頭皮ケアに保湿が重要な理由!保湿ローションほかおすすめケア用品も紹介

薄毛が気になる場合は、頭皮ケアを心がけましょう。頭皮ケアには、保湿や血行を促すケアなどがあります。頭皮の保湿とは、頭皮に水分を与えてうるおった状態を保つことです。頭皮ケアのうち、保湿ケアを怠ることで、頭皮がカサカサと乾燥してしまう可能性があります。ここでは、頭皮ケアに保湿が重要な理由とおすすめのケア用品をご紹介します。

頭皮ケアに保湿が効果的な理由

頭皮ケアは、特に意識していなかったという方は多いのではないでしょうか。劇的な効果は見込めませんが、頭皮ケアは健やかな髪の成長を促すことに繋がります。

頭皮の乾燥が薄毛を招く

頭皮が乾燥すると、薄毛を招く可能性があります。頭皮が乾燥している状態とは、すなわち水分を保つヒアルロン酸やセラミド、皮脂などが少ない状態です。特に、皮脂は間違った洗髪などが原因で少なくなるため、間違った洗髪が習慣づいているとトラブルに発展しやすいものなのです。

頭皮が乾燥している状態では、健やかな頭皮であれば問題にならないような小さな刺激でも炎症が起きてしまいます。頭皮に炎症が起こると、発毛に何らかの影響を与え、薄毛になる可能性があります。

頭皮を乾燥させる要因

頭皮は、次のような要因で乾燥します。

・空気の乾燥

冬は、湿度が低く空気が乾燥しています。空気が乾燥していると、頭皮の水分までも取り除かれてしまい、常に乾燥した状態になりがちです。冬以外の季節でも頭皮が乾燥する場合は、空気の乾燥以外の原因がある可能性が高いので注意しましょう。冬は、外出前に保湿ケアするなど対策が必要です。また、外気に触れないように帽子をかぶることも効果的です。

・間違った洗髪

爪を立ててゴシゴシ洗ったり、1日に何度も洗髪したりすると、頭皮が乾燥してしまいます。また、ドライヤーを近くから同じところばかりあてることも乾燥に繋がります。その他、タオルでゴシゴシとふき取ることも問題となります。このように、洗髪から乾かすところにまで乾燥の原因があるため注意が必要です。

・洗浄力が強すぎるシャンプー

シャンプーには、界面活性剤が含まれています。石油系界面活性剤は洗浄力が強く、必要な皮脂を洗い流してしまう場合があります。毎日、洗浄力が強すぎるシャンプーで洗髪すると、常に頭皮が乾燥するようになるため、気をつけましょう。

・摩擦

頭皮をかきむしる行為は、乾燥を招きます。頭皮がかゆい場合は、すでに乾燥している可能性があり、その状態でかきむしると炎症が起こる恐れもあります。

・強い紫外線に当たる

強い紫外線は頭皮を乾燥させたり炎症を引き起こしたりします。真夏に出かける場合は、頭皮用の日焼け止めローションを塗ったり帽子をかぶったりして乾燥を防ぎましょう。

上記のように、頭皮は様々な原因で乾燥するため、日常生活を見直すことが大切です。

 

頭皮ケアに役立つ保湿アイテム

頭皮ケアに役立つアイテムと言えば、保湿ローションや保湿成分配合のシャンプー、自然由来のオイルなどです。

保湿を目的とした保湿ローション

保湿ローションは、保湿を目的としたケアアイテムです。さらさらとしているため、髪が多い人でも塗りやすくなっています。保湿ローションによっては、ヒアルロン酸やセラミドなど水分を保つ成分が含まれており、より高い保湿効果が期待できます。

保湿成分を含んだシャンプー

普段から使っているシャンプーの洗浄力が強すぎる場合は、適切な洗浄力のシャンプーに換えることをおすすめします。また、保湿成分が含まれたシャンプーであれば、より一層頭皮の健康を守りやすくなるでしょう。

おすすめは、アミノ酸系のシャンプーのうち保湿成分が含まれたものです。アミノ酸系洗浄成分は、頭皮を優しく洗い流してくれるため、必要な皮脂を残すことができます。そして、保湿成分が配合されているものであれば、頭皮を保護して乾燥を抑えてくれます。

アミノ酸シャンプーには、髪にツヤを与えるシリコンが含まれていないものが多いため、パサついた仕上がりになることがあります。気になるかもしれませんが、その後の保湿ローションでのケアでうるおうため、心配はいりません。それでもパサつく場合は、シリコンが含まれたアミノ酸系シャンプーを検討しましょう。

自然由来のオイル

オイルには、皮脂と同じような役割があります。水分の蒸発を抑え、外部刺激に強い頭皮にしてくれるため、保湿ローションの後に使用することをおすすめします。また、オイルの中には化学物質が含まれているものもあり、人によっては刺激を感じることがあります。そのため、自然由来のオイルの方が安心して使えると言えるでしょう。

ただし、自然由来でもアレルギーのリスクがあるため、頭皮に刺激を感じた場合は使用を中止することが大切です。

保湿効果がある医薬品

頭皮の乾燥がひどい場合は、医療機関を受診することをおすすめします。場合によっては、保湿効果がある医薬品を処方してもらえます。市販の保湿アイテムよりも高い効果が期待できます。

ただし、副作用が現れるリスクも高いため、頭皮に刺激を感じるなど症状が現れた場合は使用を中止して、医師に相談しましょう。他の保湿効果がある医薬品を処方してもらえる可能性があります。

 

シャンプー前後に保湿がポイント!効果的な頭皮ケア

保湿のタイミングは、シャンプーの前後です。シャンプーによって頭皮が乾燥しやすくなるため、シャンプー前の保湿で防ぐことが大切です。そして、シャンプー後は水分が蒸発してしまうため、保湿ケアをしましょう。

シャンプー前にオイルで保湿

シャンプー前にオイルで保湿しましょう。オイルは、皮脂と同じような役割を果たしてくれるため、シャンプーで皮脂が取り除かれすぎるのを防いでくれます。正しく髪を洗っているつもりでも、皮脂を落としすぎてしまうことがあるため、毎日の習慣にすることが大切です。

オイルは油なので、つけすぎるとべたつきます。そのべたつきを取り除くために、何度もシャンプーをしたりゴシゴシ洗ったりしてしまいがちなので、つけすぎないように注意しましょう。 量は、ティースプーン1杯程度の量を頭皮になじませて、そのまま5~10分放置します。それから、普段通りに洗髪しましょう。皮脂の分泌が多いため、オイルを使いたくないという方もいますが、実は皮脂の分泌は乾燥が原因で起きている可能性があるのです。

シャンプー後は保湿ローションで頭皮ケア

保湿ローションを塗ってからオイルでコーティングするイメージでケアしてください。また、頭皮マッサージをすることで、血行を促して頭皮環境を整えることができます。その際には、頭皮を傷つけないように爪を立てずにケアすることが大切です。

保湿ケアをしても頭皮が乾燥する場合は、ストレスや水分不足、何らかの病気などが考えられるため、気になる場合は医師に相談しましょう。

 

まとめ

頭皮の保湿ケアは、薄毛を改善することを目的としていません。乾燥を防ぎ、頭皮に刺激が及ぶことで頭皮環境が悪化することを防ぐのが目的です。頭皮環境の悪化は薄毛に繋がるため、薄毛対策のために保湿ケアが欠かせません。

保湿ローションやオイル、医薬品などがありますが、まずは保湿ローションとオイルを使いましょう。医薬品は医師に処方してもらうことになるため、通院が必要になります。市販の保湿ローションやオイルを使えば通院の必要がありませんので、自分に合ったものを探すとよいでしょう。頭皮に刺激を感じないか、必ずチェックしてから使うようにしてください。少量だけ使って、痛みやヒリヒリなどの症状が現れた場合は、使用を中止することが大切です。これは、医薬品にも同じことが言えるので、医薬品だから大丈夫と思いこまないようにしましょう。保湿ケアは、毎日の洗髪前と洗髪後に行うようにして、頭皮環境を整えてください。