はげが進行する男性型脱毛症(AGA)の進行パターン

自分のはげに気づいたら、あなたはどうしますか?心配だけど、どうしていいかわからず、そのままにする人も多いのではないでしょうか。しかし、「男性型脱毛症(AGA)」は、時間と共に進行します。早く見つけて、適切な対策を行わないと、症状が改善しにくく、治療により多く時間と費用がかかるおそれがあります。

はげが進行する男性型脱毛症(AGA)

「男性型脱毛症(AGA)」は、男性のはげの中でも最も多く見られる進行性の脱毛症です。

男性型脱毛症「AGA」とは

「男性型脱毛症(AGA)」は、思春期以降の男性に見られる脱毛症です。

AGAを発症している人の割合は、20代が約10%、30代が約20%、40代が約30%、50代以降になると40%以上。まだ若い30代の男性でも5人に1人がAGAで、誰がなってもおかしくない脱毛症といえます。額の生え際か頭頂部、あるいはその両方からはげ始め、年齢とともに進行していきます。

はげの原因となっているのは、男性ホルモンのテストステロンと「5αリダクターゼ」という酵素が結びついてできる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉の男性ホルモンです。DHTは髪の毛を作る毛母細胞に作用して、髪の毛の正常な成長サイクルを乱します。髪が太く、長く成長する前に抜けてしまうので、次第に成長が不十分な細く、短い髪の毛が増え、はげが目立つようになります。

AGAは年齢とともに進行する

額の生え際、頭頂部から始まったAGAによるはげは、年を重ねるごとに進行して、薄毛の部分が増えてきます。

現在、国内ではおよそ1,200万人がAGAを発症していると考えられており、このうち約3分の2が自分の薄毛を気にしているといわれていますが、実際に何らかの治療・ケアを受けている人は、およそ半分に過ぎません。

症状が進んでしまうと治療がより難しくなり、時間も費用もかかるので、放置するのは得策ではありません。気になっているなら、できるだけ初期の段階で進行度合いや症状に合ったはげ対策を実践しましょう。

 

AGAでのはげの進行度レベルの分類

「男性型脱毛症(AGA)」は、はげの進行パターンによっていくつかのタイプに分類できます。広く用いられているのは、アメリカ人医師・ハミルトン氏による「ハミルトン・ノーウッド分類」です。実際のAGAの症例を集めて作成されたもので、9つの進行パターンに分類されています。このパターンを知ることで、AGAがどのように進行するかを理解でき、薄毛の早期発見にも役立ちます。

Ⅰ型

Ⅰ型はAGAの初期段階のひとつです。額の生え際から薄毛が始まって、生え際のラインが後退し、さらに両サイドから「M」字型にはげ上がっていきます。額のラインの薄毛は鏡で確かめやすいので、後退していると気づいたら早めに対策を取るのが理想的です。

Ⅱ型

Ⅱ型は初期タイプのⅠ型が進行した状態です。額の生え際の「M」字型の後退が進み、切れ込みがやや深くなっています。額が広い人との区別に悩むところですが。切れ込みの先端と、耳の穴と頭頂部を結んだ線との距離が2センチ以下なら、額が広いのではなくAGAと判断されます。

Ⅱ Vertex型

Ⅱ Vertex型は、額の生え際が「M」字型にはげ上がるⅡ型の症状に加え、頭頂部に「O」字型の薄毛が見られる状態です。一般的な診断基準では、個人差はあるものの、このⅡ Vertex型がAGAと診断される可能性が高くなる境界線とされています。頭頂部のつむじはげは、自分で鏡に映して見ることが難しいので、気づかないうちに進行しているケースが少なくありません。

Ⅲ型

Ⅲ型はⅡ型の「M」字はげがいっそう進行した状態です。額の両端の切れ込みはいっそう深くなり、前髪のボリュームがダウンして髪型が決まりにくくなります。

Ⅲ Vertex

Ⅲ型から頭頂部のO型薄毛が同時に始まり、額、頭頂部、双方で薄毛が見られる状態です。

Ⅳ型

「M」字はげの進行したⅢ型よりも、さらに生え際のラインが後退した状態です。頭頂部の「O」字のつむじはげもかなり目立つようになってきます。ただし、この段階では額の生え際のはげと、つむじはげは一体化せずに、分かれています。

Ⅴ型

Ⅳ型の症状がさらに進行した状態がⅤ型です。額の生え際のラインは、頭頂部近くまではげ上がっています。頭頂部のつむじはげも範囲が広くなって、後退してきた「M」字はげとつながる直前です。

Ⅵ型

Ⅵ型になると、後退してきた「M」字はげと、頭頂部の「O」字はげの境界がなくなって、頭全体にはげが広がります。側頭部、後頭部のみに髪の毛が残った状態です。

Ⅶ型

Ⅶ型はAGAの最終段階です。Ⅵ型ではまだ残っていた側頭部の髪の毛も次第に少なくなります。後頭部も下側の部分にのみ髪の毛が残っている状態です。

 

AGAでのはげの進行パターン

「ハミルトン・ノーウッド分類」によるパターン分けのほか、はげの進み方によってAGAを分類することができます。薄毛や抜け毛が気になったなら、自分がいずれかのパターンに当てはまらないかチェックしてみましょう。気のせいにしたり、見て見ぬふりを決め込んだりしていると、AGAは確実に進行します。

前頭部全体から進行するパターン

額の生え際が次第に後退していくパターンです。進行すると額の両側がはげ上がった「M」字はげといわれる状態になります。何となく以前より額が広くなった気がする、前髪のスタイルが決まりにくいと感じたら、このパターンからAGAを発症している可能性があります。

頭頂部から進行するつむじはげパターン

頭頂部のつむじの辺りを中心に、円を描くようにはげが広がっていくパターンです。欧米人に比べて、日本人はこのパターンからAGAが始まる人が多いといわれています。額の後退から始まるパターンに比べて、薄くなっていることに気づきにくいので、手鏡を使うなどして定期的につむじの辺りをチェックすることを習慣にしてもよいでしょう。

前頭部の両側進行するM字はげパターン

欧米人に多いといわれ、額の生え際の両端が後退していくパターンです。前髪の中央部分は毛髪が残っているので、最初は気づきにくいのが特徴です。AGAの進行パターンは、およそこれまでご紹介した3つに分類できますが、必ずそのパターン通りに進行するとは限りません。「M」字はげと、「O」字はげが同時に進行するパターンもあります。また、AGAは時間をかけて進行していくので、毎日鏡を見ていると気づきにくいことがあり、注意が必要です。

 

AGAでのはげの進行を遅らせるには

AGAは進行性の脱毛症なので、年とともにはげの部分が広がってきます。この進行を食い止めることはできないのでしょうか。

食事・生活習慣の見直し

AGAを改善するためには、飲み薬や外用薬を使った治療が有効です。発毛、育毛の効果が医学的に認められているのは治療のみです。しかし、食事や生活習慣を改善することは、髪の毛を健康な状態に保つことにつながり、AGAの予防や治療効果を高めることに役立ちます。

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質なので、毎日の食事で良質のタンパク質をしっかりと摂るように心がけましょう。皮膚や髪の毛を良好な状態に保つビタミンB群や、タンパク質を合成するために欠かせない亜鉛も積極的に摂取したい栄養素です。

一方、適度な運動も髪の毛のコンディションに良い影響を与えます。髪の毛が必要とする栄養素は血液によって頭皮に運ばれています。運動には全身の血流を改善する作用があり、頭皮の血流が改善されて、必要な栄養素をたっぷりと受け取れるからです。体を動かすことで、血流悪化の要因となるストレスを発散することもできます。この他、血行の悪化を招く喫煙、睡眠不足、過労も、できるだけ避けるようにしましょう。

早めの治療

「AGAかもしれない」「薄毛や抜け毛が気になる」という場合は、早めに専門家の診断を受けて、必要なら治療を受けることが大前提です。AGAは進行性の脱毛症で、放置すると着実にはげが目立つようになるからです。

治療は、皮膚科のほか脱毛専門外来やAGAの専門クリニックで受けることができます。現在は飲み薬を用いる治療が一般的で、外用薬を併用することもあります。AGAの専門クリニックのなかには、無料カウンセリングを行っているところもあるので、利用してみてもよいでしょう。

AGAの治療には健康保険が適用されずすべて自費診療となるので、担当の医師にしっかりと症状や治療方法、期待できる効果、さらに必要な費用などを確認して、納得した上で治療を受けることをおすすめします。

 

まとめ

「男性型脱毛症(AGA)」は、思春期以降の男性に多く見られ、時間とともに進行するのが特徴です。このため、しっかりと予防対策を行うなら、できるだけ早くはげに気づき、適した治療・ケアを受けることが大切です。

AGAはその進行度合いによって9段階のグループに分けられ、薄毛の症状によっても分類することができます。こうした分類を知ることで、AGAの発症、進行についての知識が身につき、はげの早期発見、早期のケア開始につながります。