はげは頭皮環境の悪化で進行する!今すぐできる予防・対策法

はげが進行する要因は色々ありますが、頭皮環境の悪化もそのひとつです。薄毛対策として、日頃から頭皮もケアしていますか? そこで今回は、頭皮環境の改善に今すぐ役立つシャンプーや頭皮マッサージの方法をご紹介していきます。頭皮の状態ははげの進行に大きな影響を与えるので、薄毛が気になっている方は要チェックです。

はげと頭皮の関係

そもそも、はげの進行と頭皮環境にはどのような関係があるのでしょうか。頭皮の状態が髪の毛に与える影響をみていきましょう。

頭皮の環境が悪いと育毛・発毛を妨げる

髪の毛は頭皮を土台にして生えているため、頭皮の状態が悪いと健全な育毛・発毛を妨げてしまいます。例えば、頭皮に必要以上に皮脂が溜まっていると、毛穴を詰まらせる他、雑菌が繁殖しやすくなりさらに頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

また、乾燥してうるおいのない頭皮は、髪の毛や毛根組織を保護している頭皮のバリア機能を低下させることも。バリア機能が低下すると、かゆみや炎症を引き起こして髪の毛の成長を阻害する可能性があります。

髪の毛の根元部分は頭皮の内側に埋まっているため、外から見ることはできませんが、毛根には髪の毛をつくり出す毛乳頭細胞があり、細胞分裂をくり返して髪の毛を成長させています。そのため、頭皮環境が悪くなると毛母細胞の働きが低下して元気な髪がつくられなくなってしまうのです。 頭皮から嫌なニオイやかゆみが出たりしている場合は、頭皮環境が悪化しているサインかもしれないので注意しましょう。

頭皮の血行が悪いと毛根に栄養が届かない

髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養や酸素を補給しているので、頭皮の血流が悪くなると発毛・育毛にも悪影響を及ぼしてしまいます。 髪の毛は口から摂取するタンパク質などの栄養素で構成されています。髪の成長に必要な栄養は血液を介して毛根まで届けられているため、血行が悪化すると栄養が不足して、抜け毛や薄毛を促進させることがあります。

血管は疲労やストレスを感じると収縮しやすく、頭皮や髪も栄養不足になりやすいので、不規則で忙しい生活を送っている方ははげるリスクが高いといえます。そのため、疲労やストレスはため込まず、休日などに上手にリフレッシュすることが薄毛予防につながります。 また、疲労やストレスを感じても、適切に頭皮ケアをすれば血流はある程度改善されるので、次章以降ご紹介するケアの方法をチェックしていきましょう。

 

頭皮環境改善の第一歩は正しいシャンプーから

頭皮環境を整えるために、まず見直してほしいのはシャンプーのやり方です。シャンプーは普段何気なくしている方が多いかもしれませんが、頭皮環境を改善するにはやり方に気をつける必要があります。頭皮ケアという観点ではシャンプー選びにも配慮することが好ましいので、ご紹介する内容を自分の場合と照らし合わせてみましょう。

はげ予防に役立つ正しいシャンプーのやり方

頭皮環境を改善してはげ予防につなげるには、頭皮をいたわりながら洗うことがポイントとなります。 シャンプーを「ただ汚れを落とすための行為」と思っていると、ゴシゴシと強くこすったりして頭皮にダメージを与えてしまい、抜け毛を増やすことがあります。以下のような手順で、ていねいに洗うようにしましょう。

(1)シャンプーの前に軽くブラッシングをしておく

(2)お湯で髪の毛と頭皮をしっかり濡らす

(3)シャンプーを手のひらでよく泡立てる

(4)指の腹で、シャンプーの泡をやさしくもみ込むように洗う

(5)汚れや泡が頭皮に残らないよう、しっかり洗い流す

シャンプー前に髪をとかしておくと、洗う際に絡まりにくくなり、むやみに地肌を引っ張ってしまうことがなくなります。洗うときは、爪を立てたり指でこすったりするのではなく、指の腹でマッサージするようにシャンプーの泡をなじませれば、頭皮を傷つけずに汚れもきちんと落とせます。

シャンプーというと髪を洗うイメージがありますが、薄毛対策という意味では頭皮を洗うように心がけた方がよいでしょう。適切にシャンプーをすれば、必要な皮脂を残しながら汚れを除去することができますし、血行もよくなります。

頭皮にやさしいシャンプーとは

シャンプーのやり方が適切でも、使用するシャンプー自体が不適切だと意味がなくなってしまいます。市販のシャンプーにはさまざまな種類がありますが、中にははげ予防に不向きなものもあるので注意が必要です。 はげ予防に効果があると医学的に実証されたシャンプーはありませんが、抜け毛や薄毛を防ぐには、頭皮にやさしいタイプのシャンプーを使うのがおすすめです。

例えば、低刺激のアミノ酸系シャンプーは頭皮がデリケートな状態でも使いやすいため、はげ対策に適しているといわれています。ただし、洗浄力は他のタイプと比べると控えめなので、上記でご紹介したやり方で丁寧に洗うようにしましょう。

また、髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質で、タンパク質はアミノ酸によって構成されています。その点でもアミノ酸系シャンプーは発毛・育毛によい効果が期待できます。 反対に、高級アルコール系の界面活性剤を使ったシャンプーなど、洗浄力が強いタイプは洗いすぎて頭皮を乾燥させることがあるため、頭皮にやさしいとはいえません。

 

はげ予防に役立つ頭皮マッサージ

頭皮をマッサージすると、頭皮の血流がよくなり、毛根に酸素や栄養が行き渡りやすくなります。また、頭皮の新陳代謝が活性化して発毛・育毛が促されることも期待できます。 マッサージにはリラックス効果もあるため、ストレスなどで硬くなった頭皮をほぐし、ストレス解消にも役立つでしょう。ストレスが解消されれば血流も改善されるため、より効果的です。

頭皮マッサージに期待できる効果

頭皮をマッサージすると、頭皮の血流がよくなり、毛根に酸素や栄養が行き渡りやすくなります。また、頭皮の新陳代謝が活性化して発毛・育毛が促されることも期待できます。 マッサージにはリラックス効果もあるため、ストレスなどで硬くなった頭皮をほぐし、ストレス解消にも役立つでしょう。ストレスが解消されれば血流も改善されるため、より効果的です

頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージの方法は色々ありますが、ここでは手軽にできるものを3つご紹介します。

・ 両手のひらで軽く頭を押しながら、小さな円を描くようにほぐす。

・ 両手の指の腹を頭皮に押し当て、少し力を入れて小さな円を描くようにもむ。

・ こぶしを軽く握り、その側面で頭皮全体をリズミカルに叩く。

力を入れすぎず、心地よいと感じる力加減でやりましょう。また、頭皮マッサージをする前に、首や肩もほぐしておくと血流がよくなり効果が高まります。肩を上下に動かしたり、首をまわしたりしてほぐした後、首から肩にかけて指で押すように軽くマッサージしておきましょう。

頭皮マッサージは1回あたり5分程度、1日2〜3回ずつ毎日続けるのがおすすめです。毎回同じ方法だと飽きてしまうので、上記のマッサージを組み合わせたりローテーションしたりするのもおすすめです。

 

まとめ

髪の毛は頭皮を土台にして生えているので、頭皮環境が悪化すると髪の成長が阻害されてはげやすくなることがあります。頭皮に嫌なニオイやかゆみなどがある場合は、髪の毛が育ちにくいコンディションになっている可能性があるので、シャンプーやマッサージで適切にケアしましょう。

頭皮環境を良好に保つには、頭皮をいたわるようにシャンプーすることが大切です。力を入れてゴシゴシこするのではなく、シャンプーをよく泡立て、指の腹を使ってやさしくもみ込むように洗いましょう。シャンプーは頭皮への刺激が少ないアミノ酸系のものがおすすめです。

手のひらや指の腹を使った頭皮マッサージも、頭皮の血行促進や新陳代謝の活性化に役立ちます。起床時や入浴時などに手軽にできるので、できる限り毎日続けるようにしましょう。 頭皮をこまめにケアすれば、髪の毛が成長しやすい状態に近づくはずです。ご紹介した方法を取り入れて、効果的にはげを予防しましょう。