はげとホルモンは関係する?男性ホルモンが多いとはげやすい?

「男性ホルモンが多い人ははげやすい」といわれることがありますが、実際はどうなのでしょうか。薄毛が目立ってきた方にとっては気になるところだと思います。 そこで今回は、男性ホルモンが頭皮や髪の毛に与える影響や、はげとの関連性について解説します。男性に多い薄毛の主な原因・治療法とともにチェックしていきましょう。

男性ホルモンが多いとはげる?

男性ホルモンとはげにはどのような関連性があるのか、早速みていきましょう。

男性に多いはげの原因「AGA」とホルモンの関係

男性のはげの原因として多い「AGA(男性型脱毛症)」は、男性ホルモンの影響を受けて発症すると考えられています。 男性ホルモンにはいくつかの種類があり、代表的なのがテストステロンです。そして、AGAの主な原因は、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで発生する「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質にあると考えられています。

DHTは、5αリダクターゼの影響でテストステロンから変質した男性ホルモンの一種です。DHTはテストステロンより強力で、毛根に作用して髪の毛が生え変わるヘアサイクル(毛周期)を乱してしまいます。 通常ヘアサイクルは、一定の周期で成長期・退行期・休止期という3段階をくり返しながら生え変わっていますが、DHTの影響を受けるとヘアサイクル短くなることがあります。そうすると、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちるようになるため、薄毛が促進されてしまうというメカニズムです。

男性ホルモンが多いとはげるのか

結論からいうと、男性ホルモンが多いからといってはげるとは限りません。 たしかにAGAの原因となるDHTは男性ホルモンの一種で、DHTが増えるとはげが促進されます。でも、男性ホルモンの主な構成成分はテストステロンであり、DHTはテストステロンの一部が変質したものです。 テストステロンは精巣から分泌されて全身にまわり、男性らしい体つきや生殖機能の発達に影響します。そして、テストステロンは髪の毛の根元にある毛乳頭細胞にも流入しますが、そのすべてがDHTに変換されるわけではありません。

前項でもお伝えしたように、DHTは酵素の一種である5αリダクターゼの作用によって生成されます。つまり、5αリダクターゼがなければDHTは生成されないため、男性ホルモン自体が直接的に抜け毛や薄毛を引き起こしている原因ではないのです。

 

男性ホルモンによるはげはどう治療する?

男性ホルモンの一種DHTによって引き起こされるはげ(AGA)に対しては、どのような治療が有効なのでしょうか。ここでは、AGAの治療によく使われる治療薬をご紹介します。

原因となるホルモンの生成を抑制するプロペシア治療薬

プロペシアはAGAの治療によく用いられる薬のひとつで、AGAの原因となるDHTの生成を抑える作用があります。 プロペシアはフィナステリドを主成分とした治療薬として知られ、AGA治療に有効な内服薬として国内で初めて認可されました。AGA治療に適した内服薬としてはザガーロ(主成分:デュタステリド)もあります。

プロペシアは、5αリダクターゼの働きを弱めることによってDHTの生成を阻害します。前述したように、抜け毛や薄毛を促進させる原因物質DHTは、テストステロンが5αリダクターゼの影響を受けることによって発生します。 5αリダクターゼの機能が低下すれば、テストステロンからDHTに変換される量も減り、抜け毛や薄毛も少なくなるというのがプロペシアの基本的な作用の仕組みです。

プロペシアの効果

プロペシアは、日本皮膚科学会が作成したAGA治療のガイドラインでも推奨されていて、「強く勧められる治療」としてAランクに位置づけられています。国内の臨床試験でも発毛効果や育毛効果が医学的に証明されているため、薄毛治療をおこなっている病院やクリニックでも多数の利用実績があります。

プロペシアを服用して効果が現れるまでの期間の目安は、6カ月程度だといわれています。つまり、効果が出るまで少なくとも半年程度は毎日飲み続ける必要があるということです。ただし、薬の効き目には個人差があるため、早ければ3カ月程度で効果を実感する方もいますが、反対に1〜2年程度かかる方もいるようです。

プロペシアには副作用もある

AGAの改善効果が期待できるプロペシアには、以下のような副作用もあります。

・性欲減退

・勃起機能不全

・じんましん

・食欲不振

・肝機能低下

副作用は必ず出るわけではありませんが、国内の評価試験では1%程度の方に性欲減退や勃起機能不全といった性機能障害がみられたようです。そのため、子作りを考えている場合はプロペシアの使用を中断することもあります。 また、発症率はかなり低いですが、肝機能が低下する重篤な副作用もあるようなので注意が必要です。副作用の内容については主治医によく説明してもらい、体調に異変を感じたら服用を中止しましょう。

 

男性ホルモン以外の要因にアプローチする治療法

AGAを改善する治療法は、プロペシア以外にも選択肢があります。主な治療法を3つご紹介しましょう。

プロペシア以外の治療薬

プロペシア以外でAGAの改善に役立つ治療薬としては、ミノキシジルという有効成分が配合された外用薬もあります。ミノキシジルには、髪の毛をつくる毛母細胞を活性化させ、退縮していた毛根組織の成長を促す作用があり、発毛・育毛を促進させます。 また、頭皮の毛細血管を拡張させて血行をよくする作用もあるため、栄養素や酸素がすみずみまで供給されやすくなります。

HARG療法について

HARG(ハーグ)療法は、細胞の元となる幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を頭皮に直接注入する再生医療の一種です。注入する薬剤は「HARGカクテル」と呼ばれ、成長因子が頭皮の幹細胞に作用すると細胞自体から成長因子が分泌されるようになるため、髪の毛が生えやすくなると考えられています。

HARG療法は比較的新しい治療法で、発毛効果が医学的に証明されているわけではありません。とはいえ、中には短期間で発毛効果が出る方もいるようです。HARGカクテルの注入は定期的に続ける必要があり、費用は1回あたり数万円かかります。

植毛

植毛は文字どおり薄毛部分に毛を移植する治療法で、薬による治療効果が現れないケースに推奨されています。植毛には、自分の毛を毛根組織ごと移植する「自毛植毛」と、化学繊維で人工的につくられた毛を利用する「人工毛植毛」があります。

現在主流となっているのは自毛植毛で、薄毛になりにくい後頭部や側頭部の髪が利用されることが多いです。植毛手術の所要時間は3〜6時間程度なので日帰りできます。自分の毛根組織を埋め込むのでなじみやすく、植毛手術をして数カ月で新しい髪の毛が少しずつ生えてきます。 人工毛だと人によっては拒絶反応が出てしまうことがあるため、あまり推奨されていません。

 

まとめ

はげと男性ホルモンには密接な関係があり、男性に多い脱毛症AGAは男性ホルモンの一種DHTによって引き起こされます。とはいえ、DHTは主な男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼの作用を受けて産生されるため、男性ホルモンの分泌量が薄毛の発症率に直接関係しているわけではありません。 DHTは5αリダクターゼの影響を受けなければ発生しないため、AGAの治療には、5αリダクターゼの働きを抑制するプロペシアのような治療薬がよく用いられます。

それ以外の治療法としては、毛母細胞の活性化や頭皮の血行促進が期待できる外用薬ミノキシジルや、成長因子を直接頭皮に注入するHARG療法などがあります。薬などで効果が得られない場合は植毛という方法もあるなど、治療の選択肢はさまざまです。 男性に多いはげの主な原因はDHTですが、それ以外の要因もあるので、医師と相談しながら症状に応じた治療を選択肢しましょう。