ミノキシジルで体毛も濃くなるって本当?

薄毛治療薬のひとつ「ミノキシジル」を使用すると、副作用として毛髪以外の体毛が濃くなるというのは本当でしょうか? 薬は治療効果に目が向きがちですが、副作用についてもあらかじめ確認しておくことが大切です。ミノキシジルには外用薬と内服薬があるので、それぞれに起こりうる副作用をチェックしていきましょう。

ミノキシジルで体毛が濃くなる?

では早速、ミノキシジルを使うと体毛が濃くなるのかどうかについてご説明していきます。

ミノキシジルが薄毛治療に使われるようになった経緯

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる薬として高血圧治療のために開発されました。ところが、患者に投与したところ髪の毛や体毛が濃くなる多毛の症状がみられたため、薄毛の治療薬としても改めて研究開発が進められたという経緯があります。

ミノキシジルは血管を拡張することで血圧を下げる作用があるため、頭皮の血流量が増え、毛母細胞の働きを活性化させることが期待できます。また、血行がよくなることで、髪の毛に必要な栄養が届きやすくなる効果も得られます。

ミノキシジル内服薬に体毛が濃くなる副作用

ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、内服薬には体毛が濃くなる副作用があります。内服薬だと血液を介して全身に有効成分が行き渡るため、発毛効果も体のさまざまな箇所に現れる可能性があるのです。 体毛が濃くなる副作用は「多毛症」と呼ばれています。

副作用の現れ方は人によって異なりますが、ヒゲや胸毛、腕毛などが以前より太くなったり、長く伸びたりするようです。全身の毛がまんべんなく濃くなる場合もあれば、部分的に伸びるという場合もあります。

なお、髪の毛の発毛効果がみられないにもかかわらず、体毛が濃くなったという残念な方もいるなど、症状にはかなり個人差があります。 男性であれば、多少体毛が濃くなってもあまり気にならないかもしれませんが、鼻毛や眉毛など、伸びると困る部位に副作用が現れることもあるので注意が必要です。

ミノキシジルで体毛が濃くならない人もいる?

ミノキシジルを服用しても、多毛症の副作用が全く現れない方もいます。多毛症の副作用の発症率は100%ではないため、服用したら必ず体毛が濃くなるわけではありません。とはいえ、副作用が出るか出ないかは服用してみないとわからないので、ミノキシジルを飲む際は「毛が濃くなるかもしれない」と念頭に置いておきましょう。

体毛が濃くなったときの対処法

ミノキシジルの内服薬によって濃くなった体毛を改善したい場合は、以下のような方法で対処しましょう。

・脱毛する

・濃度が低いミノキシジルに変更する

・ミノキシジルの服用を中止する

ミノキシジルによる多毛症は基本的に服用を続けている限り続くので、ミノキシジルを止めたくない場合は脱毛処理でしのぎましょう。シェーバーなどでセルフ脱毛するのが面倒な方は、脱毛サロンやクリニックを利用するのもおすすめです。

ミノキシジルの発毛効果が多少低くなっても多毛症を軽減したい場合は、ミノキシジルの濃度が低いものに変更しましょう。ミノキシジルの内服薬には、一般的に2.5mg・5mg・10mgと濃度が異なる3つのタイプがあります。濃度の高さと多毛症の発症リスクは比例するため、服用しているミノキシジルが高濃度であれば低濃度のものに変更することで多毛症が緩和されるかもしれません。

ミノキシジルの服用を止めれば、基本的に多毛症の症状もなくなります。髪の毛がほとんど増えてないのに体毛が濃くなって気になるという場合は、医師と相談の上、中止してもよいかもしれません。ただし、止めると髪の毛の発毛効果もなくなるため、髪の毛が増えていた場合はまた薄くなります。

 

体毛だけじゃないミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジルの内服薬には、多毛症以外の副作用もあるため注意が必要です。中には命に関わる副作用を発症する可能性もあるので、多毛症とあわせて確認しておきましょう。

血圧の低下

先述のとおり、ミノキシジルはもともと高血圧治療のための降圧剤として開発されていたため、服用すると血圧が下がる可能性があります。 そのため、普段から低血圧の人がミノキシジルを服用してさらに血圧が低下すると、動悸やめまいなどの体調不良を起こすことがあります。

また、高血圧ですでに血圧を下げる薬を服用している方は、ミノキシジルを併用することで血圧が急降下するリスクがあるので要注意です。 薬は併用すると相乗作用によって思わぬ健康被害につながることもあるため、薬やサプリメントなどを服用している方は、医師に申し出ましょう。

心臓への重い副作用もある

ミノキシジルの内服薬は、心臓に重篤な副作用が現れる可能性もあります。血圧の低下によって心臓に負担がかかり、不整脈などの心疾患を引き起こすリスクが指摘されているため、使用の際は十分に注意が必要です。まれではありますが、場合によっては命に関わる心疾患を発症することもあります。

内服薬は日本では認可されていない

ミノキシジルの内服薬はAGA(男性型脱毛症)専門のクリニックなどで処方されることがありますが、上記のような副作用の危険性があることから、日本での製造販売は認可されていません。そのため、薬局やドラッグストアでは入手できません。 海外から個人輸入することもできますが、専門知識のない一般人が安易に服用するとかなりリスクが高いので、絶対にしないでください。

 

ミノキシジル外用薬にも副作用はある?

ここまで内服薬を中心にみてきましたが、ミノキシジルの外用薬にも副作用はあるのでしょうか。

外用薬の副作用は主にかゆみなどの皮膚症状

ミノキシジルの外用薬で現れることがある副作用は、主にかゆみやかぶれといった皮膚症状です。これは、ミノキシジルによる血行促進作用が原因だと考えられています。

ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、外用薬を頭皮に塗布すると毛母細胞の働きが活性化したり、髪に必要な栄養の供給がスムーズになったりして発毛が促される可能性があります。血行促進作用は薄毛改善に役立つ一方、人によってはかゆみなどを引き起こすことがあるのです。 ただし、ミノキシジルの成分自体が皮膚に合わず、アレルギー症状としてかゆみが出る場合もあるので、もともと肌が弱い方は注意してください。かゆみが我慢できず頭皮をかきむしってしまうと頭皮環境を悪化させるため、おさまらない場合は使用を中止し、医師に相談しましょう。

また、「初期脱毛」と呼ばれる症状も、ミノキシジルの外用薬で起こりうる副作用のひとつです。初期脱毛はミノキシジルを塗り始めて2〜3週間頃にみられ、もともと抜けかかっていた休止期の毛がまとめて抜け落ちるという一時的な症状です。 一時的とはいえ抜け毛が増えるとショックを受けそうですが、これは新しい毛が古い毛を押し出していることを意味するので、発毛の兆候だと考えられています。

なお、外用薬は塗布した部分に成分が浸透して効果が発揮されるため、経口摂取の内服薬のように成分が全身に作用し、体毛が濃くなるような副作用はほぼありません。

 

まとめ

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、内服薬には体毛が濃くなる副作用があります。すべての方に現れるわけではありませんが、ヒゲや胸毛など髪の毛以外の体毛が太くなったり長くなったりすることがあるようです。

また、ミノキシジルには血圧が低下する副作用が現れることもあります。ミノキシジルはもともと高血圧治療の薬として開発されていたため、血管が拡張し、血圧が下がりやすくなります。低血圧の方や、降圧剤を服用している方は血圧が下がりすぎて動悸やめまいなどを引き起こすことがあるので注意しましょう。

一方、ミノキシジルの外用薬には体毛を濃くする副作用はほとんどありません。外用薬の主な副作用は、血行促進作用に伴うかゆみやかぶれなどの皮膚症状や一時的な初期脱毛です。 同じミノキシジルでも、飲み薬か塗り薬かによって副作用の現れ方には違いがあることを知っておきましょう。