ミノキシジルで血圧が下がる?リアップは大丈夫?

薄毛治療の有効成分ミノキシジルが配合された薬を使用すると、血圧が低下することがあるというのは本当でしょうか。血圧が下がりすぎると健康被害にもつながるので気になりますよね。 そこで今回は、ミノキシジルが血圧に与える影響について解説します。ミノキシジル配合の市販薬「リアップ」でも血圧が下がるのか、という点も要チェックです。

ミノキシジルと血圧低下

まず、ミノキシジルと血圧との関連性についてみていきましょう。

ミノキシジルはもともとは血圧を下げる薬

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療に用いるために血圧を下げる降圧薬として開発されていました。その臨床試験の段階において、投与した男性に発毛作用がみられたため、薄毛治療薬として改めて開発が始まったという経緯があります。 つまりミノキシジルは、本来は薄毛治療薬ではなく血圧を下げる薬としてつくられたため、使用すると血圧が低下することがあります。

ミノキシジルが薄毛改善につながるメカニズム

血圧を下げる薬がなぜ薄毛改善に役立つのかというと、ミノキシジルには血管を拡張し、血行を促進させる作用があるからです。

ミノキシジルを使用すると、頭皮の毛細血管が拡がって血流がよくなり、髪の毛に欠かせない栄養や酸素が毛根に届きやすくなります。また、血管が拡張すると血圧も低下します。 血流改善作用の他、ミノキシジルには毛根にある毛乳頭の働きを活性化させて成長因子の分泌を促進させる作用も期待できます。成長因子が増えると髪の毛をつくる毛母細胞の分裂を促すため、健全な発毛・育毛につながります。

さらにミノキシジルには、古くなった毛母細胞が除去され、減少するのを抑制する作用があると考えられています。細胞には「アポトーシス」という現象があり、遺伝子に組み込まれたタイミングで消滅するようプログラムされています。ミノキシジルには、毛母細胞がアポトーシスによって除去されるのを抑える作用もあるため、抜け毛を防ぐとともに発毛を促します。

 

ミノキシジル配合の薄毛治療薬で血圧は下がる?

ミノキシジルが薄毛治療薬として開発された経緯や効果をご説明しましたが、実際に治療に用いられる薬にも血圧低下作用があるのかを確認しておきましょう。

ミノキシジルタブレットには血圧低下の副作用あり

ミノキシジルの内服薬「ミノキシジルタブレット」を服用すると、副作用として血圧が低下することがあります。

ミノキシジルの内服薬は錠剤なので「ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)」と呼ばれています。 先述のとおり、ミノキシジルはもともと高血圧治療薬として開発されていました。その後、薄毛治療薬として再度研究開発されましたが、本来の作用の影響で、服用すると血圧低下やそれに伴う動悸・めまい・ふらつきなどの症状が現れる可能性があります。

ミノキシジル配合のリアップでも血圧は下がる?

市販薬「リアップ」に代表される、ミノキシジルが配合された外用薬でも血圧が下がる可能性があります。とはいえ、ミノキシジルタブレットに比べると血圧低下症状の発現率は低いといわれています。

外用薬であるリアップの方が血圧低下の症状が出にくいのは、ミノキシジルの作用が限定的だからです。リアップは薄毛が気になる部分に直接塗り込むので、有効成分は塗布部分に浸透・作用します。 一方、ミノキシジルタブレットは口から摂取して全身に成分がまわるため、副作用の影響も全身に及びます。そのため、ミノキシジルによる血圧低下作用も内服薬の方が出やすいのです。

なお、リアップの副作用としては、頭皮のかゆみなど血圧低下以外の症状の方が発現率は高いようです。他の副作用については最後の章で詳しくお伝えします。

血圧が下がるなら高血圧の人は問題ない?

血圧が低下する副作用であれば、高血圧の人にとっては特に問題がないように思えるかもしれません。でも、血圧を下げる降圧薬を服用している場合は、血圧が急激に下がりすぎるリスクがあるため要注意です。

ミノキシジルは血管を拡げることによって血圧を低下させますが、血圧が一気に下がると脳が交感神経を緊張させ、血圧を上げようとします。こうした血圧の乱高下は心臓にも負担をかけ、動悸・不整脈・狭心症などの原因にもなってしまいます。 このように、ミノキシジルは血圧に大きな影響を及ぼすことがあるため、低血圧の方だけではなく高血圧の方の使用も推奨されていません。

 

血圧低下以外にもあるミノキシジル医薬品の副作用

ミノキシジルが配合された医薬品には、血圧低下以外の副作用もあります。副作用は外用薬と内服薬で異なるため、それぞれみていきましょう。

ミノキシジル外用薬リアップの副作用

リアップなどのミノキシジル外用薬の主な副作用は以下のとおりです。

・かゆみ

・発赤

・フケ

・かぶれ

・頭痛

・めまい

・胸の痛み

・手足のむくみ 外

用薬の副作用としては皮膚症状が多いようです。かゆみや発赤などの皮膚症状は、ミノキシジルによって血流が増加することが原因だと考えられています。寒い日にお風呂に入ると、血行が促進されて皮膚がかゆくなることがあるのと同じメカニズムです。ただし、成分そのものが皮膚に合わないアレルギー症状の可能性もあるため注意が必要です。

外用薬の場合、副作用は重いものではないようですが、頭痛やめまいなどの体調不良を招く場合もあるため、使用していて異変を感じたらいったん中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

ミノキシジル内服薬タブレットの副作用

一方、内服薬であるミノキシジルタブレットの主な副作用を以下に挙げます。

・体毛が濃くなる

・頭痛

・動悸、息切れ

・胃腸障害

・ むくみ、体重増加

・心筋障害

・心タンポナーゼ

経口摂取する内服薬の場合、ミノキシジルの発毛効果が全身に現れることがあり、ヒゲや腕毛など髪の毛以外の体毛が濃くなる可能性があります。 また、ミノキシジルの血管拡張作用は、心臓に血液を戻す静脈には作用しないため、体の末端に流れた血液がそのまま溜まってしまうことがあります。そうすると水分や老廃物の流れも悪くなり、むくみや体重増加といった副作用につながると考えられています。

ミノキシジルタブレットで特に注意しておきたい副作用は、心臓の動きが悪くなる「心タンポナーゼ」や心筋の機能障害です。心タンポナーゼは心臓を覆っている膜の隙間に液体が溜まってしまう症状で、命に関わることがあり危険です。そのため、心疾患の既往症がある方には推奨されていませんし、心筋梗塞になったことがある方は使用できません。

このように、ミノキシジルの内服薬は外用薬と比べると副作用の症状が重い傾向があるため、日本での製造販売は認可されていません。

 

まとめ

ミノキシジルには薄毛を改善させる効果がありますが、血圧を下げる副作用があるため注意が必要です。

ミノキシジルは、本来は高血圧を治療するための降圧薬として開発されていたため、使用すると血圧が低下することがあります。 特に、内服薬であるミノキシジルタブレットは全身に成分が行き渡るため、外用薬より血圧低下作用が現れやすいです。この副作用は低血圧の方はもちろん、降圧薬を服用している高血圧の方にも悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

また、ミノキシジルには血圧低下以外にも副作用があります。リアップなど外用薬の副作用は、かゆみや発赤などの皮膚症状が多く、症状は比較的軽いです。それに対し、内服薬の副作用は髪の毛以外の体毛の増加やむくみ・体重増加の他、心筋障害や心タンポナーゼといった重い症状が現れることがあります。

有効成分ミノキシジルには、血流改善や毛母細胞の活性化などによって発毛・育毛の促進効果が期待できる一方、血圧低下などの副作用もあります。副作用はすべての方に現れるわけではありませんが、上記のようなリスクがあることを認識した上で使用しましょう。