ミノキシジル配合育毛剤の種類・効果・使い方

薄毛対策を始めようと考えている人にとって、ミノキシジル配合育毛剤は気軽に手に取りやすい医薬品です。薬剤師のいる薬局やドラッグストアでも購入できるので、クリニックの受診は気が引けるという人にもおすすめです。ミノキシジル配合育毛剤には、どのような種類があるのか、どのように使えばいいのか、そしてどんな効果が期待できるのか、詳しく解説します。

ミノキシジル配合の育毛剤「リアップ」

大正製薬の「リアップ」は、医学的に発毛、育毛効果が認められた有効成分、ミノキシジルを配合した育毛剤です。

日本で唯一認められたミノキシジルを有効成分とした育毛剤

現在、国内で認可されているミノキシジル配合育毛剤は、大正製薬のリアップのみです。国内ではミノキシジル配合の内服薬の製造、販売が禁止されているので、入手できるのは外用薬のみ。つまり、リアップは日本国内で唯一使用できる、ミノキシジル配合の医薬品というわけです。

ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療用に開発されました。しかし、患者に発毛という副作用が現れることがわかり、薄毛、抜け毛の治療に用いられるようになりました。男性型脱毛症(AGA)に対して、効果が期待できるとされ、日本皮膚科学会ではAGAの診療ガイドラインで、ミノキシジル配合の外用薬の使用を奨めています。

 

ミノキシジル配合育毛剤の効果

ミノキシジルを配合した育毛剤には、どのような効果が期待できるのでしょうか。

ミノキシジルが発毛・育毛に効くメカニズム

ミノキシジル配合育毛剤が、発毛、育毛に効果的とされているのは、ミノキシジルが持つ3つの作用によります。

一つは、髪の毛の成長因子が作られるのを促す作用です。ミノキシジルは毛乳頭に働きかけて細胞の成長因子をたくさん作らせます。増えた成長因子は髪の毛を作る毛母細胞の細胞分裂を活性化させるので、髪が太く、長く育つ可能性が期待できます。

もう一つは、頭皮やその周辺の血行を改善する作用です。血液の流れがスムーズになると、より多くの栄養や酸素が髪に届けられ、健康な髪の成育につながるというわけです。

さらに、髪の毛を作る毛母細胞の減少を抑える作用にも注目しましょう。私たちの体には、遺伝子の命令で細胞が死滅する「アポトーシス」という機能が備わっています。細胞が入れ替わるのは新陳代謝の一環なので問題はありませんが、髪の毛の細胞でアポトーシスが増えると、薄毛、脱毛になるおそれがあります。ミノキジシルは過剰なアポトーシスを抑制して、薄毛や脱毛を予防します。

生え際や頭頂部にも効果はある?

ミノキシジルを配合育毛剤の効果については、頭頂部で起こった変化によって評価されています。このため、生え際での効果については、明らかにはなっていません。

頭頂部と生え際とでは頭皮の状態が異なっています。また、毛根の状態にも差異があるので、頭頂部と同様の効果が生え際でも得られるとは断言できません。生え際の後退が気になっている人は、もしかすると研究結果と同様の効果が得られない可能性があることを認識しておきましょう。

ミノキシジル配合育毛剤で効果が現れるまでの期間

大正製薬のリアップの場合、ミニキシジル1%配合のものと5%配合のものがあり、1%のものは最低6カ月以上、5%のものでも最低4カ月以上使用しないと、効果が現れない可能性があることが添付文書に記載されています。

また、薬の効果が現れるまでに要する時間には個人差があります。このため、使い始めてすぐに効果が現れない場合も、使用をやめたりしないで、継続的に使ってみることをおすすめします。ただし、副作用が出た場合は、すぐに使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

また、6カ月以上継続使用しているにも関わらず、まったく効果が見られない場合も、使用をやめて専門家に相談してください。

 

ミノキシジル配合育毛剤の種類

国内で唯一のミノキシジル配合育毛剤「リアップ」シリーズには、さまざまなタイプがラインナップされています。

リアップ(男性用)

「リアップ」は1999年に国内で初めて認可、販売が開始されたリアップシリーズのいわばルーツともいえる製品です。有効成分ミノキシジルを1%含有しています。他のほとんどのラインナップ同様、男性用に用途が制限されています。

リアッププラス(男性用)

「リアッププラス」はリアップと同じくミノキシジルが1%配合された育毛剤です。リアップの成分に加えて、頭皮の炎症やかゆみを抑える酢酸トコフェロールやメントール、毛髪の成長を促すパントテニールエチルエーテルがプラスされ、頭皮に優しい仕様となっています。

リアップX5プラス(男性用)

「リアップX5プラス」は、有効成分ミノキシジルを5%配合した育毛剤です。日本皮膚科学会がAGAの男性に推奨している配合量で、シリーズの中で最も高い発毛、育毛効果が期待できるとされています。リアッププラスと同様、頭皮のコンディションを守る3つの成分がプラスされています。

リアップジェット(男性用)

「リアップジェット」のミノキシジル配合量は1%です。頭皮に直接押し当てて使用するジェット式エアゾールタイプで、15回の噴射で1回分の使用量を塗布できるようになっています。

リアップリジェンヌ(女性用)

「リアップリジェンヌ」は、他のリアップシリーズとは異なり、女性の使用に特化した育毛剤です。有効成分ミノキシジルの配合量は1%で、日本皮膚科学会で女性の薄毛対策として推奨されている量です。リアッププラスなどと同様に、頭皮をいたわる3つの成分が配合されています。

 

ミノキシジル配合育毛剤の使い方

ミノキシジル配合育毛剤の効果を十分に引き出すためには、正しく使うことが大切です。誤った使い方をすると、効果が現れにくいばかりか、副作用を招くおそれもあるので注意してください。

ミノキシジル配合育毛剤の使い方・手順

ミノキシジル配合育毛剤は、髪の毛や頭皮が清潔な状態で使うようにしましょう。

1回あたりの使用量は1ミリリットルで、1日2回使用します。1回分の薬液は、容器を逆さまにして、ノズルが止まるまでゆっくりと頭皮に押し当てると、自然に必要量が計量されます。計量が済んだら、ノズルを頭皮に押し当てたり、離したりしながら、薬液がなくなるまで塗布します。髪の毛の薄くなった部分を中心に塗布するのがこつです

。毎日のケアをいつ行うかについては、特に規定されていませんが、塗布から次の塗布までの時間をできるだけ同じくらいにするほうが効果的です。仕事や学校、睡眠の時間を考えると、朝と夜(夕方)に使うとよいでしょう。髪と頭皮が清潔な状態で塗布したいので、入浴や朝のシャワーの後に塗布するのがおすすめです。

ミノキシジル配合育毛剤を使う際の注意点

ミノキシジル配合育毛剤は、たくさん使ったからといって効果が高まったり、早く効果が得られたりするわけではありません。それどころか、過剰な使用は副作用を招くおそれがあります。このため、1回1ミリリットルを1日2回塗布するという用法・用量はきちんと守るようにしてください。

また、塗布した後に頭皮をマッサージすると良いと思い込んでいる人が多いようです。マッサージすると薬液が指について、効果が半減するおそれがあるので、塗布の前に行うようにしましょう。

 

ミノキシジル配合育毛剤はどこで購入できる

ミノキシジル配合育毛剤は医薬品なので、医療機関を受診しなくても入手することが可能です。

薬局・ドラッグストアで購入可能

リアップシリーズは第1類医薬品に分類され、薬剤師のいる薬局やドラッグストアで購入できます。また、2014年以降は、インターネット通販でもリアップが購入できるようになっています。アレルギーなど自身の健康に関する情報を通知すれば、薬剤師から薬に関する情報がメールで返信され、その後に商品が発送されます。

海外輸入には注意

ミノキシジル配合育毛剤は、国内では大正製薬のリアップシリーズのみが認可されていますが、海外ではさまざまな種類が販売されています。こうした医薬品をインターネット経由で個人輸入できるケースもあります。しかし、未認可の医薬品は効果や安全性が確認されておらず、粗悪な品質のものや国内では禁止されている成分が配合されたものかもしれません。また、何らかの副作用が起こっても、国の救済措置が適用されないので、個人輸入による入手は避けるようにしてください。

 

まとめ

ミノキシジルは医学的に発毛、育毛効果が認められている成分です。現在、国内で販売、仕様が認められているミノキシジルを有効成分とする育毛剤は、大正製薬の「リアップ」シリーズのみ。ミノキシジル1%配合のものと、5%配合のものがあり、日本皮膚科学会では男性のAGA対策には5%配合のものが推奨されています。

使用する際は、用法、用量をきちんと守ること。また、使用後すぐに効果は現れないので、4〜6カ月以上継続使用してみましょう。副作用が現れた、6カ月以上まったく効果が現れないという場合は、使用をやめて医師や薬剤師に相談しましょう。