プロペシアとミノキシジルはどう違う?併用しても大丈夫?

AGA治療薬としてよく知られているのが「プロペシア」と「ミノキシジル」です。ともにクリニックでよく処方される薬ですが、この2つにはどのような違いがあるかご存知でしょうか。また併用した場合に、どのような影響があるか気になる人もいると思います。今回はAGAの2大治療薬であるプロペシアとミノキシジルにスポットを当てて解説していきます。

プロペシアとミノキシジルの違いを比較

まずはプロペシアとミノキシジルの違いについて知っておきましょう。なお、プロペシアはMSD社の商品名です。この記事全体ではよく知られている名称としてプロペシアの呼称で解説していきますが、内容はフィナステリド医薬品のこととしてお読みください。

プロペシアの特徴と効果

プロペシアは世界各国でAGA治療に使われている内服薬です。MSD社の製品が認可を受けて先発品になったことから、商品名のプロペシアで一般的に呼ばれていますが、厳密にはフィナステリド医薬品のことです。2015年にプロペシアの特許が切れたことから、各社からプロペシア以外の商品名で安価なジェネリック製品が登場しています。

プロペシアは医学的に発毛効果が証明されており、医療用医薬品として分類されています。そのため入手するには医師の処方が必要です。 AGAはジヒドロテストロン(略称DHT)によって引き起こされる脱毛症です。DHTはテストステロンが変化して生まれる男性ホルモンの一種で、額の生え際から頭頂部にある毛髪に作用することで薄毛化させてしまいます。プロペシアはテストステロンがDHTに変化することを阻止する薬で、その作用でDHTの量を減らし毛髪の成長を改善していきます。

副作用は性欲減退や勃起力不全、肝機能障害があるので、それらについて気になる人は事前に医師へ相談したほうが良いでしょう。

ミノキシジルの特徴と効果

ミノキシジルはAGA治療に用いられる外用薬で、日本では大正製薬の発毛剤「リアップ」の名前で知られています。日本国内ではミノキシジル配合製品のみが医薬品を名乗れる発毛剤になります。これまではリアップのみが一般用医薬品の発毛剤でしたが、特許が切れたためミノキシジル配合の後発品が次々と登場しています。

ミノキシジルは発毛と育毛に効果がある3つの作用を持っています。

1つ目は毛母細胞の分裂を促進する作用です。毛髪の根元部分には毛乳頭と呼ばれる組織があります。ミノキシジルは毛乳頭を刺激することで細胞の成長因子を生み出します。作られた成長因子は毛母細胞(毛髪の基)を活性化させ、太く長い毛髪が生えるようになります。

2つ目は毛髪の周辺組織に対する血流改善の作用です。毛髪の成長には血管から供給される酸素と栄養素が必要です。ミノキシジルは血管を拡張させるので、頭皮へ充分な酸素と栄養が届くようになり、発毛を手助けします。

3つ目は毛母細胞の減少を抑える作用です。細胞には寿命があり、新しく作られた細胞と入れ替わることによって身体を良い状態に保つ仕組みになっています。この細胞の寿命のことをアポトーシスといいますが、毛母細胞にアポトーシスが増えることで脱毛も増加していきます。ミノキシジルは毛母細胞で起こるアポトーシスを抑える働きを持っており、脱毛を予防してくれます。

代表的な副作用としてはかゆみや発疹など、頭皮にトラブルが生じるものになります。もし治療中にこれらの症状が現れたら、治療を一旦やめて医師に相談しましょう。

 

プロペシアとミノキシジルの購入方法の比較

プロペシアとミノキシジルの購入方法を比較してみましょう。皆さんが一番気になるであろう価格面の違いと、通販で手に入れる場合について調べてみました。

プロペシアとミノキシジルの値段の比較

プロペシアの値段は1ヶ月分で6,000から7,000円ほどになります。同じ成分のジェネリック医薬品を処方してもらう場合は4,500から6,000円ほどで済みます。

ミノキシジルの場合は薬局で調剤された薬と市販薬で大きく価格が異なります。調剤薬で15,000から18,000円ほど、リアップなどの市販薬で7,000から8,000円ほどが必要になります。

AGA治療は継続的に行っていく必要があり、少しの価格差であっても積み重なることで大きな負担になってきます。価格だけを見ればミノキシジルよりもプロペシアのほうが安価な場合が多いようですが、薄毛の状態や医師の治療方針によって使われる薬が決まってしまうことがあります。経済的な事情で少しでも安価に治療したい場合は、ジェネリック医薬品や市販薬を使うことができるか医師に相談してみましょう。

プロペシアとミノキシジルは通販で買える

AGA治療で用いられる薬は国から認可を受けた医薬品です。薬剤師から購入できるリアップなどミノキシジル配合の一般用医薬品は例外として、本来ならば購入するために医師の処方が必要となります。

しかし、最近では医薬品の個人輸入代行業者が運営している通販サイトから購入することも可能です。読者の中にはそのような通販サイトが気になっている方も多いことでしょう。医薬品を個人輸入することは法律違反ではなく、手に入れて使うことは問題ありません。ただし個人輸入による医薬品通販はトラブルとなる事例も多く、リスクを知り自己責任で使うべきです。

・プロペシア

医療用医薬品なので、通販で手に入れるには海外製品を個人輸入するしかありません。代表的なものにフィンペシア、フィナロという商品があります。これらはインド製の医薬品であり、日本国内で安全性が認められていない医薬品なので大きなリスクを伴います。また、悪質な個人輸入代行業者も存在することから、必ずしも本物の薬が届くとは限りません。安全性と真贋の両面で大きなリスクを伴う医薬品なので、クリニックを受診して医師に処方してもらうべき薬だといえます。

・ミノキシジル

ミノキシジルは一般用医薬品なので、薬剤師が所属する国内通販サイトで安心して購入することができます。個人輸入ではロゲインやカークランドミノキシジルといった製品が安価に入手できますが、これらは日本国内で認可されていないものなので自己責任で使用することになります。一部の個人輸入代行業者が内服薬のミノキシジルを扱っていますが、心臓などに悪影響を与える副作用があるので手を出すべきではありません。

 

プロペシアとミノキシジルの併用について

プロペシアとミノキシジルを併用して治療することもある

内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを併用した治療は、基本的には患者の状態を診ながら医師の判断で行っています。日本皮膚科学会が定めるAGA診療ガイドラインには、推奨する治療として「プロペシアとミノキシジルのどちらか単体もしくは併用で使用」という内容が記載されています。つまり、受診した先の医師の方針によって併用されたり、されなかったりということになります。

プロペシアとミノキシジルを併用した方が効果は出やすい?

プロペシアとミノキシジルは、それぞれ発毛させるための働きが異なるものです。ならば併用したほうが相乗効果が期待できそうですが、併用した場合の結果について研究報告はなく、医学的に効果が証明されていないのが現状です。

プロペシアとミノキシジルを併用した方が効果は出やすい?

プロペシアとミノキシジルを併用した場合の副作用についても論文報告はされていません。それぞれの薬に副作用はありますが、併用することでその副作用も出やすくなるかわかっていないのが現状です。

 

まとめ

プロペシアとミノキシジルについて解説してきましたが、両者の違いをご理解いただけたでしょうか。プロペシアとミノキシジルは、内服薬と外用薬という違いもあり、作用の仕方から副作用にいたるまで大きく違うことがわかりました。医療機関に足を運んで薄毛治療の相談をするときは、ぜひこの記事の内容を思い出しながら医師の話を聞いてください。