抜け毛対策によい食べ物・抜け毛悪化の原因となる食べ物

抜け毛を防ぐにはどのような食べ物を摂取すればよいかご存知ですか?食べ物で抜け毛や薄毛を予防できたらうれしいですよね。 そこで今回は、抜け毛対策によい食べ物や含まれる栄養素の役割について解説していきます。反対に、抜け毛を悪化させてしまう食べ物もご紹介しますので、抜け毛を気にしている方はぜひチェックしてください。

髪と食べ物の関係

髪の毛と食べ物にはどのような関連性があるのでしょうか。抜け毛対策になる食べ物をみていく前に、食べ物が髪に与える影響について確認しておきましょう。

食べ物からの栄養が髪をつくる

前提として知っておきたいのは、髪の毛は食べ物に含まれる栄養によってつくられているという点です。 髪の毛は毛根の奥にある毛母細胞で生成されます。その細胞分裂には栄養が必要で、口から摂取した栄養が血液を介して頭皮に送られ、毛母細胞に供給されるのです。

発毛や育毛に必要とされる主な栄養素は以下の3種類です。

・タンパク質

・ミネラル

・ビタミン

髪の毛の大部分はケラチンというタンパク質でつくられているため、タンパク質の摂取量が不足すると髪の毛が細くなったり生えにくくなったりします。 ミネラルの中では、タンパク質の働きをサポートする亜鉛が特に重要で、不足すると抜け毛が増えるおそれがあります。

ビタミンには色々な種類がありますが、特にビタミンA・B群・C・Eは髪の毛や頭皮の健康を保つのに欠かせません。 こうした栄養素をバランスよく摂取することで、ハリのある元気な髪の毛がつくられているのです。

抜け毛対策に役立つ食べ物

では、抜け毛対策に役立つ食べ物を具体的にご紹介していきましょう。「髪の毛の健康にはワカメなどの海藻を食べるとよい」とよく言われますが、それ以外にも以下のようなさまざまな食品が抜け毛予防に有効です。

牡蠣やレバー

牡蠣やレバーには亜鉛が豊富に含まれていて、髪の毛の元となるケラチンの合成をサポートします。亜鉛は体内で合成できない栄養素なので、食べ物などから意識的に摂取することが大切です。

牡蠣は亜鉛だけではなくビタミンの含有量も多いので、牡蠣が食べられる時期にはなるべく食生活に取り入れるにしましょう。レバーはタンパク源にもなりますし、ビタミンも含まれている優秀食材です。豚・鶏・牛のどのレバーも髪によいと言われています。

チーズ

チーズにはタンパク質の材料となるアミノ酸が豊富に含まれています。また、ビタミン・亜鉛もバランスよく含まれているので、抜け毛対策に有効です。

チーズに限らず牛乳やヨーグルトなど乳製品であれば全般的におすすめですが、チーズはアミノ酸が凝縮しているので、健康な毛髪や頭皮環境をつくるのに最適。チーズは手頃なプロセスチーズでもOKです。身近な食品なので、「牡蠣やレバーを食べる機会があまりない」という方でも取り入れやすいでしょう。

大豆製品

納豆・豆腐・高野豆腐などの大豆製品は、タンパク質を効率的に摂取することができます。日本人になじみ深い食品が多いので、日常的に取り入れやすいのではないでしょうか。

また、大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれていて、発毛を促進させる「IGF-1」という物質を生成する作用があります。イソフラボンには女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きがあることでも知られていて、髪の成長を促す効果も期待できます。

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、ビタミンAに変換されるβカロテンがたっぷり含まれています。ビタミンAは皮膚をつくる細胞に欠かせない栄養素で、健康な頭皮を維持するのに役立ちます。血行促進作用もあるので抜け毛を防ぐ効果も期待できます。

βカロテンの含有量が多い緑黄色野菜は以下のとおりです。

・ニンジン

・カボチャ

・ピーマン

・ホウレンソウ

βカロテンには抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を取り除く働きもあります。ニンジンやピーマンが苦手な人もいますが、緑黄色野菜は健康な頭皮づくり髪の成長をサポートしてくれるので、できる限り食べるようにしましょう。

ナッツ類

アーモンドなどのナッツ類はビタミンEが豊富な食材として知られています。 ビタミンEには頭皮の毛細血管を拡張する働きがあるため、頭皮のすみずみまで栄養を行き渡らせることができます。

また、亜鉛も含まれているので、髪によい栄養素を効率的に摂取できるおすすめ食材のひとつです。 ナッツ類は調理の必要がなくいつでも手軽に食べられるので、間食やおつまみに取り入れてみてはいかがでしょうか。ただし、カロリーが高めなので食べ過ぎないよう注意が必要です。

 

抜け毛悪化の原因になる食べ物

ここまで、抜け毛予防に役立つ栄養素や食べ物をご紹介してきましたが、最後の章では抜け毛の原因になる食べ物をチェックしましょう。

インスタント食品やファストフード

インスタント食品やファストフードは抜け毛を増やす原因になる可能性があるので、控えた方がよいでしょう。

カップラーメンやコンビニ弁当など便利で手軽な食品には食品添加物が含まれています。食品添加物は保存料や着色料だけではなく、トランス脂肪酸や亜硫酸ナトリウムなど色々な種類があるので「保存料不使用」と書いてあっても添加物がゼロとは限りません。

添加物には体に必要な栄養素の吸収を阻害する作用があると指摘されているので、頭皮環境や髪の毛にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、インスタント食品やファストフードは塩分や脂質が多いため、食べ過ぎると血流悪化を招いて抜け毛を促進させるとも言われています。

マーガリンや洋菓子・菓子パン

ケーキなどの洋菓子や菓子パンには、抜け毛につながるマーガリンが使われていることがあるので注意が必要です。マーガリンは植物油脂を原料にしているので体に悪いイメージがあまりないかもしれませんが、マーガリンには血流を悪くするトランス脂肪酸が含まれています。 髪や頭皮の健康を保つには、血流によって運ばれてくる栄養素や酸素が欠かせません。そのため、血流が悪化してしまうと髪や頭皮が栄養不足になり、抜け毛を増やす可能性が高まるのです。

洋菓子や菓子パンをよく食べる方は、なるべくマーガリンが使われていない商品を選びましょう。また、料理でマーガリンをバター代わりに常用している方は、オリーブオイルやココナッツオイルに代えてみるのもおすすめです。

ハム・ベーコン

ハムやベーコンなどの加工食品には、薄毛につながるリン酸塩という食品添加物が含まれていることが多いです。

リン酸塩は食品の長期保存に役立つ添加物ですが、過剰に摂取すると亜鉛やカルシウムの吸収を阻害することがあります。体内で亜鉛が目減りすると髪の毛の原料となるタンパク質の働きが低下しますし、カルシウムが不足すると抜け毛の要因になる可能性も。ハムやベーコンに限らず、加工食品を日常的に摂取している人は食べる量を少なくしたほうがよいかもしれません。

 

まとめ

髪の毛は食べ物から摂取した栄養によってつくられています。発毛・育毛に役立つ栄養素としてはタンパク質・ミネラル・ビタミンが特に重要なので、それらを含む食品を意識的に摂取すれば抜け毛予防につながります。

抜け毛対策には、牡蠣・レバー・チーズといった亜鉛が豊富でタンパク源にもなる食べ物がおすすめです。高タンパクでイソフラボン豊富な大豆製品や、血行促進作用のあるビタミンAを効率的に体内に取り込める緑黄色野菜も積極的に食べましょう。

反対に、インスタント食品には他の栄養素を阻害する食品添加物が含まれているため、あまり食べない方が髪の毛のためになります。また、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は血行を悪くする作用があるため、洋菓子や菓子パンを買う際は原材料をチェックしましょう。

抜け毛を増やさないためにも、髪の毛によい食べ物を取り入れるなど食生活を見直してみましょう。