AGAに筋トレは悪影響? 筋トレで薄毛になるって本当?

「筋トレをすると薄毛になる」という噂を聞いたことはありませんか?何かをすると髪が薄くなるという説は、昔からたくさんあります。その多くは何の根拠もありませんが、何となく頷ける部分があったことも事実です。ところが、筋トレの場合は健康的で、薄毛のイメージにはなかなか結びつきません。はたして、薄毛予防やAGA治療に筋トレは影響するのでしょうか。

筋トレで薄毛になると噂される理由

筋トレによって薄毛のリスクが高くなるという噂は、かなり広まっているようです。いったい、どのようにしてこんな説が生まれてきたのでしょうか。

AGAにも関わる男性ホルモンが分泌される

筋トレとAGA(男性型脱毛症)との関係を考えるとき、ポイントとなるのが男性ホルモンです。筋トレなど激しい運動を行うと、「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が盛んになります。テストステロンは、骨格や筋肉の機能を向上させるなどして男性らしい体つきを作るホルモンで、男性のアンチエイジングにも深く関わっています。筋トレで筋肉に負荷がかかると、筋肉を太くして筋力を増加させる必要があると体が判断して、テステステロンを分泌して筋肉の機能向上が図られるのです。

このように筋トレをして筋肉がパワーアップするだけなら、何の問題もありません。むしろ歓迎すべきことといえます。しかし、このテステステロンは、実はAGAの発症に関わっているホルモンです。テストステロンは、「5αリダクターゼ」という体内の酵素と結合することで、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンに変わります。DHTは髪の毛を成長させる毛根に働きかけて、健全なヘアサイクルを乱し、次第に髪の量が減って薄毛が目立つようになります。

こうしたことから、筋トレで薄毛のリスクが高まるという説が生まれてきたのでしょう。ただし、ここで注意したいのは、5αリダクターゼの量とDHTの影響の受けやすさには個人差があるということです。筋トレでテステステロンが増えても、5αリダクターゼが少ないとDHTの量も少なくなります。DHTが多く作られても、影響を受けにくい人の場合は薄毛を発症する可能性が低くなります。

タンパク質の消費

筋トレで体内のタンパク質が少なくなることも、髪の成長に好ましくない影響を与えるという説が生まれた理由の一つといえます。

髪の主成分はケラチンというタンパク質です。筋トレで傷ついた筋肉を補修する際にはタンパク質が消費されるので、髪の成長に欠かせないタンパク質も使われてしまうと考えるのも自然なことといえます。

しかし、いまの日本では、極端なダイエットをしない限り、通常の食事でタンパク質が不足するという可能性はあまりありません。それどころか、筋トレを行う人はプロテインを飲んだり、良質のタンパク質を摂ったりする人が多いので、むしろタンパク質は十分で、髪のタンパク質が足りないという状況にはなりにくいと考えられます。

活性酸素の増加

筋トレのような強い運動を行うと、通常よりもたくさんの酸素が体内に取り込まれ、活性酸素が発生しやすい状況になります。活性酸素は体の組織を酸化して、生活習慣病や老化の原因になるといわれているので、薄毛の原因になると考えられるようになったのでしょう。

活性酸素には確かに健康の悪影響を与える危険性がありますが、それがそのまま髪の状態に悪影響を与えるとはいえません。また、活性酸素には、体内に侵入してくる細菌などを退治して、体を守るというプラスの側面もあります。むしろ注意したいのは、筋トレなどの運動が不足して、肥満や血行不良が起こることです。とりわけ血行不良は薄毛の要因の一つなので、適度な運動をして血流を促すことが大切です。

また、喫煙、ストレス、紫外線によるダメージは活性酸素の増加につながるとともに、毛髪の健康な成長に悪影響を与えるので、できるだけこういった要因を少なくすることが薄毛の予防に役立ちます。

 

実際に筋トレでAGAは悪化するのか

筋トレをすると薄毛になるという説は、科学的には明確な根拠がないことがわかりました。しかし、筋トレと薄毛にまったく関連性がないとうことでもなく、薄毛に悩んでいる人は、実際に悪影響があるのかどうか気がかりではないでしょうか。

必ずしも筋トレで薄毛になるわけではない

前の項でもご紹介したように、筋トレを行うと男性ホルモンの「テストステロン」が分泌されます。テストステロンは「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて、AGAや薄毛の原因の一つとされる「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わります。これらはすべて、科学的に根拠のある事実ですが、だからと言って筋トレをすると必ず薄毛になったり、AGAのリスクが高くなったりするわけではありません。

激しい運動をすると、血液中のテストステロンの量がむしろ少なくなるというデータがあります。また、分泌されたテストステロンは、筋肉にあるアンドロゲンレセプターという部分するので、増えたテストステロンがすべてDHTになるとは限りません。

さらに、テストステロンがDHTに変わるためには、5αリダクターゼが必要ですが、この酵素の量は個人差が大きく、テストステロンと5αリダクターゼの結びつきやすさには遺伝的な要素が関係しているので、増えたテストステロンが必ず5αリダクターゼと結びつくとは限りません。このため、薄毛になると心配して筋トレを控える必要はありません。また、ハゲるのではと心配していると、ストレスの影響で髪の毛に悪影響が及ぶおそれもあるので、気にする必要もありません。

運動不足はかえって薄毛のリスクを高める

薄毛を心配して筋トレを控えてしまった場合、本当に注意したいのは運動不足です。運動が足りない状態が続くと血行が滞りやすく、頭皮の血流が不足して、髪の毛に十分な栄養を送ることができなくなります。

また、運動が不足すると気持ちのよい汗をかく機会が少なくなって、ストレスを溜め込んでしまうおそれがあります。ストレスは髪の毛のコンディションに好ましくない影響を与えるばかりか、全身の健康にも悪影響を与えます。運動不足がそのまま薄毛につながるわけではありませんが、運動不足の改善は効果的な薄毛対策の一つといってよいでしょう。

ただし、運動習慣のない人が、いきなり激しい運動をすると、かえって体にダメージを与えたり、ストレスが溜まったりするおそれがあります。きつい運動は長続きもしません。大切なのは、適度な運動を長く続けることです。ウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動なら、体への負担が少ない上に比較的継続しやすく、薄毛対策のために運動不足やストレスを改善して、体調をより良い状態に保ちたいという人におすすめです。まずは週に2〜3回、10分間だけでも構わないので、無理のない範囲で日常生活の中に気持ち良く体を動かす時間を確保しましょう。

 

まとめ

筋トレをすると薄毛になるという説が生まれた背景には、いくつかの事実があります。激しい運動をすると、男性ホルモンのテストステロンの分泌が増えます。テストステロンは体内の酵素と結びつくと、AGAの原因といわれるDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。また、生活習慣病や老化の原因とされる活性酸素が増えます。筋肉のダメージを修復するために、体内のタンパク質が消費されるので、髪の毛のタンパク質が不足すると心配する人もいます。

これらはすべて間違いとは言えませんが、筋トレが直接薄毛の原因になることを裏付けるものではありません。このため、薄毛を心配して筋トレを控える必要はありません。むしろ、筋トレをやめてしまうと運動不足になったり、ストレスを溜め込んでしまったりして、頭皮や髪の毛のコンディションに良くない影響を与えるおそれがあります。