AGAの薬代の相場は? 薬の種類別の年間費用を比較

「AGA(男性型脱毛症)」は進行するため、気になり始めたら早めに治療を始めたほうが高い効果が得られます。最近はさまざまな薬が開発され、治療法も選べる時代になってきました。とはいえ、治療を始めるとなると、やはり費用が気にかかります。そこで、AGA治療で使われる代表的な薬について、薬代を調べてみました。

AGA治療は高額?

このところ「AGA」の認知度は徐々に高まっていますが、治療についてはまだまだ知られていません。そのため、費用がかかるのではないかと心配している人も少なくないでしょう。

AGA治療は保険適用外

私たちが病院やクリニックを受診すると、多くの場合、治療費の何割かが健康保険によって支払われます。その割合は加入している健康保険や年齢によって異なりますが、3割負担なら1万円の治療費に対して本人が負担する額は3千円程度です。

しかし、AGAの治療については、医療機関で治療を受けた場合でも健康保険は適用されません。すべて自費による診療となり、治療費が1万円なら全額を支払わなければなりません。

これは、健康保険が健康に暮らすために治療を必要とする病気やケガに対してのみ適用されるからです。AGAは男性型脱毛症という病名がついていますが、薄毛になったからといって生命に関わったり、健康な生活に支障をきたしたりするわけではありません。美白治療やむだ毛処理と同じようにあくまで外見のために行う治療なので、健康保険の適用にはなりません。ただし、病気が原因で薄毛、抜け毛が起こっている場合は、健康保険が適用されるケースもあります。

 

AGAの薬代の年間費用を比較

AGAの治療はすべて自費ということなら、薬代が年間でいったいいくらかかるのか、とても気になるところです。

内服薬フィナステリド(プロペシア含有)の薬代

薬の名前は、その薬の有効成分の名前(一般名)と、製薬会社がつけた商品名があります。現在のところ、日本国内で認可されているAGAの内服薬は、一般名「プロペシア」と「デュタステリド」を有効成分とする2種類のみ。このうち、プロペシアを有効成分とする内服薬には「フィナステリド」という商品名がつけられ、錠剤として市販されています。

AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが毛根に働きかけることで発症・進行します。フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンと結びついて、DHTを作る「5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害、DHTの生成を抑える作用があります。

自由診療の薬代については、国によって薬価が定められていないので医療機関によって価格に差はありますが、フィナステリドは1カ月分(28錠)で6千~7千500円が相場。年間では7〜9万円の薬代が必要です。

内服薬サガーロ(デュタステリド含有)の薬代

「デュタステリド」を有効成分とする内服薬は、「サガーロ」という商品名がつけられ、カプセル剤として市販されています。有効成分のデュタステリドの含有量によって2種類あり、0.1㎎含有のカプセルは淡いオレンジ色、0.5㎎含有のカプセルは淡いピンク色です。この薬もフィナステリドと同様に、「5αリダクターゼ」の働きを阻害してDHTの生成を抑えます。

薬の価格は医療機関で多少の差はありますが、1カ月で9千〜1万円が相場なので、年間にすると10~12万円になります。また、サガーロは薬の効きが証明されるまで、6カ月以上継続して服用する必要があり、薬の効きが思わしくない場合でも5〜6万円の費用がかかります。

外用薬リアップ(ミノキシジル含有)の薬代

外用薬についても見てみましょう。AGA治療に用いられる外用薬は「ミノキシジル」という有効成分を含み、「リアップ」という商品名で市販されています。薄毛が気になる部分に直接塗って使用する薬で、医療機関で処方されるほか、薬局でも購入することができます。

ミノキシジルは元々、高血圧の治療のために開発された成分ですが、高血圧の患者に毛が生えるという副作用が見られたことから、AGAの治療に応用されるようになりました。

薬の価格は、市販のものと病院などで処方されるものによって異なります。このため1カ月当りの薬代の相場は7千〜1万5千円と幅があり、年間の費用も8〜18万円とまちまちです。また、注意したいのは実際のAGA治療でミノキシジルだけが処方されることはほとんどないということです。多くの場合、内服薬と併用されるので、年間の費用も内服薬との合計額で計算する必要があります。

 

AGAの薬代を抑えるには

全額が自費診療となるAGA治療の薬代は、決して安いものではありません。何とか少しでも費用を抑えることはできないのでしょうか。

ジェネリック医薬品で安くなる

薬代を抑えるために最初にチェックしたいのが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)です。ジェネリック医薬品とは、先行の新薬と同じ有効成分を含む薬のことです。中には、後発医薬品のメリットを生かして、飲みやすさなどが改良されているものもあります。プロペシアのジェネリック医薬品は、2015年の4月から販売が開始され、2016年以降は国内の製薬会社からも続々と登場しています。

一方、デュタステリドのジェネリック医薬品については海外の製薬会社で製造されていますが、国内で認可されているものは現在のところありません。また、ミノキシジルについては、ジェネリック医薬品が存在しません。これは、ミノキシジルが薬局でも購入できる一般用医薬品(OTC)だからです。ジェネリック医薬品が存在するのは、医師が処方する医療用医薬品のみです。

AGAのジェネリック医薬品の薬代

AGA治療に用いられる薬のうち、国内認可されたジェネリック医薬品があるのはフィナステリド(プロペシア)のみです。では、先行薬と比べてどの程度費用を抑えられるのでしょうか。

ジェネリック医薬品を選べば、薬代は1カ月分(28錠)で4千500円~6千円程度、年間で5〜7万円500円となり、先行薬の7〜8割程度の価格に抑えることができます。それでもまだ高いと感じるかもしれませんが、年間で2万円ほど節約できるので、ジェネリック医薬品を選ぶ価値は十分にあるといえます。

個人輸入や通販は安くても安全性に不安がある

AGA治療の薬代を抑えるためには、インターネット通販で海外から取り寄せればいいと考える人がいるかもしれません。ネットで購入すると、先行薬で1カ月分6千~7千500円、ジェネリック医薬品で4千500円~6千円程度のフィナステリドを、4千円程度で購入することができるようです。

インターネットを使って、海外のAGA治療薬を個人輸入することは、法律上に問題はありません。しかし、個人的に海外から取り寄せた医薬品は、自己責任で使用しなければなりません。国内の医療機関でもらう薬は、その患者の症状や体質などに合わせて処方され、効果があるかどうか医師によってチェックされます。副作用などのリスクについても説明があり、副作用が現れてもきちんと対処してもらえます。しかし、個人で取り寄せた薬は、症状や体質に合っているか、効果があるか、自分自身で判断しなければなりません。副作用が起こった場合も、すべて自己責任になります。

質の悪い薬や、最悪の場合には偽物の薬をつかまされるリスクさえ無いとは断言できません。安全性を考えるなら、海外からの個人輸入は避けたほうが賢明でしょう。

 

まとめ

AGA治療には健康保険が適用されません。薬代も全額が自己負担で、内服薬で1カ月あたり6千円〜1万円程度、外用薬で同じく7千円〜1万5千円程度の費用がかかります。現在のAGA治療では、内服薬と外用薬を併用することも多いので、毎月の薬代は1万3千円〜2万5千円、年間で15万円〜30万円の薬代を支払うことになります。

薬代を抑えるためには、ジェネリック医薬品を選ぶのがよい方法ですが、現在のところ国内で認可されているAGA治療のジェネリック医薬品は1種類のみです。インターネット通販で海外からAGA治療薬を取り寄せることもできますが、安全性に問題があるので、避けるほうが無難です。

AGA治療薬は、国内の医療機関を受診して、自分の症状や体質に合ったものを処方してもらうようにしましょう。