脱毛症は治るのか?脱毛症の種類別に解説

地肌が見えるほど髪の毛が抜け落ちてしまう脱毛症。抜け毛が増えてくると、「このまま髪の毛が全部なくなってしまうのだろうか」と不安になってしまいますよね。一度発症した脱毛症は、治るのでしょうか。 そこで今回は、男性に見られる主な脱毛症の種類別に、治る可能性や治療方法について解説します。

男性に見られる代表的な脱毛症

男性が発症することのある代表的な脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)と円形脱毛症です。まずは、それぞれの症状や特徴を確認していきましょう。

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は、その名のとおり男性に多い脱毛症です。AGAは英語の「androgenetic alopecia」の頭文字をとった略称です。 日本人男性のAGAの発症率は、20〜30代で1〜2割程度ですが、40代で3割、50代以降になると4割以上と年齢が高くなるほど上昇します。つまり、中年以降になれば決して他人事ではない脱毛症なのです。

AGAを発症すると、これまで太くて長さのあった髪の毛が、細く短い毛に変わるようになります。こうした髪質の変化は、毛髪が生え変わるヘアサイクル(毛周期)の乱れが大きく関与していると考えられています。 ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛は数年かけて成長し、太く長く伸びます。一方、何らかの要因で成長期が短くなりサイクルが乱れると、しっかり育つ前に成長が止まり、早期に抜け落ちてしまいます。これが薄毛を招くのです。

ヘアサイクルが乱れる原因は人によって異なりますが、主にDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの増加が抜け毛を促進させていると考えられています。

円形脱毛症

円形脱毛症は、コインくらいの大きさに毛が抜け落ちるのが特徴です。薄毛のようにまばらに抜けるのではなく、毛が部分的にごっそり抜けるため、脱毛部分が目立ちやすくなってしまいます。 発症するのは1ヶ所とは限らず、人によっては頭髪が全体的に抜け落ちてしまうケースもあります。

円形脱毛症というと、精神的なストレスが原因というイメージがありますが、実際は根本的な原因ではないと考えられています。ストレスがきっかけとなって発症する方もいますが、あくまでも誘発要因であり、主な原因は自己免疫疾患ではないかといわれています。

自己免疫疾患は、本来であれば外からの異物などを撃退するために発揮されるはずの免疫機能が、自分自身の体を異物として攻撃してしまう病気です。円形脱毛症は、免疫機能を担うリンパ球が毛根を異物とみなして破壊していることが判ってきました。 自分の毛根を攻撃してしまう詳しいメカニズムは解明されていませんが、遺伝性も指摘されています。また、円形脱毛症を発症している方は、アトピー性疾患やその他の自己免疫疾患を併発する確率が高いようです。

 

男性型脱毛症(AGA)は治るのか

では、AGAの治る可能性や治療について、詳しく見ていきましょう。

男性型脱毛症(AGA)は完治しない

結論からいうと、AGAは完全には治りません。AGAは進行性の脱毛症なので、一時的に症状が抑えられても薬の服用などをやめてしまうと薄毛は進行します。

先述したように、AGAの原因物質はDHTという男性ホルモンの一種です。テストステロンに代表される男性ホルモンは、通常であればヒゲや胸毛などの体毛が濃くなるように作用します。しかし、DHTはテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついてつくられた変質バージョンのようなもので、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞で受け止められると、髪の成長を抑制する指令を出してしまいます。

こうしたメカニズムを踏まえ、AGAの治療にはDHTの生成を抑える薬などが用いられていますが、投薬しても抜け毛を完全に食い止めることは難しいというのが現状です。

男性型脱毛症(AGA)の治療の目的は進行を遅らせること

現在おこなわれているAGA治療の主な目的は、現状を維持することや、抜け毛や薄毛の進行を遅らせることです。 AGAの治療は、以下のような内服薬または外用薬を用いた薬物療法が主流となっています。

・フィナステリド(内服薬)

・デュタステリド(内服薬)

・ミノキシジル(外用薬)

フィナステリドとデュタステリドは、テストステロンをDHTに変質させる5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。そのため、薬を服用すればDHTの生成量を減少させ、髪の毛の成長期が長くなる可能性が高まります。

ミノキシジルには頭皮の血行促進や、髪の毛の成長因子の産生を促すなどの作用があります。薄毛部分に塗布すると、萎縮していた毛根組織が活性化し、髪の毛が太く長く成長しやすくなるというメカニズムです。

このように、AGA治療薬には一定の改善効果が期待できますが、残念ながら効果は永続的には続きません。とはいえ、一時的に抜け毛の本数を減らすことは可能なので、薄毛の進行スピードを緩めるには有効です。

男性型脱毛症(AGA)の治療効果が出るまでの期間

薬を用いたAGAの治療効果があらわれるまでは、早い場合でも3ヶ月程度かかるといわれています。 日本皮膚科学会が策定したAGA治療のガイドラインでは、内服薬・外用薬のどちらか一方、または両方を用いた場合、推奨される使用期間は1年間とされています。つまり、薬を数ヶ月使用して効果を実感できない場合でも、1年間は続けてみないと効果の有無を評価できないということです。

効果のあらわれ方には個人差がありますが、薬を使用してすぐに効果が実感できるわけではないと認識しておきましょう。そして、治療の効果が出ても永続性はないため、薬を使い続ける必要があるということも大切なポイントです。

AGA治療薬の使用を1年以上続けても全く変化がなく、他の治療方法もない場合、ガイドラインでは植毛の検討が推奨されています。

 

円形脱毛症は治るのか

AGAは完治が難しく、基本的に継続治療が必要ですが、円形脱毛症についてはどうでしょうか。

軽度の円形脱毛症はほとんどが自然に治る

円形脱毛症は、脱毛部分が少ないなど症状が軽度であれば、自然治癒する可能性ことが多いようです。自然治癒とは、特に治療を施さなくても脱毛していた部分に新たに毛が生えてくることを意味します。

発症してから治るまでの期間は一概にはいえませんが、実際に円形脱毛症を発症した人の多くは半年〜1年程度で治っています。脱毛部分が1ヶ所だけというような「単発型」と呼ばれる症状なら、約8割がその期間内に自然治癒するといわれています。

状態に応じて治療も行われる

脱毛している範囲が広く長期化しているなど、症状が重い場合は以下のような治療がおこなわれることがあります。

・外用療法(ステロイド、塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど)

・内服療法(グリチルリチン、セファランチン、抗アレルギー薬など)

・局所療法(ステロイドの局所注射、局所免疫療法など)

この他にも色々な選択肢があるため、症状や経過を確認しながら適切と思われる方法が採用されます。一般的に、初期段階は外用療法や内服療法で様子を見ることが多いようです。 薬の外用・内服で症状が改善しない場合は、ステロイドを用いた局所注射や特殊や薬品を使った局所免疫療法が試されるなど、段階的に治療が進められていきます。

 

まとめ

脱毛症には色々な種類がありますが、男性が発症しやすいのは男性型脱毛症(AGA)や円形脱毛症です。 AGAは年齢とともに発症率が高まる進行性の脱毛症で、いったん発症すると完治は困難だといわれています。とはいえ、AGAの抜け毛を減らして進行を遅らせることは可能です。

AGA治療の基本は内服薬や外用薬を用いた薬物療法で、継続使用によって薄毛が改善する可能性があります。効果は永続的ではありませんが、治療を続けることで一定の改善効果が得られるでしょう。

円形脱毛症は軽度であれば自然に治る可能性が高いです。症状が重いと自然治癒はしにくいため、薬物療法や局所療法によって発毛が促されます。治療効果には個人差がありますが、治療が合えば自然に毛が生えてくることもあるようです。

脱毛症の治療方法は脱毛の原因・症状によって異なるため、抜け毛や薄毛が気になったら皮膚科などの専門医に相談しましょう。