ヒゲ脱毛時に使う麻酔とは?種類と効果、リスクを解説

男性なら一度は「ヒゲの手入れが面倒くさい」と思った経験があるのではないでしょうか。 ある程度のヒゲは<男らしさの象徴>ともいえますが、男性でも美肌を目指す時代です。いっそのことヒゲ脱毛を、と考えている方も多いかもしれませんね。 しかしヒゲの脱毛は痛いという話はよく耳にします。そこで気になるのが麻酔の存在。今回はヒゲ脱毛に使う麻酔について、詳しく解説していきます。

ヒゲのレーザー脱毛には痛みがともなう

手足のムダ毛とは違って、ヒゲの脱毛は痛いといわれています。 ここではまず、ヒゲのレーザー脱毛の痛みに注目して解説していきましょう。

ヒゲ脱毛が痛い理由

ヒゲの脱毛は部位によって痛みの感じ方が異なりますが、全体的に「痛い」ということは確かです。 その理由は、顔の皮膚は手足に比べて薄く柔らかいから。脱毛をする部位によっては、想像以上の痛みに脂汗が出てしまうほどの場合も……。 顔の皮膚は、石鹸でかぶれてしまう人もいるほどにとても敏感です。ヒゲの脱毛を検討する際には、まずはこの点を覚えておきましょう。

特に痛みが出やすい部分

ではとくに痛みを感じやすい部位はどこなのでしょうか。その答えは、鼻の下です。 毛抜きなどで試しにヒゲを抜いてみるとわかりますが、鼻の下は顎下や頬に比べてとても痛みが出やすい部位といえるでしょう。

痛みが辛い人は麻酔をすることも可能

脱毛の痛みに耐えられる自信がない、という人はクリニックでの脱毛をおすすめします。 クリニックの脱毛施術であれば、麻酔をかけることができるからです。 麻酔は、医師の資格を持っていないと使うことができません。つまり、エステサロンなどで受ける脱毛の場合は痛みに耐えるしかないということです。

 

クリニックの脱毛で使う麻酔(1)笑気麻酔

麻酔といえば注射を連想する人も多いかもしれませんが、注射を使用しない麻酔もあります。 たとえば笑気麻酔は小さな子どもにも使える吸入式で、最近は導入しているクリニックも増えています。

笑気麻酔のしくみと効果

笑気麻酔は、ガスを吸入することによって痛みを緩和する方式の麻酔です。ガスというと心配に思われがちですが、内容は主に亜酸化窒素と酸素です。 笑気麻酔を吸入すると意識がなくなるわけではなく、お酒に酔ったときのような、意識がぼんやりとした状態になります。 痛みを感じにくくするだけではなく、不安や恐怖を感じにくくする効果もありますので、施術自体に不安を抱えている人にはおすすめの方法です。

笑気麻酔のリスクと副作用

笑気ガスを構成する亜酸化窒素は、病理作用が極めて小さい気体です。そのため、リスクや副作用もほとんどなく使用することができます。 笑気麻酔は一度に大量の吸入を行うわけではなく、医師が濃度の調整をしながら進めていきます。 体質や体調によっては稀に頭痛や吐き気を感じることもありますが、異変が見られた場合にはすぐに対処してもらえるので大きな影響はないといえるでしょう。

 

クリニックの脱毛で使う麻酔(2)表面麻酔(麻酔クリーム)

注射を使用しない麻酔はほかにも、表面麻酔というものがあります。 クリーム状の麻酔を塗布するだけですので、当然ですが痛みを感じることはほぼありません。 注射が苦手な人や、痛みに対する不安が大きい人にはおすすめの麻酔方法です。

表面麻酔(麻酔クリーム)のしくみと効果

表面麻酔は、キシロカイン(リドカイン)という成分が含まれるクリームです。表面麻酔という名の通り必要な部位に塗るだけで、痛みを感じにくくすることができます。 肌から吸収するしくみなので、ガスを吸入するタイプとは異なり、効果が表れるまでに相応の時間がかかることが大きな特徴です。

塗布から効果が表れるまでの時間は、30分程度とされています。施術までの待ち時間が出来てしまうので、全体の時間が大幅に長くなる点に注意が必要です。

表面麻酔(麻酔クリーム)のリスクと副作用

表面麻酔を使用する際には、その成分であるキシロカイン(リドカイン)によるアレルギーに注意する必要があります。 あらかじめアレルギーを持っているとわかっている人には使用することができません。 極めて少ない例ではありますが、副作用としてはアレルギーによるアナフィラキシーショック、紅斑、潮紅などがあります。

 

クリニックの脱毛で使う麻酔(3)局所麻酔注射

局所麻酔は、麻酔といえば最初にイメージされる「注射による麻酔」です。 医療機関であればたいていのところで対応できる手軽さがある反面、注射の痛み自体に抵抗のある人が多いことも否めません。

局所麻酔注射のしくみと効果

局所麻酔注射は、注射によって体内へ直接麻酔薬を注入するものです。全身麻酔とは異なって末梢神経のみを抑制しますので「意識はあるが痛みを感じにくい」状態となります。 痛みを抑える意味合いでは効果が高く、また効き目も早く表れることが特徴といえるでしょう。

しかし痛みを抑える手段でありながら、一瞬ではあるものの「痛みを抑えるために痛みが発生する」という矛盾も抱えています。

局所麻酔注射のリスクと副作用

局所麻酔注射のリスクは、何より注射の痛みでしょう。一瞬の痛みとはいえ、それが苦手な人は少なくありません。 注射自体に抵抗がない人であれば、局所麻酔注射は手軽に受けられる麻酔といえます。 なお、局所麻酔注射の副作用としては、徐脈や頻脈、悪心、興奮などが挙げられます。

 

クリニックの脱毛で使う麻酔(4)静脈麻酔

静脈麻酔は局所麻酔と同様に血管内に麻酔薬を注入する麻酔方法です。血管内に注入するので、針を刺す痛みはあります。 一見すると両者の差はわかりにくいかもしれませんが、その違いは麻酔薬にあります。

静脈麻酔のしくみと効果

静脈麻酔では、血管内に鎮静薬を注入します。 笑気麻酔と同様(不安を感じにくい・痛みを感じにくい)の効果がありますが、その効果は静脈麻酔のほうが高いものです。 笑気麻酔が効きにくい人、より強い痛みを抑える場面などに使われます。

静脈麻酔のリスクと副作用

静脈麻酔は効果が高いものですが、その分リスクも高めと言わざるを得ません。 安全な静脈麻酔を行うためには、全身麻酔に匹敵するほどの設備や技術が必要です。そのため、より高い安全性を求めるならそれなりの技術を持った医師・クリニックを探す必要があります。 頭痛や吐き気などの副作用があるほか、稀に肺塞栓症などの合併症を起こすことがあるので注意が必要です。

 

麻酔なしで痛みを緩和するには?

麻酔を使用しない痛みの緩和方法もいくつかあります。 とくに施術後に痛みが引かないというケースも多々ありますので、自宅でも適切なケアを行うようにしましょう。 以下でご紹介する方法は麻酔ほど効果が高いものではありませんが、ある程度の痛みであれば緩和することができます。

クーリング

クーリングとは幹部を冷やすこと、つまり冷却法のことです。しっかりと冷却を行うことで痛みを抑え、レーザー照射による炎症をも防ぐ効果があります。 施術前に行うことで施術中の痛みを抑えるほか、施術後の痛み対策としてもおすすめです。 それでも痛みが強い場合、赤みが引かない場合には医師に相談をしましょう。

体温を上げない

施術後に直射日光を浴びたり、運動や入浴で体温が上昇したりすると痛みを感じる場合があります。 体温を上げないように工夫をすることで、施術後の痛みを最小限に抑えることができますので覚えておきましょう。 またアルコールの摂取も体温を上げる原因となります。施術を行ったあとは飲酒を控え、過激な運動を避けることがポイントです。

保湿する

施術後にこまめな保湿を心がけることも、痛みの緩和につながります。 顔は乾燥しやすい部位ではありますが、乾燥が続くと肌のバリア能力も弱まってしまいます。 その状態で熱や光などのダメージを受けると、痛みが増す原因となります。 化粧水や保湿クリームを活用して、乾燥を防ぐように心がけましょう。

 

まとめ

顔はほかの部位よりも痛みを感じやすいものです。 痛みを全く無くすことは難しいかもしれませんが、クリニックの選び方次第では最小限に抑えることができるかもしれません。 ぜひこの記事を参考に、クリニック選びを考えてみてくださいね。