フィナステリドとミノキシジルはどう違う?併用しても大丈夫?

代表的な薄毛治療薬として知られるフィナステリドとミノキシジル。この2つの薬について、効果や副作用にどのような違いがあるかご存知ですか? 今回は、フィナステリドとミノキシジルの特徴や、併用してよいかどうかを解説していきます。それぞれの作用の違いを知り、自分に合う薬かどうかを確認しましょう。

フィナステリドとミノキシジルの効果の違い

フィナステリドとミノキシジルは、薄毛を改善するアプローチの仕方や効果が全く異なります。どのような薬なのか、具体的にみていきましょう。

内服薬・フィナステリドの特徴と効果

フィナステリドは「プロペシア」という商品に配合されている有効成分の名称で、口から摂取する内服薬です。フィナステリドは薬の一般名であり、製薬会社がつける販売名とは異なります。

フィナステリドには、抜け毛や薄毛を促進させるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生成されるのを防ぐ作用があります。 DHTは、男性ホルモンの代表格であるテストステロンが、「2型5αリダクターゼ」という酵素の作用によって変換・生成されるものです。テストステロンのままであれば悪影響はありませんが、DHTに変換され、毛母細胞の受容体と結びつくと毛根を弱らせてしまうのです。 フィナステリドは、2型5αリダクターゼの作用を抑えることによってDHTの生成量を減らします。DHTが前頭部や頭頂部に増えると、髪の毛が生まれ変わるサイクルを乱して抜け毛を促進させますが、DHTが減少すれば髪の毛が正常に成長し、薄毛症状が改善されます。

外用薬・ミノキシジルの特徴と効果

ミノキシジルも薬の有効成分の名称で、商品としては「リアップ」が有名です。ミノキシジルが配合されている薄毛治療薬は、日本では直接頭皮に塗り込む外用薬のみ認可されていて、内服薬は国内での製造販売が禁止されています。

ミノキシジルには高い血管拡張作用があり、頭皮や髪の毛に栄養が供給されやすくなります。頭皮の血行不良は薄毛を招く要因のひとつで、髪の栄養状態を悪化させて髪の毛の成長が阻害されたり、抜け毛を増やしたりすることがあります。 そのため、ミノキシジルによって頭皮の毛細血管の血流がよくなり、栄養がスムーズに行き渡れば頭皮や髪が元気になり、発毛・育毛につながるのです。血行が悪すぎると毛細血管自体が消滅してしまうこともあるので、血行不良はあなどれません。

また、ミノキシジルは毛乳頭という毛根組織に作用して成長ホルモンの分泌量を増やす働きもあります。そうすると、髪の毛を生み出す毛母細胞の分裂が促進され、太く長く成長する髪が生えやすくなります。

 

フィナステリドとミノキシジルの副作用の違い

フィナステリドとミノキシジルの特徴や作用の違いを確認したところで、次に副作用についてみていきましょう。副作用はすべての方に現れるものではありませんが、中には重い症状や生活に支障をきたす症状もあるため、あらかじめチェックしておいてください。

子作りに影響も?フィナステリドの副作用

フィナステリドの主な副作用は以下のような性機能障害です。

・性欲減退

・勃起機能不全

・射精障害

・性液量の減少

性機能障害の発現率は1%程度と低いものの、薬の使用を中止した後も症状が続いたという報告もあるようなので、夫婦生活や子作りへの影響が懸念されます。子供が欲しいと考えている方は、使用を中止することも含めて医師に相談することをおすすめします。

その他には以下のような副作用が現れる可能性もあります。

・肝機能障害

・かゆみ、発疹、じんましん

・抑うつ症状

・めまい

肝臓の機能が低下すると重い健康被害につながりかねません。血液検査などで肝機能の数値が悪化したり、倦怠感や食欲不振といった症状が現れたりしたら、すぐに薬の使用を止め、医師に相談しましょう。肝臓に持病がある人はもちろん、お酒をよく飲む人や肥満の人は特に注意が必要です。

なお、フィナステリドは女性や未成年に対する有効性や安全性が確認されていないため、使用が禁じられています。男児を妊娠中の女性が服用すると、赤ちゃんの生殖機能に異常をきたす可能性も指摘されているため、薬自体に触れないよう注意喚起されています。

主な副作用は皮膚症状!ミノキシジル外用薬の副作用

リアップなどミノキシジル外用薬による副作用の発現率は低いですが、その中でも以下のような皮膚症状は割と多く現れるようです。

・発疹

・発赤

・かゆみ

・かぶれ

・フケ

・ほてり

これらは、ミノキシジルを塗布した頭皮に部分的に現れる症状で、適切に使用していれば全身に副作用が及ぶ可能性はほとんどありません。

また、リアップには以下のような副作用の可能性も記載されています。

・頭痛、めまい

・胸痛、心拍数の増加

・むくみ

ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるため、その影響で血圧が低下し、頭痛やめまいが起こる可能性は考えられます。ただし、部分的に塗布する外用によって全身の血圧が下がったという研究報告はないため、過度に心配する必要はないでしょう。 心拍が速くなるなど、動悸の症状がみられた人はいるようなので、心臓に持病のある方は使用前にかかりつけの医師に相談してください。

 

フィナステリドとミノキシジルの併用について

最後に、フィナステリドとミノキシジルを併用した場合の効果や副作用について解説します。

フィナステリドとミノキシジルを併用して治療するケース

内服薬フィナステリドと外用薬ミノキシジルの併用は、男性型脱毛症(AGA)で症状がやや重い方の治療に用いられることがあります。 強い作用のある2つの薬を併用することに不安を感じる方もいると思いますが、併用によってトラブルが生じるリスクは非常に低いと考えられています。そのため、薄毛治療専門の病院やクリニックでもフィナステリドとミノキシジルの併用はよく行われているようです。

フィナステリドとミノキシジルを併用した方が効果は出やすい?

フィナステリドとミノキシジルは、それぞれ一定の発毛効果があることが確認されていますが、併用によってさらに効果が高まるかどうかはまだ解明されていません。つまり、併用することで相乗効果が得られるとは言い切れません。

とはいえ、上記でご説明したように2つの薬の効果や作用は全く異なるため、それぞれの効果が問題なく発揮されれば薄毛改善につながると考えられています。

フィナステリドとミノキシジルを併用すると副作用が出やすい?

2つの薬の併用については、公的な検証が行われていないため副作用がどの程度現れるかについてもはっきりしたことはわかりません。ただ、先述のようにフィナステリドとミノキシジルにはそれぞれの副作用があるため、併用によって両方の副作用が現れる可能性はあるでしょう。

また、薬の成分は肝臓で代謝されるため、使用する薬が増えれば肝臓の負担も大きくなることが考えられます。併用によって考えられるリスクは、あらかじめ医師や薬剤師に確認しておきましょう。

 

まとめ

薄毛治療には、内服薬であるフィナステリドや外用薬であるミノキシジルが用いられることが多いですが、2つの薬の作用は全く異なります。

フィナステリドは、抜け毛を増やすDHTの生成量を少なくする作用によって薄毛症状を軽減させます。一方、ミノキシジルは頭皮に塗った部分の血行促進や成長ホルモンの分泌量増加によって髪の毛の成長を促します。

2つの薬の併用について、相乗効果は証明されてはいませんが、特に問題はないようなので多くの医療機関で実施されています。それぞれの効果が発揮されれば薄毛改善につながるでしょう。副作用も、それぞれの副作用が両方現れる可能性があります。 フィナステリドもミノキシジルも、適切に使用すれば薄毛予防の効果が期待できます。併用については自己判断ではなく、医師の指示に従って行いましょう。