けることが大切です。

また、体質や年齢、ライフスタイルなどにあわせて治療計画を立てることで、長く治療を続けられるようになります。治療計画は医師と一緒に立てる必要があります。

 

まとめ

AGA治療薬には様々な種類があり、それぞれ効果や副作用が異なります。

プロペシアとミノキシジルは、AGAの治療の中でも使われることが多い薬です。プロペシアには、男性機能が低下する副作用があるため注意が必要です。

リアップは外用薬であるため、副作用といっても塗ったところの赤みやかゆみぐらいで、男性機能が低下するようなことはありません。しかし、頭痛や心拍数の増加などの副作用もあるため、何らかの異常が起きた場合は使用を中止して医師に相談してください。 プロペシアかザガーロのどちらかを選び、必要に応じてミノキシジルを併用することで、AGA改善の効果を高められるでしょう。用法・容量を守り、医師の指示に従って正しく治療を続けることが大切です。

個人輸入でAGA治療薬を入手できますが、粗悪品を入手する恐れがあります。必ずクリニックを受診して、正規の自分に合った薬を処方してもらいましょう。