その体臭、病気のサインかも? においの種類と原因となる病気

体の状態によって、体臭や口臭が変化することをご存知でしょうか?ニンニクを食べたり、お酒を飲んだりすると、確かに口臭や汗が臭くなったりします。しかし、においが気になるものを取らなくても、病気になるとにおいが変化するのです。しかも、病気によって特有のにおいがあることがわかっています。

体臭は病気が隠れている可能性も

特に思い当たる理由がないのに、体臭が気になる、普段とは違うにおいがするという時は、病気のサインかもしれません。

一般的なにおいとは

個人差はありますが、どんな人にも多かれ少なかれ体臭や口臭があります。私たちの体には全身に汗腺があり、体温調節のために必要な汗を分泌しています。この汗の成分はほとんどが水分でにおいはありませんが、皮膚の常在菌によって分解されると体臭を発するようになります。特に足の裏には汗腺が多いので汗をかきやすく、靴の中で蒸れるとにおいはより強くなります。

一方、脇の下や性器などにあるアポクリン腺という汗腺からは、独特のにおいで異性をひきつけるフェロモンの役割を持った汗が分泌されています。

さらに、食事の内容や口の中の状態によっては、口臭がすることもあります。こうしたにおいは一般的なもので、エチケットとして気にする必要はあっても、健康に関わるような心配は基本的には不要です。

こんなにおいには要注意

注意したいのは、今まで感じたことないようなにおいがしたり、においが急に変わったりした時です。自分では気づいていない病気が隠れているかもしれないからです。

病気にかかると、体の中で作られる物資に変化が起こります。体調を回復するために、元気な時には不要な物質も作られるようになります。こうした物質が血流によって全身に運ばれ、汗や息に混じることで、普段とは違うにおいを感じるようになるのです。それぞれの物質には特有のにおいがあるため、体臭、口臭が病気を判断する手がかりになります。かいだことのない強いにおいを感じるなど、体臭の変化に気づいたら、病気のサインだと考えて病院を受診しましょう。

 

体臭の原因となる病気(1)糖尿病

糖尿病は、特有の体臭を伴う代表的な病気のひとつです。

糖尿病とは

糖尿病は血糖値を下げるインスリンというホルモンの量が少ない、あるいは十分に機能しないことにより、高血糖の状態に陥る病気です。食事から糖質を取ると血糖値は急激に上昇しますが、すぐにすい臓からインスリンが分泌されて元の状態に戻ります。

しかし、糖尿病の人はインスリンがきちんとその役割を果たせないので、血糖値がなかなか戻りません。高血糖の状態が長く続くと、全身の血管がダメージを受けて動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。

さらに悪化すると、毛細血管もダメージを受けて、「3大合併症」と呼ばれる神経、目、腎臓の障がいが起こるおそれがあります。初期の段階では自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行するので、早期発見早期治療がとても大切です。

糖尿病で発生する体臭

糖尿病になると、初期段階では尿や汗、体から甘いにおいがして、進行すると甘酸っぱいにおいに変わります。インスリンがうまく効かなくなると、食事から取った糖質をうまくエネルギーに変換できなくなり、糖質の変わりに脂肪が燃やされてエネルギー源になります。この時に、体の中でできるのが「ケトン体(アセトン)」という物質です。ケトン体は甘いにおいが特徴で、血流に乗って全身を巡り、尿や汗、吐息に混じることで、甘い体臭を感じるようになります。

 

体臭の原因となる病気(2)脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮脂が原因で起こり、強い体臭を伴うことがあります。

脂漏性皮膚炎とは

皮脂には、肌や髪を紫外線の刺激や乾燥から守る役割があり、健康なコンディションを保つために欠かせません。しかし、何らかの理由で皮脂の分泌が盛んになり過ぎると、毛穴に詰まって皮膚の新陳代謝を阻害し、吹出物やフケの原因になります。

脂漏性皮膚炎は、過剰な皮脂によってカビの一種の真菌が繁殖し、皮膚が炎症を起こしている状態です。顔や頭皮に多く見られ、かゆみやかさつき、皮膚の赤み、フケなどを伴います。単なる肌荒れとは違い、真菌が関わっている皮膚疾患なので、適切な治療をうけないと悪化、慢性化するおそれがあります。

脂漏性皮膚炎で発生する体臭

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌と、真菌の繁殖によって起こります。このため、頭皮に起こった場合には、頭のにおいが強くなることがあります。洗髪が不十分と勘違いして、シャンプーでゴシゴシ洗うとかえって悪化させることがあるので、気をつけてください。においやフケに加えて、頭皮の赤みやかゆみ、乾燥が見られる、少し改善しても再発を繰り返すという場合は、脂漏性皮膚炎の可能性が高いので、早めに皮膚科を受診しましょう。

 

体臭の原因となる病気(3)肝硬変

肝硬変は生命に危機が及ぶこともある病気なので、体臭の変化には十分気をつけてください。

肝硬変とは

アルコールの摂取やウイルス感染などが原因で、長期間にわたって肝細胞がダメージを受けると、次第に健康な肝細胞が少なくなります。その結果、肝臓にかさぶたのような組織が増えて硬くなり、機能が大きく低下した状態が肝硬変です。肝硬変が悪化すると、肝がんに発展するリスクが高く、最終的には肝不全を起こして生命に関わるおそれがあります。肝臓の機能が極端に低下するので、さまざまな合併症も起こりやすくなります。

肝硬変で発生する体臭

肝硬変が進行すると体や息からアンモニア臭がします。健康な人の場合、体内のたんぱく質を分解する際に発生するアンモニアは、肝臓に送られて処理されます。しかし、肝硬変になると、この処理機能が果たせなくなり、処理できなかったアンモニアが体の表面や吐息から放出されて、独特のにおいがします。肝硬変は肝機能障害がかなり進行した状態なので、ドブを思わせるようなアンモニア臭に気づいたらすぐに病院を受診してください。

 

体臭の原因となる病気(4)腎不全

腎不全は進行すると透析や腎移植が必要になることもある病気です。

腎不全とは

腎不全は腎臓の機能が低下した状態で、急性腎不全と慢性腎不全があります。急性腎不全は、脱水やショック状態、薬などが原因で起こり、1日〜数週間という短期間で腎臓の機能が急激に低下します。適切な治療を受けると、腎臓の機能が回復する見込みがあります。

一方、慢性腎不全は数カ月〜数十年という長い期間をかけて、次第に腎臓の機能が低下していきます。腎臓の機能低下に伴って、夜間頻尿、むくみ、高血圧といった症状が現れ、老廃物がうまく排出できないので、疲労感、吐き気、食欲不振といった不調に悩まされます。慢性腎不全になると、腎臓の機能を取り戻すのは困難で、最終的には透析や腎移植が必要となります。

腎不全で発生する体臭

腎臓の機能が低下すると、アンモニア臭を感じるようになります。においが起こる仕組みは肝硬変と同じです。食事から取ったたんぱく質が体内でエネルギーとして利用される際、アンモニアが生成されます。健康な人の場合、こうしてできたアンモニアは肝臓で毒性の弱い尿素に変えられ、腎臓から尿と一緒に体外の外に出されます。しかし、腎機能が低下していると尿素を排出することができません。体内の尿素が増える一方になり、肝臓のアンモニアの分解も止まり、汗や呼気にそのにおいが混じるようになります。

アンモニア臭を感じるということは腎機能の低下がある程度進んでいると考えられます。すぐに病院を受診しましょう。

 

まとめ

飲み食いしたものが体臭に影響を与えるように、病気になって体調が変化してもにおいとなって現れます。病気になることで、体内で合成される物質が変化し、においに影響を与えるからです。病気にはそれぞれ独特のにおいがあります。体臭・口臭の変化に気づくことは、早期発見・治療のためにも役立つので、病気のサインとなるにおいを知っておきたいものです。