頭皮ケアでにおい対策!頭皮が臭い原因は?

ふとした瞬間に頭皮のにおいが気になることはありませんか。同僚や友人に迷惑をかけていないか心配になりますよね。おすすめの対策として挙げられるのが頭皮ケアです。具体的に、どのような頭皮ケアが有効なのでしょうか。頭皮がにおう原因とおすすめの頭皮ケアを解説します。お困りの方は参考にしてください。

頭皮のにおいの原因とは

頭皮のにおいが気になる方は、においの原因を把握しておきましょう。原因を把握することで適切な対応が可能になります。頭皮のにおいの原因は、大きく次の2つに分かれます。

汗と皮脂の酸化

ひとつ目の原因として挙げられるのが汗と皮脂の酸化です。頭皮には、汗を分泌する汗腺と皮脂を分泌する皮脂腺がたくさんあります。よって、においが発生しやすい部位といえるでしょう。

基本的に汗は無臭ですが、疲労などの影響でにおいを発することがあります。肝機能が低下して、体内で発生したアンモニアを処理しきれなくなるからです。アンモニアは、タンパク質を分解するときなどに発生します。また、汗と一緒に乳酸が排出されることも、においの原因になります。常在菌に分解されるとにおいを発するからです。かいた汗を放ったらかしにしておくと、頭皮のにおいが強くなるかもしれません。 皮脂は、酸化すると古びた食用油のようなにおいを発します。毛穴に詰まった皮脂は酸化しやすいといわれているので、頭皮ケアを怠っている方は注意が必要です。

皮脂の分泌量はライフスタイルから影響を受けます。動物性たんぱく質を多く摂っていると分泌量は増えます。頭皮のにおいが気になる方は、食生活にも気をつけましょう。

常在菌が排出する脂肪酸

2つ目の原因として挙げられるのが、頭皮に生息する常在菌の影響です。常在菌とは、私たちの皮膚や粘膜などに存在する微生物。代表的な常在菌として、表皮ブドウ球菌・アクネ菌・マラセチア菌などが挙げられます。

常在菌は、主に汗や皮脂などを餌に活動しています。何かしらの理由で、頭皮の汗や皮脂を処理できない、汗や皮脂の分泌量が増えるなどすると、特定の常在菌が急激に増殖することがあります。増殖に必要な餌が豊富にあるからです。急激に増殖した常在菌が大量の脂肪酸を排出することも頭皮のにおいの原因になります。

 

においをなくす頭皮ケアの基本は正しいシャンプー

以上、さまざまな原因により頭皮のにおいは発生します。気になる方は頭皮ケアに取り組むと良いでしょう。有効な頭皮ケアとして挙げられるのがシャンプーです。なぜ、シャンプーが有効といえるのでしょうか。

シャンプーをしないと頭皮に皮脂が溜まりにおいの原因に

シャンプーが有効といえる理由は、においの原因になる汗や皮脂を洗い流せるから。身近な頭皮ケアですが、におい対策にとても有効です。 ただし、ただ頭皮を洗えばよいというわけではありません。方法を間違えるとかえってにおいを強くしてしまうこともあります。シャンプーはどのように行えばよいのでしょうか。

においをなくすための正しいシャンプー方法

においをなくすための正しいシャンプー方法は次の通りです。

1.シャンプー前にブラッシングをして、髪についたホコリなどを落とす。

2.38度程度のお湯で、頭皮をしっかりと予洗いする。

3.手のひらに適量のシャンプーをとって、よく泡立てる。

4.頭皮に3のシャンプーを塗布する。

5.指の腹で頭皮をマッサージするように洗う。

6.すすぎ残しが無いように時間をかけて丁寧にすすぐ。

7.タオルで優しく包み込むようにドライする。

8.ドライヤーで乾かす。

続いて、ポイントを解説します。

シャンプーで使用するお湯は38度程度のぬるま湯が最適です。お湯が熱すぎると、頭皮に負担をかけてしまうからです。しっかり予洗いすることも重要なポイント。髪をしっかり濡らすことで、シャンプーを付けたときの摩擦などを防げます。

指の腹で頭皮をマッサージするように洗う理由は、爪を立てると頭皮を傷つけてしまうからです。頭皮環境が乱れると様々なトラブルに発展する恐れがあります。物足りなく感じるかもしれませんが、頭皮は優しく洗いましょう。

シャンプー後は、出来るだけ早く頭皮と髪の毛を乾かす必要があります。濡れたまま放っておくと、頭皮が蒸れて常在菌の繁殖に適した環境になるからです。シャンプー後は、タオルとドライヤーで出来るだけ早く頭皮と髪を乾かしましょう。

シャンプーの選び方も大切

頭皮のにおいが気になる方は、シャンプー選びにも注意が必要です。基本のポイントは、洗浄力が強すぎるシャンプーを避けること。 洗浄力が強すぎるシャンプーを使用すると、頭皮に生息する常在菌のバランスが狂いやすくなります。悪い働きをする悪玉菌が繁殖するとにおいは強くなってしまいます。

また、洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。必要な皮脂を奪われた頭皮では、防衛反応により皮脂の分泌量が増えます。多すぎる皮脂も、においの原因になる恐れがあります。 頭皮のにおいが気になる方は、洗浄力が穏やかなシャンプーを選びましょう。

いわゆる育毛シャンプーは、頭皮や髪に優しい成分を含むものが多いので頭皮ケアに最適かもしれません。あるいは、不要な皮脂や汚れだけを落とすといわれるアミノ酸系シャンプーもオススメです。色々な商品が登場しているので、自分に合っているものを探してみるとよいでしょう。

 

においをなくすにはオイルでの頭皮ケアも有効

以上の頭皮ケアを行えば、頭皮のにおいを予防できるはずです。効果を実感できない方は、オイルを使った頭皮ケアに取り組むとよいかもしれません。オイルを使った頭皮ケアがなぜ有効なのでしょうか。

オイルでの頭皮ケアでにおいの元の皮脂を落とす

頭皮のにおいを予防するために重要なポイントは、においの原因である皮脂を取り除くこと。頭皮の皮脂は基本的にシャンプーで落とせますが、毛穴周辺にこびりついた皮脂は落としづらいといわれています。

こびりついた皮脂に有効と考えられているのがオイルです。皮脂も油なので、オイルとはよく馴染みます。オイルで皮脂を浮かせてからシャンプーすると、毛穴周辺にこびりついた皮脂も落とせると考えられているのです。 オイルを用いた頭皮ケアの行い方は次の通りです。

1.オイルを頭皮全体に塗布する。

2.しばらく放置して頭皮に馴染ませる。

3.側頭部・後頭部から頭頂部へ向かって頭皮をマッサージする。

4.シャンプーで洗い流す。

オイルを用いた頭皮ケアを、毎日、行う必要はありません。頭皮のにおいやこびりついた皮脂が気になるときなどに行うとよいでしょう。シャンプーをしているのに頭皮が脂くさいと感じる方は、試してみるとよいかもしれません。

頭皮ケアにおすすめのオイル

上記の頭皮ケアに取り組む場合、どのようなオイルを選べばよいのでしょうか。

おすすめできるオイルのひとつがホホバオイルです。 ホホバオイルとは、アメリカ南部などに生息している植物・ホホバから抽出されたオイル。主な成分は、ヒトの皮脂にも含まれているワックスエステルです。人の肌と馴染みが良いので頭皮ケアに最適と考えられています。

もちろん、頭皮用クレンジングオイルを用いても構いません。頭皮用クレンジングを選ぶときは、できるだけ肌に刺激を与える成分を含まないものにしましょう。無添加などであれば、安心して利用できます。

 

まとめ

頭皮がにおう主な原因は、汗と皮脂の酸化、常在菌が排出する脂肪酸と考えられています。有効な頭皮ケアとして挙げられるのが、においの原因を取り除けるシャンプーです。ただし、闇雲にシャンプーをすればよいというわけではありません。間違えた方法でシャンプーをするとにおいを強くしてしまう恐れがあります。

頭皮のにおいが気になる方は、紹介したポイントを参考に頭皮ケアを行いましょう。適切に対処すれば、不快なにおいは和らぐはずです。