男性のはげの特徴とパターン!はげやすい人にも特徴がある

男性に多く見られるはげの特徴と進行パターンについて学びましょう。はげには原因を知ることで予防したり、適切な対処を行ったりして改善を目指せるものがあることをご存知でしょうか。ここでは改善できるはげの例として、AGAを取り上げて解説していきます。はげになりやすい人の特徴についてもまとめましたので、自分があてはまるかをチェックしてみてください。

男性のはげの原因に多い「AGA」

はげは原因によってさまざまな種類に分かれることをご存知でしょうか。その中でもAGAは男性のはげに多く見られる症状として知られています。テレビや雑誌で治療を宣伝しているクリニックも多いので、AGAという言葉を耳にしている人も多いのではないでしょうか。

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症のことです。同様の原因で女性に発症するFAGAという脱毛症も存在し、男女合わせて35歳までに約30%の人が経験すると言われています。

AGAとなるメカニズムには男性ホルモンが大きく関わっており、加齢や遺伝、生活習慣などが発症リスクを高くすると言われています。男性ホルモンの中にはテストステロンという物質があります。このテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の影響でDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して、毛母細胞の働きを抑制して薄毛を引き起こすのです。男性ホルモンが影響することから、早い人では思春期を過ぎた頃から症状が現れはじめます。

AGAによるはげ方には特徴があり、詳細については後述しますが、額から毛髪の生え際が後退していくパターン、頭頂部から薄くなっていくパターンの2つが典型的なものです。自分で一番気づきやすいのは額なので、生え際が薄くなってきたと感じたらAGAの発症を疑いましょう。

はげを気にしない人はほとんどいないでしょう。とくに若い人ほど悩みは深刻だと思います。AGAは進行性のため、時間の経過とともに薄毛部分の面積はどんどん広くなっていきます。しかしクリニックで適切な治療を受ければ改善できるという嬉しい特徴もAGAにはあります。AGAについて正しい知識を身につけ、予防と早期治療に努めるようにしましょう。

 

AGAでのはげ方の特徴・パターン

AGAには典型的な特徴があり、発症しやすい時期や薄毛になっていくパターンを知っておけばセルフチェックに役立ちます。

はげ方に見られる特徴

AGAによるはげ方には特徴があり、M型と呼ばれるものと、O型と呼ばれるものの2タイプが存在します。また、その両方が同時に起こるタイプも存在します。いずれにしてもM型やO型のはげ方をすればAGAを疑っていいと言えます。

M型と呼ばれるパターンは額から薄毛がはじまるのが特徴で、髪の生え際から後退していくように進行していきます。昔の不良が「鬼剃り」といって、額の左右両サイドの生え際を深く剃っていましたが、自然にその状態になると考えればよいでしょう。M型という名のとおり、薄くなった生え際がアルファベットのM字のようです。加えて中央部分も後退していくので、悪化すると正面から見て丸い生え際ができあがります。

O型と呼ばれるパターンは頭頂部から薄毛がはじまります。いわゆる「カッパはげ」と言われるもので、頭のてっぺんから薄毛がはじまり、悪化するごとにどんどん範囲を広げていきます。 これらについては、進行の段階ごとに「ハミルトン・ノーウッドの分類」と呼ばれるものにまとめられており、症状の重さを判断するのに用いられています。

発症時期・進行の仕方の特徴

AGAは早い人だと思春期を境にして発症しはじめます。これはAGAの発症メカニズムに男性ホルモンが関わっているからで、男性モルモンが多く分泌されるようになる思春期以降は、いつAGAを発症してもおかしくないと言えます。 年代別に見てみると、日本人男性の場合は20代で1割程度の人がAGAを発症し、その後は10年刻みで1割ずつ増加していき、50代以降になると4割程度の人がAGAとなります。

AGAを発症した後の薄毛の進行には特徴があり、一般的には額の生え際から薄毛化がはじまりM字型に後退していきます。薄毛化は頭頂部からはじまることもあり、生え際もしくは頭頂部が薄くなるケースと、その両方とも薄くなるケースに分かれます。

 

AGAではげやすい人の特徴

AGAの特徴として、発症しやすい人にはある程度の傾向が見られます。主な傾向としては「家族にAGAの人がいる人」、「肥満の人」、「喫煙習慣がある人」になるのですが、ここではそれぞれについて詳しく解説していきます。

家族にAGAの人がいる人

家族や親戚にAGAの人がいたら要注意です。とくに母方の祖父が薄毛になっていたら、自分も同じようにAGAとなる可能性が高まります。これは遺伝子の中にAGAの発症と関係しているものがあるためで、その遺伝子は母親のX染色体から受け継がれます。そのため母方の血筋にAGAの人がいるか否かが大きな問題となるのです。

遺伝的要素であるため避けようはありませんが、必ず発症するというものでもありません。しかし母方の血筋を見ることで、将来的にAGAを発症する可能性が高いかがわかるので、予防や早期対策に役立てることができます。母方にAGAの人がいて、自分にも薄毛の兆候が現れたら、すぐに専門医に相談してみるとよいでしょう。

肥満の人

肥満のリスクとして、高血圧や糖尿病を発症しやすくなることはよく知られていますが、毛髪にも悪影響があることを覚えておきましょう。肥満による血行不良と、ベタつく汗が出るようになることが主な原因です。

血行不良は、太ることで血糖コントロールが正常に機能しなくなり、血管内にプラークができやすくなることで起こります。髪の成長には毛母細胞の細胞分裂が関係しています。毛母細をしっかりと細胞分裂させるには豊富な栄養が必要となりますが、血行不足になると充分な量の栄養を供給できなくなってしまうのです。その結果として栄養不足の髪は弱々しいものとなってしまい、抜け毛や薄毛に発展していきます。

ベタつく汗は頭皮の状態を悪くし、髪が育ちにくくなる環境を作ります。健康な汗は汗腺の濾過機能がしっかりと働くため、ミネラルなどの不純物が少ない状態で分泌されます。さらりとして乾きやすいので、皮膚表面の雑菌が増えにくい状態を維持できます。ベタつく汗は、肥満によって濾過が追いつかなくなり、ミネラルなどの不純物が多く混じった成分になっています。この状態は乾きにくく、雑菌が繁殖しやすい頭皮環境を生み出します。

肥満は万病の元と言います。薄毛リスクも心配ですが、命に関わるような病気リスクも抱えることになるので、運動や食生活を見直して健康的な体型を維持できるように努めましょう。

喫煙習慣がある人

喫煙習慣がある人はAGAのリスクが高くなると明らかになっています。その理由は血流不足による頭皮環境の悪化。喫煙は血管を縮小させ、血の巡りを悪くしてしまいます。

健康な髪の毛を生やすには、活発に毛母細胞が細胞分裂できなければなりません。そのためには毛乳頭細胞へ栄養と酸素を供給する必要があるのですが、血流が悪くなってしまうと充分な量を送り届けることができなくなってしまいます。 家族にAGAの人がいるような先天的な要素とは異なり、喫煙は強い意志をもてば改善することができる要素です。現在喫煙している人で、薄毛リスクを少しでも減らしたいのならば禁煙に挑戦してみてください。

 

まとめ

AGAの特徴とパターンについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。一昔前までは薄毛になってしまったら諦めるか、気休め程度に市販の育毛剤や養毛剤を使うしかありませんでしたが、今ではクリニックで改善することができるようになりました。AGAは特徴がはっきりしているので、セルフチェックしやすい脱毛症です。この記事で学んだことを早期発見と予防に役立ててみてください。