ミノキシジルタブレットの効果と副作用!心臓に重い副作用も?

「ミノキシジル」は「男性型脱毛症(AGA)」の治療薬の成分で、発毛・育毛効果が医学的に認められています。海外では外用薬のほか、「ミノキシジルタブレット」と呼ばれる内服薬があります。しかし、現在、国内で販売されているのは外用薬のみです。ミノキシジルダブレットにはどんな効果と副作用があるのでしょうか。なぜ国内で販売されないのでしょうか。

ミノキシジルの内服薬・ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、AGAの治療に用いられている成分、ミノキシジルを含んだ錠剤の内服薬です。

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された成分です。血管を拡げる作用があり、血圧を下げる効果が期待できます。ところが、ミノキシジルを使用した何人かの患者に、発毛という副作用が見られたことから、脱毛症の治療に応用されるようになりました。

AGAの治療には、一般に外用薬として処方されており、国内では前述のように外用薬のみが「リアップ」という商品名で販売されています。ミノキシジルタブレットは、発毛、育毛効果が認められている有効成分のミノキシジルを錠剤にしたものです。海外では使用が認められている国がありますが、現在のところ国内では未認可です。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルには、毛乳頭を刺激して成長因子を作る作用、頭皮の血行を改善する作用、毛母細胞の減少を抑える作用という、発毛、育毛に有効とされる3つの作用が認められています。

毛乳頭で作られた成長因子は毛母細胞の細胞分裂を活発化させて、髪の毛が太く、長く育つことを促します。また、頭皮の血行がよくなると、毛細血管からより多くの栄養や酸素が毛母細胞に届けられるようになります。さらに、人間の体にはアポトーシスという細胞の自滅システムが備わっており、古くなった細胞は強制的に死滅させられます。しかし、毛母細胞でこのアポトーシスが増えると、毛母細胞が減少して薄毛、脱毛の原因になります。ミノキシジルにはこのアポトーシスを抑える作があり、発毛、育毛につながると考えられています。

副作用が重いミノキシジルタブレットは推奨されていない

現在、ミノキシジルタブレットについては国内での製造、販売が禁止されています。本来は高血圧の治療薬として開発された薬ですが、国内では血圧を下げる降圧剤としての使用も認められていません。

発毛、育毛に効果が認められているのに禁止されている理由は、ミノキシジルタブレットが重い副作用を招くおそれがあるためです。インターネットの個人輸入などで海外から入手できる場合もあるようですが、心臓のトラブルなど生命に関わる副作用が起こるおそれがあるのは事実です。また、未認可の薬剤なので、薬を飲んで発疹が現れるといった副作用に対しても、国が設けている「医薬品副作用被害救済制度」の適用を受けることはできません。

 

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットを服用すると、どのような副作用が起こる可能性があるのでしょうか。

血圧の低下による不調

ミノキシジルは前にもご紹介しているように、もともとは高血圧の治療のために開発された薬で、血圧を下げる作用があります。このため、薄毛、抜け毛対策としてミノキシジルタブレットを服用した場合でも、血圧が下がってさまざまな不調を招く可能性があります。めまいやふらつきが代表的な副作用の症状ですが、手足がむくんだり、吐き気や腹痛が起こったりする可能性もあります。

体毛の増加

ミノキシジルが脱毛症の治療に用いられるようになったのは、高血圧患者に副作用として発毛が見られたためです。つまり、発毛を必要としない人や必要としない場所にも毛が生えたということです。このため、ミノキシジルタブレットを服用すると、期待しない発毛や体毛が増加する「多毛」が現れる可能性は高いといえます。

命に関わる心臓への副作用が出る可能性も

ミノキシジルタブッレットの副作用として、心臓に問題が起こる可能性があります。

心囊(しんのう)という心臓の周りを取り囲んでいる袋の中には、心囊液(しんのうえき)という液体が入っています。ミノキシジルタブレットの服用でこの液体が増えて、心臓が動きにくくなったり、心臓を動かす筋肉に障害が生じたりするおそれがあるというのです。

すでに動物実験では、危険な副作用が心臓に起こることが確かめられています。人体への影響については、個人差もあるので一概にはいえません。しかし、心臓のトラブルによって生命に危険が及ぶ可能性があるということは、見過ごしてはならない事実です。

 

ミノキシジルタブレットは使用しないほうがいい?

深刻な副作用が生じるおそれがあるミノキシジルタブレットは、やはり使用しないほうが賢明なのでしょうか。

ミノキシジルタブレットを処方しているAGA専門クリニックもある

国内で購入できるミノキシジルを配合した医薬品は、前出のように外用薬のリアップのみです。外用薬については、日本皮膚科学会もAGAの診療ガイドラインでも使用を薦めています。一方、ミノキシジルタブレットは危険な副作用が起こる可能性があるため、国内では製造販売できません。当然のことながら、薬局やドラッグストアで購入することもできません。

ところが、AGA治療の専門クリニックなどでは、海外からミノキシジルタブレットを輸入して、医師の判断のもと処方しているところもあります。医師の判断に基づいて使用した場合は違法にはならないからです。ただし、ミノキシジルタブレットは、海外でもAGA治療での使用は未認可です。高血圧の治療のみに使用され、強い副作用のために処方が厳しく限定され、厳重な注意のもとで使用することが義務付けられています。AGAを専門とするクリニックなどでミノキシジルタブレットの処方を受ける場合は、この事実をしっかりと認識して、主治医とよく相談のうえ、慎重に判断することをおすすめします。繰り返しますが、ミノキシジルタブレットは国内ではその効果や安全性が認められていない薬なのです。

ミノキシジルタブレットの個人輸入は危険

ミノキシジルタブレットを、インターネットを介して海外から個人輸入できるケースがあります。しかし、ミノキシジルタブレットは国内での製造、販売が禁止されている未認可の医薬品です。製造、販売が行われている海外の国々でさえ、厳しい使用条件があり、医師の指導のもとで処方されています。海外でも個人で購入して服用することができない薬なのです。個人輸入を考えている人は、まずこれらのことをしっかりと理解する必要があります。

さらに、インターネットを介して個人輸入した場合、ミノキシジルタブレットそのものの品質にも不安があります。どこで、どのような製造者によって作られているのか不透明な部分が多く、国内で禁止されている成分が入っている可能性もあります。悪徳な業者なら、そもそも中身が違う偽造品ということだって起こらないとは断言できません。

もし、どうしてもミノキシジルタブレットの服用を検討したいというなら、個人輸入するのではなく、信頼できる輸入ルートを持つAGA専門クリニックなどに相談することをおすすめします。その場合でも、リスクをしっかりと認識した上で、医師の指導に基づいて検討することが絶対条件です。

 

まとめ

「ミノキシジルタブレット」は、「男性型脱毛症(AGA)」に対して発毛、育毛効果が医学的に認められている成分「ミノキシジル」を配合して内服薬です。しかし、国内で認可されているミノキシジル配合した薬品は、大正製薬の外用薬「リアップ」のみです。内服薬については、心臓のトラブルなど危険な副作用が起こる可能性が高いとして、国内での製造、販売が禁止されています。

一方、ミノキシジルタブレットの製造、販売が認められている国々でも、AGA治療に用いることは禁止されています。処方できるのは高血圧の治療に限定され、使用する場合も厳しい条件をクリアする必要があります。最近は、国内でのAGAの専門クリニックなどで、ミノキシジルタブレットを処方するところがあります。また、インターネットを使って個人輸入できるケースもあるようです。しかし、未認可の医薬品は効果や安全性に不安があり、何らかの副作用が起こった場合も国の「医薬品副作用被害救済制度」の適用を受けることはできません。