ヒゲ脱毛でツルツルにしたい!効果的な脱毛方法は?回数・期間は?

ヒゲ脱毛でツルツルにしたい、そう考えたことはありませんか? 見た目も手間もすっきりさせるためには、ヒゲ脱毛はうってつけの方法です。 そこで気になるのはヒゲ脱毛の方法や内容。効果的に脱毛ができる方法は?回数や期間はどれくらい? この記事ではそれらの解説やおおよその目安について詳しくご紹介していきます。

効果が高いのはどれ?エステ・クリニックでの脱毛の種類

脱毛といっても、いろいろな種類があります。どの方法が効果的か考えるためには、その内容を知っておく必要がありますね。 ここでは比較的ポピュラーな方法である「ニードル脱毛」「光脱毛(フラッシュ脱毛)」「医療レーザー脱毛」について考えていきましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、その名の通り針を使用する脱毛方法。1つ1つ毛穴に針を刺す方法で、針から毛根へ電流を流してダメージを与えます。 毛根に直接的なダメージを与えられること、永久脱毛が可能であることからその効果は高く、ひと昔前は「脱毛と言えばニードル脱毛」と言うほどに認知度の高い手法でした。 しかし1回に行える範囲が限定される・完了するまでに期間を要するなどの理由から、より手軽な方法へとニーズが変わりつつあります。 最近ではあまりメジャーな方法とは言えませんが、脱毛効果としてはとても高いものです。「毛の再生自体をなくしたい」と考えている人であれば、一考の価値があるかもしれません。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、ニードル脱毛にとって代わってメジャーとなった脱毛と言えるでしょう。 黒色が光を吸収しやすい特徴を活かした脱毛方法で、脱毛したい部分に特殊な光を当てて脱毛を促す施術です。光を吸収した毛根はダメージを受け、脱毛するだけではなく毛の再生が起こりにくくなります。

ニードル脱毛より効果は劣りますが、施術範囲が広く期間も短くてすむことから人気のある脱毛方法です。自己処理をするよりは長期的な脱毛・減毛が見込めますので、初めての人にはおすすめできます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関でしか取り扱えない医療用レーザーを使用した脱毛方法です。前述の光脱毛より、出力も効果も高い脱毛方法と言えばわかりやすいかもしれません。 光よりも出力の高いレーザーを使用しますので、毛根へのダメージも高く、ほとんどの毛根は破壊に至ります。破壊された毛根からは毛が再び生えてくることがありませんので、限りなく永久脱毛に近い方法と言えるでしょう。

しかし医療用レーザーの取り扱いには医師の資格が必要であることから、エステサロンなどでは施術を受けることができません。また、光脱毛に比べて費用も高くなる傾向にあります。 費用や手間をかけてでも効果の高い脱毛を受けたい、という人にはピッタリですね。

 

ツルツルにするには回数・期間が必要

どの脱毛方法でも、一回の施術で長期間の脱毛効果を得ることは難しいです。また、クリニックやエステサロンで受ける脱毛であっても、効果が実感できるまでには時間がかかるものです。 ツルツルな肌を目指している場合は、それなりの回数・期間が必要となりますので覚えておきましょう。

1回の施術でツルツルにならない理由

1度の脱毛でツルツルな肌に、と考えている人もいるかもしれませんが、残念ながらそれは難しいのが現実です。なぜなら人体に生えている毛には、発毛・育毛サイクルがあるからです。 毛にはそれぞれ毛周期というものがあり、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。成長期には活発に分裂細胞を繰り返しながら成長をし、退行期で細胞分裂は落ち着き、休止期には毛根が退化をして毛が抜け落ちるのです。

さらに考慮すべきは毛の状態です。毛は一斉に生え始めるわけではありません。今成長期の毛があれば、休止期の毛もあるわけです。 つまり、サイクルが同じであっても状態がそろっているとは限らないということ。 たとえば脱毛施術を受けたとして、そのときに生えている毛に対しては脱毛の効果があります。しかしまだ生えていな毛には効果がなく、当然、その毛根からは日数が経てば毛が生えてきます。 そのため、毛のサイクルに合わせて複数回の施術を行う必要があるというわけです。

光脱毛の場合の回数・期間

光脱毛は医療レーザー脱毛よりも出力が弱く、脱毛にかかる期間も多くかかります。その期間は一般的には1年から1年半程度とされ、毛の量や体質によって前後します。 しかし脱毛した時点から毛の数は減っていきますので、5~8回ほどの施術で「薄くなった」と効果を実感する人も多いようです。10回の施術でかなりの効果を体感できますので、回数を追うごとに理想的な肌へと近づいている満足感は得られるでしょう。 一回あたりの施術時間は15分~20分程度で、回数は15~25回程度です。薄くしたい、量を減らしたいということであればもう少し短期間で終わることができます。

医療レーザー脱毛の場合の回数・期間

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が強く、期間や回数が少なくてすみます。一般的な期間は半年から1年程度で、回数は5~18回程度です。 比較的効果の表れが早く、早い人では3回の施術で実感できるほどです。毛の量にもよりますが、10回ほどの施術でほとんど目立たない状態になり、さらに回数を重ねることでツルツルの肌を目指せます。

脱毛は1.5か月以上間をあけて施術を繰り返すことになりますので、効果が表れるまで最短で5か月ほどです。光脱毛より毛の再生がしにくい方法ですので、完全なツルツル肌を目指している人や忙しい人はこちらの方法がおすすめだと言えます。

 

一時的にツルツルにするならセルフ脱毛もあり

エステサロンやクリニックで行う脱毛施術はとても効果が高い一方で、時間や費用もかさみます。もっと手軽に脱毛したい・一時的でもいいのでツルツルにしたいという人には、自宅で行うセルフ脱毛がおすすめです。 ヒゲ剃りで剃るだけでは物足りない、しっかりツルツル肌にしたい、そんな人は脱毛クリームや脱毛ワックスをお試しください。市販の脱毛グッズにはいろいろな種類があり、最近ではメンズ用の商品も登場していますので、自分に合った方法や商品をチョイスしましょう。

脱毛クリームでの脱毛

脱毛クリームは、脱毛をしたい部位に塗って洗い流すだけのクリームです。毛を溶かす成分が含まれていますので、時間を置いて洗い流すだけできれいさっぱりツルツルなお肌にすることができます。 剃ったり抜いたりするよりも毛穴が目立ちにくく、脱毛後の手触りが格段に良くなります。しかし一時的な脱毛方法であるため、日数が経てば再び毛が生えてくることを忘れてはいけません。

脱毛クリームにはいろいろな種類がありますが、ヒゲに使用したい場合は低刺激のものや全身に使用可能なタイプを選びましょう。手足用のものを使ってしまうと、痛みがでたりかぶれたりする可能性があります。

脱毛ワックスでの脱毛

脱毛ワックスは、ワックスを脱毛したい部位に塗って、毛をワックスごと抜いてしまう方法です。エステサロンなどで行っているところもありますが、自宅で手軽にできる脱毛用ワックスが市販されています。 脱毛クリームとの違いは、毛を毛根ごと抜いてしまう点にあります。そのため、脱毛クリームよりは長くツルツル状態が続くと言えるでしょう。

脱毛ワックスはヒゲにはあまり向かないと言われています。その理由は、毛が密集しすぎていること、そして顔の肌が敏感であることです。 また、範囲的にまとめて抜く方法になりますので、それなりの痛みも伴います。ワックスのみで全てのヒゲを抜くには、かなりの我慢とケアが必要となることを覚えておきましょう。

まとめ

ツルツル肌にしたいと言っても、その期間が一時的なのか永久的なのかによって選択肢は変わります。 どの方法にもメリット・デメリットがありますので、この記事を参考に自分に合った方法を選んでくださいね。