薄毛は美容室で悩み解消?メンズのための美容室講座

髪型で薄毛をカバーしたい男性におすすめなのがパーマヘアです。パーマをかけると髪のボリュームを多く見せられる上、いつもと違う方向に髪を流せるので、薄毛を自然にカバーできます。 そこで今回は、薄毛対策に適したパーマを取り入れた髪型や、パーマヘアのセットのコツをご紹介します。パーマが髪や頭皮に与える影響とともにチェックしましょう。

薄毛で悩むメンズこそ美容室へ行くべき!その理由

薄毛に悩む方が美容室へ行くべき理由として次の3点が挙げられます。

頭皮や髪の状態を見てもらえる

最初の理由として挙げられるのが、相談すれば「頭皮や髪の状態を見てもらえる」こと。

髪のプロに、自分ではチェックしづらい頭皮や髪の状態を確認してもらえることは大きな利点です。 医師ではないので薄毛を治療することはできませんが、現状に基づいて髪のプロならではのアドバイスをすることはできます。ケースによっては、頭皮マッサージの方法や髪に優しいシャンプーなどを教えてくれることもあります。

恥ずかしいと思うかもしれませんが、髪のプロである美容師さんは毎日のようにたくさんの薄毛を見ています。「見飽きるほど」と表現する美容師さんもいるくらいなので、薄毛だからといって特別な対応をされることはありません。自信をもって、頭皮と髪の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

薄毛をカバーする髪形を提案してもらえる

2つ目の理由が、「薄毛をカバーする髪型を提案してもらえる」こと。

豊富な経験を持つ美容師さんは、薄毛のタイプごとに似合う髪型を熟知しています。例えば、M字ハゲにはこの髪型、O字ハゲにはこの髪型、などのように。 もちろん、理容師さんも薄毛をカバーする髪型を熟知していますが、トレンドを追いかけることは苦手です。つまり、美容師さんに相談すれば、薄毛をカバーできるお洒落な髪型を提案してもらえるのです。

髪が薄くなると老けて見えるので、これまで以上にお洒落や若々しさを意識することが重要になります。よって、薄毛の方こそ美容室へ行くべきと言えます。

薄毛をカバーするセット方法を教えてもらえる

3つ目の理由が、「薄毛をカバーするセット方法を教えてもらえること」です。

薄毛を他人に見られたくないなどの理由で、自分でカットしていると薄毛をカバーするセット方法は分かりませんよね。思い切って美容師さんに相談すれば、薄毛を目立ちにくくするセット方法を教えてもらえます。

セット方法さえわかれば、美容師さんの手を借りなくても思い通りのヘアスタイルが決まります。つまり、美容室でカットした翌日以降も、薄毛をカバーするヘアスタイルを維持できます。この点も、美容室へ行く利点と言えるでしょう。

薄毛に悩むメンズのための美容室もある

以上の理由があると聞いても、美容室へ通うことを躊躇する方はいるはずです。興味はあるものの恥ずかしさが勝ってしまう方などは、薄毛男性専門の美容室を選ぶとよいかもしれません。 薄毛の悩みを熟知している美容師さんが在籍していることはもちろん、全室個室などの配慮がなされているので安心して通えます。専門的なアドバイスを受けられる点も魅力です。近くにある薄毛男性専門の美容室を探してみてはいかがでしょうか。

 

失敗しない美容室との付き合い方

3つの理由を知って、美容室へ通いたくなった方が多いかもしれませんね。薄毛の悩みを解決するには、単に美容室へ通うだけでなく上手に付き合う必要があります。続いて、美容室と付き合う上で、気を付けたい3つのポイントを解説します。

薄毛の悩みを打ち明ける

最初のポイントとして挙げられるのが、薄毛の悩みを打ち明けること。悩みを打ち明ける理由は、美容師さんから適切なアドバイスを受けるためです。

シャンプー・カットをすれば、美容師さんは薄毛であることに気づきます。しかし、本人から薄毛で悩んでいることを打ち明けられないと、適切なアドバイスを送ることは出来ません。「他人に指摘されると嫌な気分になるのでは?」などの考えが浮かぶからです。

薄毛をカバーする髪型を提案してほしいなどの希望がある方は、最初に薄毛で悩んでいることを伝えましょう。恥ずかしいかもしれませんが重要なポイントです。先ほど説明した通り、美容師さんは薄毛に悩む方の対応に慣れています。また、髪の状態を見て薄毛であることに気づいています。薄毛で悩んでいることを打ち明けても、驚かれることはありません。安心して相談してください。

毎回決まった美容師さんにお願いする

2つ目のポイントとして挙げられるのが、指名する美容師さんを決めておくことです。担当を変えると、そのたびに薄毛で悩んでいることを伝えなくてはならないので心理的な負担が大きくなります。また、継続性がなくなるので、薄毛の進行具合を定期的にチェックすることも難しくなります。

指名する美容師さんは、出来れば男性が良いでしょう。同じ男性であれば、悩みを共有しやすいからです。特に、薄毛に悩む男性の美容師さんはオススメです。もちろん、信頼できる方であれば女性の美容師さんでも構いません。薄毛の知識やこれまでの経験などをチェックしておくと安心です。

長期間にわたり同じ美容師さんにカットしてほしいなどの希望がある方は、美容師さん1人体制のプライベートサロンを選ぶと良いでしょう。美容師さんがオーナーであれば、担当者が変わる心配はありません。

オーダーするときは具体的に・写真などを持参

続いてのポイントは、オーダーに関すること。希望の髪型がある場合は、出来るだけ具体的に伝えましょう。 例えば、芸能人の○○さんのような髪型などのようにオーダーすると、イメージを的確に伝えられます。

さらに具体的に伝える方法が、写真を持参することです。仕上がりのイメージを詳細に伝えられるので、思い描いていた髪型と違うなどの失敗を減らせます。

注意点は、薄毛の影響でイメージそのままに仕上げられない恐れがあること。美容師さんは髪のプロなので、イメージそのままに仕上げられない場合は新たな提案をしてくれるはずです。仕上がりイメージを共有しながら、細部は相談しつつ決めていくと満足いく髪型になります。

 

美容室でできる薄毛をカバーできる髪形

以上のポイントに気を付ければ、美容室と上手に付き合うことが出来るはずです。良好な関係を築いた美容師さんは、どのような髪形を提案してくれることが多いのでしょうか。薄毛の方にオススメされることが多い3つの髪型を紹介します。

ツーブロック

提案されることが多い髪型のひとつがツーブロックです。

ツーブロックとは、トップの長さを残して、サイドもしくはアンダーを刈り上げる髪型。40歳以上の方は昔の髪型と思うかもしれませんが、数年前から再流行しています。

薄毛をカバーできる理由は、サイドを短く刈り上げることでトップのボリュームを強調できるから。ただし、トップを長く残し過ぎると、重みでつぶれてボリュームを出せないことがあります。長さは美容師さんと相談しつつ決めると良いでしょう。

ベリーショート

ベリーショートも薄毛の方に似合う髪型といわれています。薄毛をカバーできる理由は、髪を短くカットすることで厚みと動きを出しやすくなるから。清潔感が増すなどの理由で女性の評価が高い点もポイント。生え際の薄毛が気になる方などにオススメです。

坊主

少し大胆ですが、坊主も薄毛の方に似合うといわれています。髪を短くカットすることで、薄毛そのものが目立たなくなるからです。 坊主といってもアレンジは多彩です。スキンヘッドからお洒落坊主まで選択肢はあります。美容師さんと相談しつつ、自分に似合うスタイルに仕上げてもらうことが重要です。

坊主にするために美容室へ通うなんてばからしいと思うかもしれませんが、髪が短くなるほど技量の差は目立ちます。頭の形を綺麗に見せるなどの配慮が必要だからです。 薄毛を隠しつつお洒落を楽しみたい方は、出来るだけ美容室で坊主にしましょう。

 

まとめ

美容師さんは薄毛に悩む男性のコンプレックスを解消する方法を熟知しています。よって、薄毛の男性こそ美容室へ通うべきと言えます。恥ずかしいかもしれませんが、勇気をもって相談すると薄毛をカバーする髪型を提案してもらえるはずです。薄毛にお悩みの方は、美容室で相談してみてはいかがでしょうか。