はげには種類がある! 男性に多いはげ・薄毛

はげには、いろいろな種類があります。それぞれに原因が違うので、見当違いな対策は役に立ちません。大切なのは、自分のはげの種類を知って、それに適した予防対策や治療を行うことです。まだ薄くなっていないという人も、いろいろなはげの種類を知っておけば、はげに早く気づいて、早い段階から必要な対策や治療を始めることができます。

男性のはげの種類(1)AGA

「男性型脱毛症(AGA)」は、さまざまなはげのうち、最も頭を悩ませている人が多い脱毛症です。

AGAとは? 症状・特徴

「男性型脱毛症(AGA)」は、20〜69歳の成人男性のおよそ3人に1人、1,200万人以上に見られる脱毛症です。このうち、3分の2がAGAによる薄毛を気にしていますが、治療やケアを受けたことがある人は全体のおよそ半分です。思春期以降の男性に特有の症状で、額の生え際か頭頂部、またはその両方の髪が薄くなり、時間とともに進行していきます。発症には、遺伝のほか生活習慣などが関係していると考えられています。

AGAの原因

AGAは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉の男性ホルモンが原因とされています。DHTは男性ホルモンのテストステロンが、「5αリダクターゼ」という酵素と結びついたものです。DHTは髪の毛を作る毛母細胞に作用して、「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばれる髪の毛の成長サイクルを乱します。

ヘアサイクルには、髪が成長する「成長期」、成長が止まって細胞が自然死する「退行期」、毛母細胞の活動が止まる「休止期」という3つの段階があります。髪の1本1本が、2〜6年かけてこの周期を繰り返すことで、髪の毛は一定の量を保っています。しかし、DHTの影響でヘアサイクルが狂うと、成長期が短くなり、髪の毛が十分に太く、長く成育する前に抜けてしまいます。その結果、次第に細く、短い髪が増えて、薄毛が目立つようになります。

AGAの治療

AGAは進行性の脱毛症なので、薄くなってきたことに気づいたら、早めに適切な治療を受けることが大切です。医療機関で行われるAGAの治療では、一般に飲み薬と外用薬が用いられます。現在のところ、国内で処方できるAGAの飲み薬は、「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類。それぞれ、「プロペシア」、「サガーロ」という一般名で知られ、プロペシアにはジェネリック医薬品もあります。どちらも、テストステロンと結びついてDHTを作る5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあり、AGAの進行を抑える効果が期待できます。まだあまり進行していない軽度のAGAなら、こうした薬で進行を抑えることで、髪の毛を再び正常な状態に戻すことが可能です。

しかし、薄毛が進行していると、5αリダクターゼの働きを阻害する薬だけでは治療に時間がかかります。そこで、用いられるのが外用薬の「ミノキシジル」です。ミノシキジルはもともと高血圧の治療用に開発された薬ですが、副作用で患者に発毛が見られたことから薄毛治療に応用されるようになりました。ミノキシジルを主成分とする外用薬は、国内では現在のところ大正製薬が販売している「リアップ」のみです。

この他、成長因子を直接頭皮に注入する「HARG(ハーグ)療法」、自分の髪や合成繊維で作られた髪を植える植毛などが、AGAの治療に適用されています。

 

男性のはげの種類(2)円形脱毛症

“十円はげ”などと呼ばれることもある円形脱毛症は、男女ともに見られる脱毛症のひとつです。

円形脱毛症とは? 症状・特徴

「円形脱毛症」になると、ある日突然、円形や楕円形の脱毛が現れます。脱毛した部分には毛根が残っていないのが特徴で、毛が抜けた部分は周囲よりもややへこんでいます。頭の一部分だけが脱毛する「単発型」と、脱毛部分が移動して広い範囲に広がっていく「多発型」の2タイプがあります。人口の1〜2%が発症すると考えられ、患者の2割程度は血縁のある家族にも円形脱毛症がみられます。発症率に男女差はありません。また、4分の1は15歳以下で発症し、子どもの場合は悪化するケースが少なくありません。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因には、さまざまな説があります。現在のところ、最も有力なのは、自己免疫機能の問題が原因とする説です。自己免疫機能に異常が起こり、本来は体に侵入した細菌などを撃退するリンパ球が、髪の毛を育てる細胞を攻撃することで発症するという考え方です。ただし、なぜこのような問題が起こるのかについては明らかになっていません。精神的なストレスが引き金になることはありますが、こうした要因がない人も発症します。

円形脱毛症の治療

「円形脱毛症」を発症しても、数か月後に自然治癒する人もいます。しかし、脱毛部分が多い、広がっているという場合には、できるだけすみやかに治療を開始しましょう。円形脱毛症を扱うのは皮膚科で、日本皮膚科学会によって診療ガイドラインが定められています。ガイドラインがその治療効果を認め、推奨している治療法は「ステロイド局注療法」と「局所免疫療法」の2つ。ステロイド局注療法は炎症を抑える作用があるステロイドを、頭皮に直接注射します。

一方、局所免疫療法は皮膚にかぶれを起こす薬剤を塗って、自己免疫機能の正常化を目指します。ガイドラインは昨年改訂され、治療だけにこだわらず、ウィッグを使用することも推奨しています。

 

男性のはげの種類(3)脂漏性脱毛症

「脂漏性脱毛症」は、脂漏性皮膚炎という皮膚疾患を原因とする脱毛症です。

脂漏性脱毛症とは? 症状・特徴

頭皮には皮脂を分泌する皮脂腺があり、皮脂は髪の毛にうるおいを与え、さまざまな刺激から皮膚を守っています。しかし、何らかの理由で皮脂が過剰に分泌されると、フケが増えて毛穴をふさぎ、脂漏性皮膚炎という頭皮の炎症につながることがあります。最初は頭皮が乾燥して、フケがたくさん出ます。進行すると頭皮が赤く炎症を起こし、ますます大量のフケが出ます。さらに悪化すると、大量のフケをえさにして細菌が繁殖。炎症がひどくなって頭皮が赤く腫れてかゆみを伴い、髪の毛が抜けやすくなります。

脂漏性脱毛症の原因

「脂漏性脱毛症」が発症する仕組みについては、まだ詳しくはわかっていません。しかし、皮脂の過剰な分泌が、主な原因であることは間違いありません。また、皮脂の他にも、体質、発汗、皮膚の常在菌などが発症に関係していると考えられています。

脂漏性脱毛症の治療

フケが出はじめた初期段階なら、毎日丁寧に洗髪するだけで症状が改善することがあります。しかし、頭皮が赤く炎症を起こしたり、抜け毛を伴ったりする場合は治療をおすすめします。皮膚疾患が原因になっているので、皮膚科を受診しましょう。治療にはステロイドや抗菌剤を用いるのが一般的です。皮脂の分泌を調整するためにビタミン剤が処方されることもあります。また、正しいシャンプーの仕方などもアドバイスしてもらえます。

 

男性のはげの種類(4)ひこう性脱毛症

「ひこう性脱毛症」は、最近の極端な清潔志向、おしゃれ志向の影響で増加している脱毛症です。

ひこう性脱毛症とは? 症状・特徴

「ひこう性脱毛症」は、思春期以降の男性に多い脱毛症です。パサパサとしたフケが大量に出て、毛穴をふさいで炎症を引き起こします。頭皮も乾燥して髪の毛が抜けやすくなり、髪そのものもつやがなくなり、次第に細くなっていきます。頭皮が赤くなって強いかゆみを伴うので、つい頭をかきむしってしまい、症状がさらに悪化します。

ひこう性脱毛症の原因

「ひこう性脱毛症」の原因は、現在のところはっきりとは解明されていません。症状は脂漏性脱毛症とよく似ていますが、脱毛症を引き起こす要因が違います。 ひこう性脱毛症の場合は、洗浄力の強いシャンプー、ヘアカラーやパーマなどによる刺激が、発症の要因と考えられています。

ひこう性脱毛症の治療

「ひこう性脱毛症」は皮膚科で診てもらえる脱毛症です。症状が脂漏性皮膚炎とよく似ていることから、治療の内容もほぼ同じで、ステロイド剤や抗菌剤、ビタミン剤の使用、シャンプー指導などが、症状に合わせて適用されます。

 

まとめ

男性を悩ませるはげにはさまざまな種類があります。最も多い「男性型脱毛症(AGA)」を筆頭に、「円形脱毛症」、「脂漏性脱毛症」、「ひこう性脱毛症」が、成人の男性によく見られるはげのタイプです。それぞれ原因が異なり、治療やケアの方法も違うので、自己判断によるケアは症状の悪化につながるおそれがあります。気になる抜け毛。薄毛がある場合は、早めに医療機関に相談して、適切なはげ対策を実践しましょう。