ミノキシジルは子作りに影響する?気になる副作用について

男性型脱毛症の治療にミノキシジルを利用したい方は多いはず。利用にあたり心配になるのが副作用です。ミノキシジルには、どのような副作用が想定されているのでしょうか。子作りに影響する可能性はないのでしょうか。ミノキシジルの副作用について解説します。心配な方は確認しておきましょう。

ミノキシジルは子作りに影響する?

最初に、ミノキシジルの概要とミノキシジルが子作りに与える影響を解説します。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、大正製薬から販売されている「リアップ」の有効成分です。効果・効能は「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」。具体的には、毛組織の血流を改善することや細胞成長因子の産生を促進すること、毛母細胞の自然死を抑制することなどで、ヘアサイクルの成長期を延伸することにより壮年性脱毛症に働きかけます。

日本皮膚科学会は、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でミノキシジルを「推奨度A(行うよう強く勧める)」と評価しています。男性型脱毛症の治療に、積極的に利用したい成分です。

ミノキシジルの副作用に性欲に関わるものはない

「リアップ×5」の説明書に、子作りに関連する副作用は記載されていません。リビドー減退など、性欲に関連する副作用も記載されていません。子作りに関連する副作用は想定されていないと考えて良いでしょう。

 

子作りには影響しないけど…知っておきたいミノキシジルの副作用

子作りを計画している方でも、ミノキシジルを利用することはできます。ただし、他の副作用に注意が必要です。具体的に、どのような副作用が想定されているのでしょうか。ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬に想定されている副作用を解説します。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジル外用薬に想定されている主な副作用は次の通りです。

・皮膚:頭皮の発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・フケ・使用部位の熱感など

・精神神経系:頭痛・気が遠くなる・めまい

・循環器系:胸の痛み・心拍が早くなる

・代謝系:原因がわからない急激な体重増加・手足のむくみ

518の薬局または販売店において3,072例を収集した特別調査(ミノキシジルのリスク区分|厚生労働省)によると、報告された副作用の発現症例は3,072例中271例、378件でした。具体的な内訳は、「適用部位そう痒感」が123件、「適用部位発疹」が43件、「頭部粃糠疹」が33件、「接触性皮膚炎」が32件、「適用部位紅斑」が31件となっています。「頭痛」は10件、「心拍数増加」は3件だったので、皮膚に関する副作用が起こりやすいといえます。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル内服薬は、飲み薬タイプのミノキシジルです。もともとは血圧を下げる薬として開発されましたが、全身の多毛症を引き起こす副作用が判明し薄毛治療に用いられるようになりました。ただし、日本国内で血圧を下げる薬として認可されていません。また、薄毛治療薬としても認可されていません。国内で認可されていない理由は、重篤な副作用を起こすリスクがあるからです。

ミノキシジル内服薬の添付文書には、副作用として胸痛・心拍数増加・動悸・息切れ・呼吸困難・うっ血性心不全・むくみ・体重増加などが挙げられています。重大な心血管系障害を起こす恐れがあると記載されているのです。

以上の副作用などを起こすリスクがあるので、ミノキシジル内服薬は薄毛治療に勧められていません。日本皮膚科学会は、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でミノキシジル内服薬を「推奨度D(行うべきではない)」と評価しています。子作りに対する影響は指摘されていませんが、健康上のリスクが高いのでよく考えてから服用する必要があります。

 

子作りに影響するのはミノキシジルでなくフィステナリド?

ミノキシジルと同じく、男性型脱毛症の治療に利用されている薬がフィナステリドです。薄毛治療を検討している方は、フィナステリドの副作用も押さえておきましょう。

フィナステリドとは

フィナステリドは、男性型脱毛症の治療に用いられているプロペシアの有効成分です。効果・効能は「男性における男性型脱毛症の進行遅滞」。有効成分・フィナステリドがⅡ型5αリダクターゼという酵素を阻害することで効果・効能を発揮します。

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンがⅡ型5αリダクターゼの働きで活性の高い男性ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換されることです。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合すると、毛母細胞の増殖が抑制されてヘアサイクルの成長期が短縮するなどの影響が現れます。フィナステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を防ぎ、男性型脱毛症の進行を遅滞するのです。

日本皮膚科学会は、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でフィナステリドを「推奨度A(行うよう強く勧める)」と評価しています。

フィナステリドの副作用に性機能障害もある

フィナステリドは、ミノキシジルと同じく信頼性の高い男性型脱毛症治療薬と考えられています。ただし、副作用がないわけではありません。

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは、次の副作用などが想定されています。

・過敏症:蕁麻疹・瘙痒症・発疹・血管浮腫

・生殖器:睾丸痛・男性不妊症・精液の質低下・リビドー減退・勃起機能不全・射精障害・精液量減少

・肝臓:肝機能障害

起こりやすい副作用として挙げられるのがリビドー減退と勃起機能不全です。承認時に行われた48週間の2重盲検比較試験でリビドー減退が認められた割合は1.1%(安全性評価対象276例中3件)、勃起機能不全が認められた割合は0.7%(安全性評価対象276例中2例)です。 国内で行われた臨床実験で、フィナステリドを投与した群よりプラセボ(偽薬)を投与した群の方が性機能に関する副作用の報告が多かったことから、プラセボ効果によりリビドー減退を訴えている方もいると考えられますが子作りを予定している方は気を付けたい副作用といえるでしょう。

フィナステリドの副作用で子作りを行えない場合は、服用を中止するなどの処置が必要です。 以上のほかでは、肝機能障害にも注意が必要です。発症頻度は不明ですが、重大な副作用として挙げられています。気になる症状が現れた方は、出来るだけ早く医師に相談しましょう。

 

まとめ

ミノキシジルは、毛組織の血流を改善することや毛母細胞の自然死を抑制することなどで発毛や育毛を促します。頭皮の発疹やそう痒感などの副作用は報告されていますが、子作りに関連する副作用は報告されていません。子作りを検討している方でも、安心して利用できます。

ミノキシジルと並行して用いられることが多いフィナステリドは、子作りに影響を与える可能性があります。副作用として、リビドー減退や勃起機能不全などが報告されているからです。発症頻度は高くありませんが、男性は注意しましょう。

また、妊娠中の女性の体内に取り込まれると、男性胎児の成長に悪影響を与える恐れがあります。皮膚からも吸収されるので、フィナステリドを服用する男性は取り扱いに注意しましょう。