薄毛にサプリは効く?期待できる効果とおすすめサプリメント

手軽に摂取できるサプリメントで薄毛を食い止められたらうれしいですよね。でも実際のところ、効果はどれくらいあるのでしょうか。 そこで今回は、薄毛対策によいとされるサプリメントに期待できる効果や、おすすめのサプリをご紹介していきます。サプリを利用する際に知っておきたい注意点とともにチェックしていきましょう。

サプリメントの薄毛に期待できる効果

薄毛対策として、サプリメントにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

サプリに期待するのは不足した栄養素の補助

サプリメントは、普段の食事だけでは不足しがちな栄養素を補給するのに役立つアイテムです。

内臓などの器官と同じように、髪の毛も口から摂取する食べ物などからつくられているため、栄養バランスが偏っていると髪が育たなくなってしまいます。サプリメントには特定の栄養成分が凝縮されているため、食事の補助として取り入れれば髪に必要な栄養もしっかり摂ることができます。

なお、サプリメントは医薬品ではなく健康食品の一種という位置づけで、その効果は医学的に証明されているわけではありません。つまり、体の機能を改善させる薬のような効果は認められておらず、あくまでも栄養を補給するためのものなのです。 ドラッグストアなどで市販されている育毛サプリについても、それを飲めば毛が生えるという育毛効果が実証されているわけではないことは認識しておきましょう。

ノコギリヤシにはAGA効果がある?

薄毛対策によいとされる育毛サプリには色々な種類がありますが、中でもノコギリヤシにはAGA(男性型脱毛症)の症状を改善する効果があるといわれています。

ノコギリヤシはヤシ科の一種で、複数の研究報告によると、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの生成量を減少させる効果が認められたようです。毛根周辺にDHTが増えると抜け毛が促進されるため、その生成が抑えられれば薄毛の改善につながることが予想されます。

とはいえ、ノコギリヤシのエキスを用いた研究はまだ小規模なので、有効性についての医学的根拠は完全には明らかになっていません。

 

男性の薄毛対策におすすめのサプリメント

サプリメントの位置づけを踏まえた上で、男性の薄毛対策に適したサプリ成分をいくつかご紹介しましょう。

ノコギリヤシ

前章でもご紹介したように、ノコギリヤシにはDHTを抑制し、男性に多い薄毛症状を軽減する作用があると考えられています。その医学的根拠についてはまだ完全に認められているわけではありませんが、いくつかの実験ではDHTを生成させる5αリダクターゼの働きを阻害する作用や、抜け毛の要因となる毛根の炎症を抑える作用も確認されているようです。

ノコギリヤシは天然成分なので副作用のリスクは比較的低いといわれています。とはいえ、副作用が起こる可能性はゼロではないため、体調に異変を感じたら使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

亜鉛

ミネラルの一種である亜鉛は、髪の毛の成長に必要な栄養素のひとつなので育毛サプリとしても人気があります。

亜鉛がなぜ薄毛対策によいかというと、髪の毛の主成分であるケラチンの合成をサポートする作用があるからです。ケラチンは肉や魚などから摂取したタンパク質で構成されていて、タンパク質からケラチンに変換される際に亜鉛が重要な役割を果たします。そのため、亜鉛が極度に不足するとケラチンが減り、薄毛になる可能性が高まります。

ただし、亜鉛は摂取しすぎると嘔吐や頭痛などの体調不良を招くことがあるため、手軽に摂取できるサプリを利用する際は要注意です。パッケージに記載されている用量を守り、1日あたりの上限15mgを超えないようにしましょう。

アミノ酸

タンパク質は18種類のアミノ酸で構成されています。つまり、アミノ酸が不足するとケラチンがつくられなくなり、髪の毛が細くてコシのない状態になったり、抜け毛が増えたりしてしまうため、アミノ酸をしっかり補給することも薄毛対策には有効です。

アミノ酸の中でも、髪の毛の成長にはシスチンやメチオニンが重要だといわれています。でも、特定のアミノ酸を摂取しすぎると体に異変が現れる可能性があるため、複数のアミノ酸をバランスよく補給することが大切だといわれています。

マルチビタミン

発毛や育毛に役立つビタミンには数種類あるため、複数のビタミンが配合されたマルチビタミンなら効率的に摂取できます。 薄毛対策のためにマルチビタミンを選ぶ際は、以下のようなビタミンが含まれているものを選びましょう。

・ビタミンA

・ビタミンB群(B2、B6、B7)

ビタミンAは頭皮環境を良好に保ち、新陳代謝を促す働きがあります。ビタミンB群は皮脂の分泌量をコントロールしたり、タンパク質の吸収を高めたりするのに役立ちます。 ビタミンは体内で合成できない栄養素です。そのため、食事やサプリなどで意識的に摂取する必要があります。

 

薄毛対策でサプリを使用する際の注意点

サプリメントは手軽に栄養素を補給できる便利アイテムですが、使用にあたっては気をつけるべき点もあります。主な注意点を3つ確認しておきましょう。

市販のサプリは薬局で薬剤師に相談してから購入する

サプリメントを購入する際は、あらかじめドラッグストアや薬局の薬剤師に相談しましょう。 市販のサプリは医師の処方箋がなくても購入できますが、中には過剰摂取が健康被害につながるものや、特定の薬との飲み合わせに注意すべきものもあります。また、育毛サプリの特徴や期待できる効果についても、薬剤師の観点から的確に説明してもらえるはずです。

用量を守って使う

サプリ類の容器に記載されている摂取量の目安は必ず守りましょう。サプリは薬ではないのでつい多めに摂取しがちですが、先述のように過剰摂取は体調不良につながりかねないので注意が必要です。

薬のように「食後に1錠」など摂取するタイミングと摂取量が明示されているわけではありませんが、推奨される目安量は書いてあることが多いので使用前にチェックしてください。

薬と併用しない

健康効果が高まると思って、薬とサプリメントを一緒に服用する方もいますが、基本的に併用はNGです。 例えば、フェニトイン配合の抗てんかん薬を服用している方がビタミンB6を摂取すると、薬の効果が弱まってしまいます。飲み合わせによっては薬の副作用が増強されたり、疾患の発症リスクを高めたりすることがあるため、自己判断で薬とサプリを併用するのは控えてください。どうしてもサプリを利用したい場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

まとめ

薄毛対策によいとされるサプリメント類は、髪の毛の成長に必要な栄養素を補給するのに役立ちます。サプリは薬ではなく、医学的に発毛・育毛効果が認められているわけではありませんが、食事だけでは不足しやすい栄養素を補うのには有効だといわれています。

男性に多い薄毛への対策としては、タンパク質を構成するアミノ酸や、ケラチンの合成をサポートする亜鉛などのサプリがおすすめです。また、頭皮環境の改善に役立つビタミンAや皮脂量を調整するビタミンB群などをまとめて摂取できるマルチビタミンもよいでしょう。 最近では、AGAの原因となるDHTを抑制するノコギリヤシも注目されています。ノコギリヤシの医学的な効果は完全には明らかになっていませんが、複数の研究で薄毛の改善効果が確認されているため、薄毛対策の選択肢に加えてもよいかもしれません。

サプリメントは上手に活用すれば必要な栄養を補い、発毛・育毛をサポートできる可能性があります。購入の際は薬剤師に相談し、用量・用法を守りながら摂取しましょう。