ヒゲ脱毛に保険は効く? 保険適用外でも安くする方法は?

「ヒゲ脱毛って、保険は使えるの?」ヒゲ脱毛を考えたり興味を持ったりした人なら、誰もが一度は抱く疑問です。保険が効けば、1〜3割負担になるので負担が大きく軽減されます。「やってみようかな」と思う人も増えそうです。はたして健康保険は適用されるのでしょうか?ダメだとしたら、他に料金を抑える方法はないのでしょうか?

ヒゲ脱毛に保険は効くの?

ヒゲ脱毛はメンズ脱毛エステサロンや美容クリニックで受けられます。エステサロンは無理でも、医師のいるクリニックなら何となく使えそうなイメージもあります。

ヒゲ脱毛は保険適用外

ヒゲ脱毛には、残念ながら健康保険は適用されません。

美容クリニックで医師によって行われる医療行為であっても、自由診療となり、費用は全額自己負担です。メンズ脱毛エステサロンで行うヒゲ脱毛については、もちろん保険は使えません。なぜなら、健康保険は、健康な生活を送るうえで支障となる病気やケガの治療のみに適用されるからです。

日本ではすべての国民が健康保険に加入されることが義務づけられています。そのおかげで私たちは安心して病院やクリニックを受診できます。健康保険が適用される医療行為については国が保険点数(=料金)を設定し、医療機関はそれを守らなければなりません。

一方、ヒゲ脱毛は健康を損なう疾患を治すために行われるのではなく、あくまで美容のために行われます。ニュアンスとしては、歯科クリニックで受けるホワイトニングをイメージしてみてください。医師や医療従事者が行う行為ですが、国民が健康な生活を送るために国がサポートすべきことではありません。当然のことながら、国によって決められた料金というものも存在しません。サロンやクリニックが自由に料金を設定でき、利用者はその価格に納得して施術を受けることになります。

保険適用されるケースもある?

メンズ脱毛エステサロンでも、美容クリニックでも、ヒゲ脱毛には基本的に健康保険は適用されません。ただし、脱毛に保険が使えるケースも、少ないながらあります。例えば、「多毛症」という病気があります。先天的に、あるいは後天的な要因で、体のあちらこちらに通常レベルを超えた多量の毛が生える病気です。この場合、多過ぎる体毛の脱毛に対しては健康保険が使えます。

また、ヒゲが濃すぎて、カミソリ負けや肌荒れが起こった場合には、皮膚を正常な状態に戻す治療は健康保険の範囲内ですが、ヒゲ脱毛そのものには保険は効きません。ヒゲが濃いことがコンプレックスとなって、メンタルな部分で問題を抱えた場合も、心療内科については健康保険で受診できます。ちなみに、ヒゲ脱毛を受けている際にレーザーで火傷を負ったというような場合には、火傷の治療については健康保険の範囲内です。

保険が効かないなら保険証は不要?

ヒゲ脱毛は保険診療の対象ではないので、施術を受ける際に原則として健康保険証は不要です。しかし、持参すると、身分証明書として使うことができます。

万が一、医療レーザーで火傷をするなど、脱毛に関するトラブルで治療を受ける際にも、健康保険証が役立ちます。この他、常用している薬がある人は、お薬手帳も念のため持参することをおすすめします。

サロンやクリニックのカウンセリング時に、施術を体験したい、契約する可能性があるという人は、健康保険証の他に、現金かクレジットカード、印鑑を持っていくと安心です。また、未成年の場合には、親権者の同意書がないと施術を受けられません。webサイトからダウンロードできるサロンやクリニックが多いので、署名・捺印されたものを持参しましょう。

 

医療費控除の対象にはなる?

自由診療で行われるヒゲ脱毛には、少なくない出費を伴います。美容クリニックは医療機関なので、施術の費用は医療費として控除できないでしょうか…。

医療費控除も対象外

ヒゲ脱毛のために支払った費用は、基本的に医療費控除の対象にはなりません。

医療費控除とは、1年間に家族全員が支払った医療費が合計で10万円を超える場合に適用可能です。その人の課税対象となる収入から、10万円超の分を控除(=差し引く)ことで、税金が安くなります。最大で200万円まで控除することができ、確定申告の際に手続きを行えば、納税額が少なくなるか、給与天引きなどで既に所得税を支払っている人は控除分が還付されます。

ただし、対象となるのは、健康保険と同じように病気やケガの治療を目的とした出費のみです。美容を目的としたヒゲ脱毛の費用は、たとえ医療費という名目で支払っていても控除されません。

 

保険が効かないヒゲ脱毛…安く抑えるには?

健康保険は適用されない、医療費控除の対象にもならない…。それなら、せめて少しでも費用を抑える方法はないのでしょうか。

完全な脱毛でなく毛の量を減らす程度にする

サロンやクリニックに通う回数を少なくすることで、ヒゲ脱毛にかかる費用を抑えることができます。

施術の回数は、元々のヒゲの濃さ、脱毛の方法、脱毛する部分の面積、さらにツルツルにするのかヒゲの量を減らすだけなのかという脱毛のレベルによって変わります。このうち、元々のヒゲの濃さは変えようがありません。脱毛方法には、メンズ脱毛エステサロンで行われる「光脱毛」、美容クリニックで行われる「医療レーザー脱毛」などがあり、一般にレーザー脱毛は光脱毛より効果が高く、施術回数を少なくできます。ただし、施術料金はレーザー脱毛のほうが高いケースがほとんどなので、支払総額に大きな差は出ないでしょう。

となると、残されたのは、脱毛する部分の面積を狭くする、あるいは脱毛のレベルをゆるめにする方法です。ヒゲには流行があり、いまは歓迎されないスタイルもいつか人気を集める可能性がないとはいえません。年齢を重ねることで、その人のヒゲに対する意識も変わるかもしれません。そう考えると、鼻の下も頬も、あごも脱毛するよりも、ヒゲ剃りが面倒で困っている部分や、ヒゲの濃さが目立って人目が気になる部分に絞って脱毛するというのも一つの方法です。

また、ツルツルにまるまで永久脱毛してしまうと、ヒゲのおしゃれを楽しみたくなった時に思うように生えてきません。量を減らす程度に止めておけば、施術の回数が抑えられ、将来の流行や気持ちの変化にも対応できそうです。

セットコースや回数無制限コースにする

どの部分をヒゲ脱毛するのか、どの程度まで脱毛するのかが決まったら、サロンやクリニックのカウンセリングを受けてみましょう。施術回数の目安と概算の費用がわかります。

美容クリニックの医療レーザーでヒゲ脱毛する場合、個人差はありますが、効果を実感できるまでには5回以上、ツルツルにするなら10回以上の施術が必要です。効果のマイルドな光脱毛なら、さらに回数は多くなり、15回以上の施術が必要です。そこで今度は、必要な回数の施術を、できるだけリーズナブルにすることを考えましょう。ぜひ利用を検討したいのが、セットコースや回数無制限コースです。セットコースにすれば、一時的に出費は大きくなりますが、1回あたりの施術料金はかなり抑えられます。

一方、当初の予想回数で終了できない心配がある場合におすすめなのが回数無制限コースです。これも当初の出費はかさみますが、予定回数で終わらずに追加料金を支払うよりは負担が少なくて済みます。

キャンペーンを利用する

料金が抑えられるキャンペーンを展開している施設は結構あります。期間限定のものが多いので、候補のサロンやクリニックのCM、webサイトはいつもチェックしておきましょう。意外に思うかもしれませんが、脱毛の料金は季節によって変わるので、新しい情報をキャッチしておくことが大切です。ただし、割安なキャンペーン価格ばかりに注目していると、結果的に多くの費用がかかってしまうこともあります。キャンペーンで施術が受けられる範囲、回数、さらに所定の範囲、回数で収まらなかった場合の料金も確認して、総額でいくらかかるのかを事前に確かめておきましょう。

 

まとめ

美容目的で行うヒゲ脱毛は、基本的に健康保険が使えません。健康保険は健康な生活の支障となる病気やケガの治療のみに適用されるからです。自由診療となるヒゲ脱毛の料金は、施術する機関によって設定され、利用者は全額を自己負担で支払います。

また、健康保険と同様の理由で、ヒゲ脱毛にかかった支出は医療費控除の対象にもなりません。費用を少しでも抑えるためには、脱毛する範囲を絞って、脱毛のレベルもツルツルにするのではなく、ヒゲの量を減らす程度に止めると良いでしょう。施術の回数が少なくなり、費用の総額を低くできます。

また、セットコースや回数を気にせず利用できる回数無制限コースは、一見高く思えますが、結果として割安になることも少なくありません。料金が割引になるキャンペーンも要チェックです。ただし、目先の料金の安さだけに注目していると、追加料金などで費用がかさむおそれもあります。サロンやクリニックのカウンセリング時には、必要な施術回数の目安と費用総額をしっかり確認してください。