頭皮ケアブラシの効果と使い方!おすすめの頭皮ケアブラシとは

薄毛などにお困りの方の中には、頭皮ケアブラシで対処したいと考えている方がいるかもしれませんね。お手軽な方法ですが、具体的にどのような効果を期待できるのでしょうか。また、どのように使えばよいのでしょうか。これらの点を解説するとともにおすすめの頭皮ケアブラシを紹介します。興味をお持ちの方は、参考にしてください。

頭皮ケアブラシってどんなもの?

何となく育毛に良いと思われがちな頭皮ケアブラシ。具体的に、どのようなブラシを指すのでしょうか。最初に、頭皮ケアブラシの特徴などを解説します。

そもそも頭皮ケアブラシとは

頭皮ケアブラシとは、ブラッシングをすることで頭皮環境を整えられるブラシ。頭皮環境と髪の成長には密接な関わりがあるので、育毛にも良いと考えられることがあります。

注意点は、どこからどこまでを頭皮ケアブラシと考えるか線引きがないこと。購入は、ヘアケアグッズを扱う店舗やネット通販などで行えます。気軽に試せる頭皮ケアグッズ、育毛グッズといえるでしょう。

頭皮ケアブラシの種類と特徴

頭皮ケアブラシは、使用する目的でいくつかの種類に分類することができます。育毛目的で使用されることが多い頭皮ケアブラシは次の2つです。

・パドルブラシ

頭皮マッサージを目的としている方から利用されているのがパドルブラシです。パドルとは、カヌーで使用する櫂(カイ)のこと。つまり、パドルに似た形状をしているブラシをパドルブラシといいます。

通常のブラシとの違いは、弾力性の高いブラシが多いこと。パドルブラシは頭皮に負担をかけづらいので、頭皮マッサージに向いているとされています。 パドルブラシのもう一つの働きが、絡まった髪を解きほぐすこと。洗髪前にパドルブラシでブラッシングしておくと、髪の絡まりを解きほぐせるので抜け毛などを防ぎやすくなります。

・シャンプーブラシ

頭皮の汚れなどを気にする方から利用されているのがシャンプーブラシです。シリコンなど、柔らかい素材で出来ている点が特徴です。頭皮を優しく洗い上げる働きや頭皮をマッサージする働きなどを期待できます。洗髪時に爪を立ててしまう方や強く擦ってしまう方は利用を検討するとよいかもしれません。

 

頭皮ケアブラシに期待できる効果

頭皮ケアブラシの種類と特徴が分かったところで気になるのが、期待できる効果ですよね。頭皮ケアブラシには次の効果を期待できます。

血行を促し育毛をサポート

頭皮ケアブラシに期待できる主な効果は、頭皮を刺激して血行を改善すること。育毛に効果的といわれる理由は、髪の成長に必要な栄養や酸素が頭皮を流れる血液に乗って運ばれているから。 つまり、頭皮ケアブラシで頭皮を刺激すると、血行が良くなるので髪に栄養や酸素を届けやすくなります。髪の健康な成長を促せるので、頭皮ケアブラシは育毛に良いといわれているのです。

ただし、頭皮ケアブラシに期待できる育毛効果は医学的に証明されていません。適切に用いれば髪に良い影響を与えられると考えられますが、過度な期待は禁物です。

また、抜け毛の原因が血行不良以外にある場合、適切に用いても期待する効果を実感できない恐れがあります。このタイプの抜け毛の代表がAGA(男性型脱毛症)です。AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてレセプターと結びつくことなので、血行を改善しても抜け毛がなくなるなどの効果は期待できません。もちろん、全く無意味というわけではありませんが、原因に合わせた対処が必要です。

ブラシで叩くのは効果的?

頭皮ケアブラシの使用を検討している方の中には、頭皮を叩くものと考えている方がいるようです。以前、このような使用方法を勧めていたブラシがあったためと思われますが、頭皮をブラシで叩くことはおすすめできません。血行を促進できたとしても、頭皮に大きなダメージを与えてしまうからです。

育毛のポイントは、頭皮の血行を改善することと頭皮環境を正常に保つことです。頭皮にダメージを与えると頭皮環境は乱れてしまいます。血行を改善しても、育毛に悪影響を与えてしまうかもしれません。 髪の健やかな成長をサポートしたい方は、頭皮へ与える刺激を抑えつつ血行を促進する必要があります。よって、頭皮ケアブラシで頭皮を叩くことはおすすめできません。

 

頭皮ケアブラシの使い方&注意点

以上の通り、頭皮はとてもデリケートです。やみくもに頭皮ケアブラシを使用すればよいというものではありません。頭皮ケアブラシはどのように使用すればよいのでしょうか。押さえておきたい使い方や注意点を解説します。

朝のブラッシングが効果的

最初に注意したいポイントは、ブラッシングのタイミングです。男性の場合、夜の洗髪後だけブラッシングする方が多いかもしれませんが、出来れば朝もブラッシングしましょう。起床後にブラッシングすることで、寝ている間に滞った頭皮の血行を改善することができるからです。

また、就寝中に絡まった髪をほどけるので、抜け毛などのトラブルも防ぎやすくなります。朝のヘアスタイリング前に軽くブラッシングすると良いでしょう。

力を入れずゆっくり動かす

ブラッシングのポイントは、力を入れずにゆっくりブラシを動かすこと。髪や頭皮をなでるように行います。刺激が足りないと感じるかもしれませんが、刺激が強すぎると頭皮に負担をかけてしまいます。男性は力をこめすぎている方が多いので、少し物足りないと感じる程度を意識するとよいかもしれません。

髪が絡まってもひっぱらない

ブラッシングをしていると髪が絡まることがあります。強くひっぱって絡まりを解きたくなりますが、強くひっぱることはおすすめできません。髪が抜けて頭皮にダメージを与えることがあるからです。

おすすめの対策は、根本からではなく毛先からブラッシングすること。毛先から絡まりを解いていくことで、途中でひっかかることはなくなります。

必要以上にブラッシングしない

頭皮の血行を促進できるので育毛に積極的に取り組みたい方の中には、1日何度もブラッシングをしたいと考える方がいるはずです。気持ちは分かりますが、必要以上にブラッシングすることもおすすめできません。必要以上にブラッシングをすると、気を付けていても頭皮に負担をかけることや髪にダメージを与えることなどがあるからです。育毛を妨げる恐れがあるので、ブラッシングは適度な回数にとどめましょう。

 

まとめ

頭皮ケアブラシには、頭皮を刺激して血行を促進する働きを期待できます。髪の成長に必要な栄養や酸素は血液に乗って運ばれるので、頭皮ケアブラシは育毛に役立つ可能性があると考えられています。興味のある方は、パドルブラシやシャンプーブラシなどを利用すると良いでしょう。

ただし、頭皮にかける負担には気をつける必要があります。力をこめすぎる、必要以上に行うなどすると、逆効果になるかもしれません。紹介したポイントを参考に、頭皮のブラッシングに取り組みましょう。