AGA クリニックで行われる治療の効果と効果が現れるまでの期間

AGAクリニックでは、内服薬や外用薬による治療の他、HARG療法のような注入療法も行われています。AGAを専門に取り扱っているため、それだけ様々な治療法を提案してもらえます。治療を受ける際には、効果と効果が現れるまでの期間を確認しておきましょう。ここでは、AGAの治療法の種類と効果について解説します。

AGAクリニックでの治療(1)薬での治療の効果

AGAの治療において薬物療法は最も一般的な方法と言えるでしょう。プロペシアやザガーロ、ミノキシジルなどを主体として、患者にあわせて薬を組み合わせます。

内服薬の効果と目的

AGAの内服薬には、プロペシアやザガーロがあります。AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑えることを目的としています。ジヒドロテストステロンは、髪の成長を妨げることで細くて短い髪を増やし、髪のボリュームを失わせてしまうのです。ジヒドロテストステロンは、5α-リダクターゼII型の影響で作りだされます。プロペシアとザガーロには、5α-リダクターゼII型をブロックし、ジヒドロテストステロンによるAGAの進行を抑える効果が期待できるのです。

プロペシアとザガーロの違いは、阻害できる5α-リダクターゼの種類です。 プロペシアが5α-リダクターゼII型だけを阻害できるのに対し、ザガーロは5α-リダクターゼI型も阻害できます。主に5α-リダクターゼII型がAGAに関係していますが、5α-リダクターゼI型も阻害することで、AGAをより強く抑えられるといわれています。

外用薬の効果と目的

AGA治療に用いられる外用薬は、ミノキシジルが含まれたリアップです。リアップは、髪の成長を促す働きを持ち、プロペシアやザガーロと一緒に使用することでAGAの進行をしっかり押さえます。プロペシアやザガーロだけで治療することもありますが、より早くAGAを抑えたいのであればミノキシジルを併用した方がいいでしょう。

薬の治療の効果が出るまでの期間

薬の効果が現れるまでの期間は、約6ヶ月~1年です。ただし、個人差があるためもっと早く効果が現れることもあれば、1年以上かかることもあります。そのため、イベントにあわせて薄毛治療をしたい場合には、できるだけ早く治療を始めた方がいいでしょう。

途中で服用をやめると効果が現れなくなる可能性があるため、医師の指示に従って継続することが大切です。

 

AGAクリニックでの治療(2)HARG療法の効果

HARG療法は、薬物療法やメソセラピー、自毛植毛などの治療に加えて新たに開発されました。

HARG療法の効果と目的

HARG療法は、150種類以上もの成長因子やビタミンBなどを含む薬剤を頭皮に注入し、発毛力の改善をもたらす治療法です。薬物療法は飲んでいる間だけ効果が現れますが、HARG療法は1クールの治療後に年1~2回施術するだけで効果が持続します。継続的に薬を飲みたくない、飲み忘れるといった方におすすめです。

ただし、費用が1回あたり10万円以上かかるケースも多いため、気軽に受けられない方もいます。薬物療法は1ヶ月あたり約15,000~25,000円で受けられます。 ランニングコストを考えると、HARG療法の方が優れていると言えるかもしれません。

HARG療法の効果が出るまでの期間

HARG療法は、1クールの治療が終わったぐらいに効果が現れ始めるといわれています。薬の治療と比べて効果が現れるまでの期間が少しだけ長いので、プロペシアやザガーロなどの治療と並行してHARG療法を受けるといいでしょう。ただし、その場合はどちらの治療による効果かわからなくなります。

 

AGAクリニックでの治療(3)植毛の効果

AGAクリニックでは、自毛植毛を提供していることがあります。即効性が高いAGA治療であるため、すぐに薄毛を改善したい方に向いています。

植毛の効果と目的

植毛には、自毛植毛と人工毛植毛がありますが、人工毛植毛は拒否反応によって移植毛が脱落するリスクが高いため、現在ではほとんど行われていません。

自毛植毛の優れたところは、生着さえすれば問題なく髪が生え続けるところです。プロペシアやザガーロなどはAGAの原因を抑えるだけであるため、使用をやめると再び進行する可能性があります。自毛植毛は、AGAを引き起こす要因の1つ「5α-リダクターゼII型」がない後頭部の髪を薄くなったところに移植します。そのため、AGA以外の薄毛の原因がない限り、継続的に生え続けるのです。

植毛の効果の持続期間

植毛の効果の持続期間は、半永久です。ただし、何らかの問題で生着しないと、すぐに脱落してしまいます。この場合は、再施術を検討することになるでしょう。再施術で生着すれば、半永久的に薄毛に悩まされなくなります。

ただし、移植した周りの部分には5α-リダクターゼII型が残っているため、AGAが進行してしまいます。移植した周りだけ不自然に薄くなることもあるため、プロペシアやザガーロ、HARG療法などで薄毛の防止に努めることが大切です。

 

AGAの治療で知っておきたいこと

AGAの治療は、必ずしも自分の思ったとおりの効果が現れるとは限りません。効果には個人差があり、副作用が現れる治療法もあります。

効果には個人差がある

AGAの治療には、個人差があります。プロペシアやザガーロの効果が現れるまでに1年以上かかったり、薄毛が思っていたよりも改善しなかったりすることがあるのです。これは、メソセラピーやHARG療法にも同じことが言えます。また、自毛植毛についても、生着した髪が少なければ思っていたほどの効果を得られません。

また、副作用の現れやすさにも個人差があります。副作用が強く現れる場合は、AGA治療をやむを得ず中止することになるでしょう。AGA治療を受けられるかどうかは、実際に治療を受けなければわかりません。治療を受けられなかった場合は、他の治療法を検討しましょう。

副作用がある治療もある

AGAの代表的な治療法である薬物療法には副作用があります。プロペシアとザガーロは、勃起不全や精液減少、性欲減退などが主な副作用です。これは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンが男性機能に関係しているためです。ミノキシジルの副作用は、塗ったところのかゆみや赤み程度ですが、心拍数が増えたり頭が痛くなったりすることがあります。 HARG療法には副作用はないとされています。しかし、注射部位の赤みなどが起こる可能性があります。

その他にも、何らかの副作用が起こる可能性がわずかながらあるため、注意しておきましょう。自毛植毛は、自分の髪を移植するため、拒否反応のリスクが低いとされています。しかし、移植するところと髪を採取したところに傷跡が残ります。このように、AGA治療は一切のリスクを負わずに受けられるものではないことを覚えておきましょう。

 

まとめ

AGAクリニックでは、AGAの治療法を複数取り扱っています。患者の状態や考え方、予算、ライフスタイルなどに合わせて、適した治療法を組み合わせて提案してもらえます。プロペシアやザガーロ、ミノキシジルは、HARG療法や自毛植毛などと併用することもあります。薬物療法には副作用が起こるリスクがあるため、使用して間もないころは副作用が起こらないか注意しておきましょう。

また、効果が現れるまでには約6ヶ月~1年かかるため、すぐに薄毛を改善したい方は自毛植毛を検討することが大切です。生着して包帯を取れれば、そのときに薄毛が改善しています。 AGAクリニックはたくさんありますが、実績が豊富で患者の話に耳を傾ける医師がいるところを選びましょう。

また、AGA治療は自費診療であるためクリニックごとで料金が異なります。適正料金で治療を提供しているクリニックの中から予算に合わせて選びましょう。