体臭チェック! 自分のにおいを把握する方法

「スメハラ(スメルハラスメント)」などという言葉もあるなど、体臭に敏感な時代です。「自分はにおっているのではないか…」と不安な気持ちになったことは、ありませんか?そんな時、体臭を自分でチェックできれば便利です。におっていなければそれでOK。もし体臭があったとしても、自分で気づいて対策を取ることができます。

自分のにおいには気づきにくい!?

多くの人が体臭を気にするのは、他人のにおいは気になっても、自分のにおいは気づきにくいからではないでしょうか。

自分のにおいに気づかないのは「順応」のせい

例えば、友人の家を訪ねたとき、最初は部屋のにおいが鼻についても、いつのまにか気にならなくなります。病院の独特のにおいも、建物に入ったときは「このにおい、苦手だな…」と思っても、順番待ちをしている間に慣れてしまいます。これは、嗅覚が時間とともにそのにおいに「順応」して、わかりやすくいえば慣れてしまって、においに対する意識が急激に低くなるからです。「順応」のせいでにおいを正確に把握できない状態は「嗅覚疲労」とも呼ばれ、自分のにおいに気づきにくいのは、当たり前のことといえます。

 

自分は臭い? わきがを自分でチェックする方法

自分の汗臭さが気になって、「わきがでは…」と心配した経験はありませんか?まずは、わきがのセルフチェック法を見てみましょう。

衣類のにおいをチェック

わきがは、脇の下やデリケートゾーンに多くあるアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因です。もうひとつのエクリン腺という汗腺から出る汗はほとんどにおいがありませんが、アポクリン腺の汗には独特のにおいがあります。また、エクリン腺の数には個人差がありませんが、アポクリン腺は人によって数が違います。アポクリン腺が多い人はにおいのある汗をかきやすく、わきがになる可能性が高いといえます。

セルフチェックするためには、脇の下などアポクリン腺のある部分に直接触れていた衣類のにおいをかいでみてください。正確ににおいを把握するためにデオドラント剤は使わないこと。順応の影響を受けないように、衣類はビニール袋などに1日保存し、嗅覚を一旦リセットしてからチェックするとよいでしょう。

また、アポクリン腺の汗はたんぱく質やアンモニアなどを含み、衣服につくと黄色いシミが残ります。チェックの際は黄色いシミがないか確認しましょう。

耳垢をチェック

耳垢の状態を見ることも、わきがのチェックに役立ちます。耳の穴(外耳道)にはエクリン腺はありませんが、人によってはアポクリン腺があるからです。風呂上がりなど耳の穴が濡れている時を避けて耳垢を取り、湿っていれば外耳道にアポクリン腺があると考えられます。耳の穴にもアポクリン腺がある人は、脇の下のアポクリン腺の数が平均より多い傾向で、においが強くなると考えられます。

汗のにおいをチェック

エクリン腺から出る汗は気候などの影響を強く受け、スポーツをしたときや蒸し暑い日などには発汗量が増えます。このため、暑い時季に汗をたくさんかいて、脇の下が汗臭いというのは誰にでもあることです。

一方、アポクリン腺の汗は気候などに関係なく、いつも一定の量が分泌されます。たくさん汗をかいたわけでもないのに、自分の汗のにおいが気になるという人は、アポクリン腺からの発汗が多く、わきがの可能性があります。とりわけ、シャワーを浴びたり、お風呂に入ったりした後でも汗のにおいがするというなら、においが強いと考えていいでしょう。

また、エクリン腺の汗はかいた直後はサラっとしていますが、アポクリン腺の汗は発汗直後でも粘り気があるのが特徴です。

 

その他の体臭のチェック方法

口臭や足のにおいなど、多くの人の心配の種となるにおいについてもセルフチェック法を見てみましょう。

口臭のチェック方法

口臭は、自分ではなかなか気づきにくいにおいのひとつです。他の人がかいでいる状態に近づけるため、次のような方法でチェックしてください。最も手軽に調べるなら、コップを口に当てて息を吐き、そのにおいをかいでみてください。唾液を指につけてにおいをかぐ、ペーストなどをつけずに歯磨きをして歯ブラシのにおいを確かめる、デンタルフロスのにおいをチェックするという方法も有効です。

また、鏡で舌の状態をチェックしてみてください。舌の表面に舌苔(ぜったい)と呼ばれる白い苔状のものがたくさんついているなら、口臭がにおっている可能性があります。

最近は、口臭の度合いを測るチェッカーも市販されているので、気になる人は使ってみるのもひとつの方法です。

足のにおいのチェック方法

足のにおいを気にしている人は多いのですが、自分でもわかりやすいにおいなので、直接かいでみるのがいちばん。やり方は簡単です。香り付きの洗剤や柔軟剤を使わずに洗濯した靴下を1日履き、そのにおいを直接かいでみてください。順応による慣れが不安な場合は、靴下をビニール袋などに入れて、帰宅後時間を置いてからかいでみましょう。また、靴の中の蒸れが気になる人や足がかゆいことがある人は、足のにおいが強い可能性があります。

 

体臭チェックでにおいが気になったら

セルフチェックで体臭・口臭に気づいたら、さっそく改善対策に取り組んでみましょう。

デオドラント用品を使ってみる

においを抑えるためにデオドラント用品を使うのは、手軽にできる対策の一つです。ドラッグストアには、さまざまなタイプの商品が並んでいるので、目的や使い方に合ったものを選ぶことが大切です。

一般に、においが強い場合や効果を長く持続させたいというときには、皮膚にしっかりとつくロールオンタイプやスティックタイプが適しています。脇の下の汗ジミが気になる人にも、直塗りタイプが使いやすいでしょう。

一方、汗をかいた部分を手早くきれいにしたいならシートタイプをチョイス。シートで汗や汚れを拭き取った後、パウダータイプのスプレーを使うと爽快感が楽しめます。

食事や洗い方を見直してみる

体臭・口臭は生活習慣と密接な関係があります。特に食事は汗の成分や皮脂の出方に影響を与えるので、においが気になる場合はまず食生活を見直してみましょう。特に注意したいのは、脂っこいものや肉類など動物性たんぱく質の取り過ぎ。脂肪を多く取ると、汗に含まれるにおいの元、脂肪酸が増えるのでにおいが強くなります。一方、動物性たんぱく質はエネルギーに変換される時にアンモニアなどのにおい成分が生成されるので、適度に食べるようにしましょう。この他、アルコールの飲み過ぎや喫煙も体臭を強めることになるので、極力控えたいものです。

一方、入浴時の体の洗い方も見直してみてください。汗が気になるからとゴシゴシ洗うと、皮膚の善玉菌まで洗い流してしまい、皮膚を健康な状態に保つのが難しくなります。ぬるま湯で汗や汚れをさっと洗い流してから、石けんをよく泡立てて、優しく洗うのがコツ。石けんの成分が残らないように、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

病院に相談してみる

明らかに体臭や口臭があり、生活習慣を見直しても改善しない場合は、病院の受診も検討してみてください。汗のにおいやわきがが気になる、皮脂の分泌が多いといった場合は皮膚科が窓口になります。医療機関でしか処方できない制汗剤やにおいを抑える塗薬、汗を抑える注射といった治療法のほか、わきがを根本的に治すなら手術も選択できます。

一方、においの原因がわからない、特定の部位ではなく全身の汗のにおいが気になるというような場合、内科に相談してみるのも良いでしょう。虫歯や歯垢が原因んで口臭があるのなら歯科を受診してください。

 

まとめ

体臭・口臭を気にしている人は多いのですが、におっているかどうかを自分ではなかなか判断できません。嗅覚が自分のにおいに慣れてしまって、正確にかぎわけることが難しいからです。そんな時には、セルフチェックを試してみることをお勧めします。簡単な方法でチェックでき、においの有無を実感できるので、自分の体臭・口臭を客観的に知ることができます。