抜け毛が増える時期はいつ?梅雨や春、冬に増えるって本当?

「最近、なんだか抜け毛が増えてきた」そう感じるのは、季節や時期が関係しているかもしれません。一般的に抜け毛は年齢を重ねると増えていきますが、時期によっても抜け毛の量は変動することがあります。 抜け毛が増える時期とその原因を知り、適切な対策をとりましょう。

抜け毛が増える時期は秋!その理由は?

1年のうち、特に抜け毛が増える時期は秋だといわれています。 髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる周期があり、成長期・退行期・休止期を経て生え変わっています。健康な髪でも休止期になれば自然と抜け落ちるので、抜け毛の量が1日あたり50〜100本程度であれば問題ありません。 その点、秋になると1日200本以上抜けてしまうことがあるので、「このままハゲてしまうのでは?」と心配になる方もいるでしょう。秋の抜け毛の主な原因を一言でいうと「夏のダメージ」です。どういうことなのか、具体的にチェックしていきましょう。

夏の紫外線の影響

秋に抜け毛が増える原因のひとつは、夏場に蓄積された紫外線によるダメージです。「紫外線はお肌に悪い」というイメージは定着しつつありますが、同じように頭皮や髪にも悪影響を及ぼします。

頭皮は夏場の強い紫外線を浴びると乾燥しやすくなる他、皮脂膜が酸化して炎症を起こすことがあります。乾燥や炎症は頭皮環境の悪化を招き、フケが出やすくなります。そうすると、かゆくなって掻くことにより頭皮を傷つけ、さらに頭皮がダメージを受けるといった悪循環に。頭皮は髪の毛の土台なので、ダメージを受ければ抜け毛も増えてしまうのです。

また髪の毛も、紫外線を浴び続けると乾燥してパサパサになったり、色素が抜けたりしてもろくなってしまいます。 頭は体のてっぺんにあるため特に太陽光を浴びやすく、紫外線の影響を受けやすい部位です。紫外線が強い時期は、帽子や頭に使える日焼け止めなどで頭皮を守りましょう。最近では男性向けの日傘も市販されているので、頭皮が蒸れる心配のない日傘を利用するのもおすすめです。

エアコンの影響

夏場にクーラーがガンガンに効いた室内にいることが多いと、抜け毛の量を増やす可能性があります。 その理由のひとつは乾燥です。通常、クーラーを使うと温度だけではなく湿度も下がるので頭皮や髪は乾燥しやすくなります。ジメジメするのが嫌であえて「除湿モード」にしている方も多いのではないでしょうか。 紫外線の影響と同様に、クーラーで乾燥すると頭皮環境が悪化します。

また、乾燥状態が続くと、頭皮は「皮脂が足りないからたくさん分泌しなければ」と反応して皮脂を過剰に分泌させることがあります。皮脂が増えすぎると毛穴を詰まらせて抜け毛を増やしてしまいます。 また、クーラーによる体の冷えも要注意です。体が冷えると血流も悪くなるので、栄養や酸素が頭皮に行き渡らなくなって抜け毛を促進させます。

夏のダイエットの影響

夏場にダイエットに励んでいた人も、その影響が秋に出てくることがあるので注意が必要です。

薄着になる夏は、ボディラインが目立つのでダイエットをがんばる方が増えますが、無理な食事制限をすると栄養不足になり抜け毛を促進させる可能性があります。 頭皮や髪の毛には、タンパク質やビタミン、ミネラルが欠かせません。これらをバランスよく摂取することが健康な髪の毛の維持につながるので、特定のものしか食べないなど偏ったダイエットは頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

 

秋の抜け毛はどう対策する?

では、秋に増える抜け毛はどのように対策すればよいのでしょうか。適切な対策をとれば、夏場にダメージを受けても影響を最小限に抑えられるので、できることから実践しましょう。

正しい方法でシャンプーする

シャンプーで髪を洗うときは、「ゴシゴシと力を入れず、指の腹を使ってやさしく丁寧に」が基本です。夏場は汗をかきやすいのでつい念入りに洗いたくなりますが、皮脂を除去しすぎると反対に皮脂の過剰分泌を招くことがあります。

皮脂には頭皮を守る働きもあるので、洗浄力が強いシャンプーより「アミノ酸系」など地肌にやさしいタイプのシャンプーがおすすめです。また、育毛成分が配合された育毛シャンプーも便利でしょう。 シャンプーやトリートメントが終わったら、頭皮に成分が残らないようしっかり洗い流してください。

頭皮マッサージで血行を促す

頭皮マッサージで血行を促進させるのも抜け毛対策に効果的です。夏の疲れが溜まっていると、頭皮が硬くなり血行も悪くなりがちなので、マッサージをしてほぐしましょう。

頭皮マッサージは全身の血のめぐりがよくなる入浴時がおすすめです。頭皮を両手でつかむようにし、少しずつ位置をずらしながらもみほぐしていきます。爪を立てず、指の腹を使ってください。 頭皮マッサージは血流改善だけではなく、毛穴に詰まった皮脂などの汚れを落としやすくする作用もあります。また、育毛剤を使っている方は頭皮に浸透しやすくなるので、毎日数分ずつ続けてみましょう。

バランスのよい食生活を心がける

ダイエットのところでも触れましたが、健全な発毛・育毛を促すにはバランスのよい食生活が必要です。 髪の毛はケラチンというタンパク質から作られているため、肉・魚・卵などタンパク質豊富な食品をしっかり摂取する必要があります。

また、髪の生成には亜鉛や鉄分などのミネラルも欠かせないので、牡蠣・チーズ・海草類などを意識的に食べましょう。 ビタミン類は髪の健康維持に役立つ重要な栄養素です。タンパク質やミネラルとともに、緑黄色野菜やレバーなどでビタミンもバランスよく補給し、抜け毛の少ない頭皮環境をつくりましょう。

 

秋以外の時期でも抜け毛が増えることがある

ここまで、秋の抜け毛の原因や対策法をご紹介してきましたが、秋以外にも抜け毛が増えるリスクがあります。時期ごとの原因をチェックしましょう。

春の抜け毛

春に抜け毛が増える原因は、自律神経の乱れにあると考えられています。春は日によって気温の差が大きく、体調が不安定になりやすい季節です。また、新生活が始まる時期でもあるので疲労やストレスが溜まりやすく、自律神経が乱れる傾向があります。自律神経の乱れは血行の悪化やホルモンバランスの崩れを招き、抜け毛につながるのです。

冬の抜け毛

冬の抜け毛の主な原因は、冷えによる血行不良と乾燥です。体が冷えると血管が収縮し、頭皮の毛細血管まで栄養や酸素が届きにくくなります。また、冬場は湿度が30%以下の乾燥状態が続くので、頭皮のかゆみやフケが増え、抜け毛につながりやすくなります。暖房が効いた室内も乾燥を助長させるので加湿を心がけてください。

梅雨時期の抜け毛

ジメジメした梅雨の時期も、抜け毛を増やす可能性があります。紫外線やエアコンなどによる乾燥が抜け毛を招くとお伝えしてきましたが、湿度が高すぎる場合も頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。 湿気が高いと頭皮が蒸れやすく、細菌の繁殖や毛穴の詰まりなどで頭皮環境が悪化することがあります。雨や湿気の影響で頭皮が不衛生な状態になると、髪にも元気がなくなり抜け毛を促進させるので注意しましょう。

 

まとめ

抜け毛は季節や時期によって増えることがあります。特に秋は、夏の紫外線やエアコンによる乾燥などの影響で頭皮環境が悪化し、抜け毛が増加しやすいといわれています。過度なダイエットも頭皮や髪の栄養不足を招くことがあるので要注意です。

秋の抜け毛を防ぐには、正しいシャンプーのやり方で頭皮や皮脂を守りながら洗うことが大切です。さらに、入浴時に頭皮マッサージをすれば血行促進につながりますし、毛穴の汚れも落としやすくなるでしょう。食事でタンパク質・ミネラル・ビタミンをバランスよく補給することも発毛・育毛に欠かせません。

なお、抜け毛は秋だけではなく春や冬、梅雨の時期にも増加する可能性があります。抜け毛は時期的なものかもしれないことを認識した上で、抜け毛を防ぐケアを心がけましょう。