ミノキシジルでひげが濃くなる?

ミノキシジルを使用すると、「ひげが太くなった」「ひげの密度が増えた」などひげが濃くなったと感じる方がいます。ミノキシジルは薄毛対策に役立つ成分ですが、ひげが濃くなることがあるのでしょうか。 今回は、ミノキシジルでひげが濃くなる可能性があるかどうかや、内服薬・外用薬それぞれの副作用について解説していきます。

ミノキシジルの内服薬・ミノキシジルタブレット

では早速、ミノキシジルの影響でひげが濃くなることがあるのかをみていきましょう。

ミノキシジルに多毛症の副作用あり

ミノキシジルには、体毛が濃くなる「多毛症」と呼ばれる副作用があります。多毛症は、髪の毛だけではなく全身の体毛が伸びたり太くなったりする症状です。どの部位の体毛が濃くなるかは決まっておらず、腕毛が増える人もいれば胸毛が増える人もいます。「少し毛が増える程度なら大丈夫」と思っても、「ここはちょっと困る」という部位の毛が必要以上に伸びる場合もあるので要注意。中には自己処理が大変なくらい剛毛になる人もいるようです。 ただし、多毛症の症状がほとんど現れない人もいるため、体毛が濃くなるかどうかはミノキシジルを使用してみないとわかりません。 ミ

ノキシジルには、塗り薬である外用薬と、経口摂取する内服薬がありますが、多毛症の副作用が現れるのは主に内服薬です。ミノキシジルの内服薬(ミノキシジルタブレット)は、服用すると成分が血液を介して全身に運ばれます。その際、発毛効果のあるミノキシジルも全身に行き渡るため、体のさまざまな部位の毛も成長が促進されることがあるのです。これに対し、外用薬は薄毛部分に直接塗るため、全身の体毛への影響はほとんどありません。

ミノキシジルでひげが濃くなる可能性も

ミノキシジルの副作用である多毛症によってひげが濃くなる可能性もあります。 多毛症は体に限らず、眉毛やまつげ、鼻毛など顔の毛にも現れることがあるため、ひげも例外ではありません。人によっては、額や目のまわりなどの産毛が濃くなる場合も。

なお、ミノキシジルによってひげも必ず濃くなるわけではないため、ひげが濃くなることを期待して使用するのはやめましょう。体毛と同様に、顔の毛に副作用が現れるかどうかは使ってみないとわかりません。

 

ひげが濃くなる以外にも!ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、体毛やひげが濃くなる以外にも副作用があります。副作用は内服薬か外用薬かによっても異なるので、それぞれの症状を確認していきましょう。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジルが配合された内服薬(ミノキシジルタブレット)には、多毛症の他に以下のような副作用があります。

・血圧低下

・頭痛

・めまい、ふらつき

・動悸、息切れ

・むくみ、体重増加

・腹痛 ・

心臓の障害

ミノキシジルは、最初は血圧を下げるための降圧剤として開発されていたので、薬本来の性質として血圧が低下する可能性があります。血圧は血管を拡張することによって低下しますが、血圧の急激な変化が頭痛やめまいなどの症状にもつながるのではないかと考えられています。 また、血管が拡張されると心拍数が速くなり、心臓に負荷をかける場合があります。そうすると、動悸や息切れを引き起こすことも。他にも心筋障害や心 タンポナーゼという重い副作用もあるようなので、心臓の既往症がある方は使用を控えるか、医師に判断を仰ぐようにしましょう。

内服薬であるミノキシジルタブレットは、服用によって成分が全身を巡ります。そのため、副作用としても上記のようにさまざまな不調につながる可能性があることを知っておきましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

リアップのようなミノキシジル外用薬の副作用は、主に以下のような皮膚症状となっています。

・かゆみ ・発疹(吹き出物)

・発赤

・かぶれ

・フケ

・熱感

・炎症

ミノキシジルを塗布したところに、部分的にかゆみやかぶれ、熱感といった症状が現れることが多いようです。こうした皮膚症状は、ミノキシジルによって血管が拡張され、血流が促進されたことが要因だと考えられています。 症状の度合いは軽い場合が多いですが、成分自体にアレルギー反応を起こしているケースもあるため注意が必要です。そのまま使い続けると症状が悪化し、頭皮の状態を悪化させることもあるので、かゆみなど皮膚に異変を感じたら使用を中止しましょう。

なお、発現率は低いものの、外用薬でも頭痛・めまい・心拍数の増加といった体調不良につながる症状も副作用として報告されています。

ミノキシジルの使用に注意すべき人

以下のように、ミノキシジルにはさまざまな副作用があるため、当てはまる方は特にご注意ください。

・低血圧の人

・高血圧の治療薬(降圧剤)を服用している人

・心臓や肝臓の機能が低下している人/既往症がある人

・敏感肌の人

血圧が低い方は、ミノキシジル内服薬を服用することで血圧がさらに低下して体調不良を招くことがあります。高血圧の方でも、もともと降圧剤を服用している場合、ミノキシジルとの併用によって血圧が急低下しかねません。 心臓に負担をかけたり機能障害を起こしたりする可能性があることから、心臓の既往症がある方も注意が必要です。

また、薬は肝臓で代謝されるため、重い肝機能障害を患っている方はミノキシジル内服薬の使用を禁止されています。 デリケートな肌質で、過去に肌トラブルを起こしたことがある方は、外用薬の使用に注意しましょう。

使用を控えた方がよい場合もあれば、濃度の低い内服薬に変更すれば使用を続けられる場合もあるため、上記に該当する方は自己判断せず、必ず医師に相談しましょう。

 

副作用でひげが濃くなった?と思ったら

ミノキシジルの副作用の影響でひげが濃くなったと感じた場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

気になったら医師に相談

ひげの濃さが気にならない程度の変化であればよいですが、「濃くなりすぎて違和感がある」「青ひげが目立って仕方ない」という場合は医師に相談してください。 ミノキシジルによる多毛症は、薬の濃度を変更することによって改善する可能性があります。

濃度が高いミノキシジルを使用している場合は、低濃度タイプのものに変えてもらうとよいでしょう。もともと低濃度タイプを使用している場合は、使用を中止するか、他の薬への変更を検討することになりそうです。

 

まとめ

ミノキシジルが配合された薬には「多毛症」と呼ばれる副作用があるため、人によってはひげが濃くなる可能性があります。 多毛症は腕や脚、顔などの体毛が濃くなる症状で、どの部位にどの程度現れるかは薬を使用してみないとわかりません。ただ、部分的に塗布するリアップのような外用薬より、成分が全身にまわる内服薬の方が多毛症になりやすい傾向があります。

ひげが濃くなるのが嫌な場合は、医師に相談し、薬の濃度を下げたり他の薬に切り替えたりしましょう。そうすれば、多毛症の症状も軽減されるはずです。

また、ミノキシジルには多毛症以外の副作用もあるため注意が必要です。外用薬は軽度の皮膚症状が多いですが、内服薬には血圧低下やめまい、動悸などの健康被害につながる副作用も。中には心臓の障害など重篤な症状もあるため、既往症がある方は医師に必ず申し出てください。

ミノキシジルは薄毛対策に役立ちますが、ご紹介したような副作用があることも理解しておきましょう。