体臭の病院は何科?どんな治療があるの?

体臭が気になるときに相談できる診療科は何かご存知ですか。また、どのような治療を受ければ改善されるのでしょうか。 体臭はただ臭いだけではなく病気が原因で起こっていることが多いので、放っておくと大きな病気に繋がることも。体臭の種類別に相談できる病院を知って早めに治療してしまいましょう。

体臭の病院は何科?~わきがの場合

わきがで困っているときに相談できる病院と治療内容についてご説明します。わきがは体質的なものなので、どんなに清潔にしていても匂ってしまう人は病院で治療するしか改善方法はありません。日本でわきがの人はマイナスイメージしか持たれませんので、少しでも気になったら病院へ行くようにしましょう。

わきがかも?と思ったら何科を受診すべき?

わきがかもしれないので診断してもらおうと思ったら、まずは皮膚科、形成外科、美容外科のいずれかを受診してみましょう。

わきがの原因はアポクリン腺にあります。ここから汗が分泌されるのですが、細菌が汗を分解することで匂いが生じてしまいます。アポクリン腺への対処がわきが治療となりますので、皮膚に詳しい医師に診てもらうのが確実というわけです。そのような理由で皮膚科、形成外科、美容外科のいずれかに相談することをおすすめします。

ただし他の要因が匂いの元となっているケースもあります。例を挙げるとメンタルトラブルから起こる発汗、内臓疾患からくる体臭の変化などです。そのようなケースでは精神科や心療内科、内科の専門医に診てもらうほうが適した処置を受けられるでしょう。 また、まだ数は少ないものの、最近では体臭専門外来を行っているクリニックも存在します。もし通院できる範囲に体臭専門外来があるようなら、初めからそちらを受診してみましょう。

病院で行われるわきがの治療

病院で相談できるわきがの治療法としては、塗り薬や内服薬を処方する薬物療法から手術で原因に直接アプローチするものまでさまざまなものがあります。 わきがの程度にもよりますが、いきなり手術というケースは少なく、多くの医療機関では基本的には患者への負担が少ないものから順番に治療を試していくようです。

例えば本人だけが気にしている程度のごく軽い症例では制汗剤や消毒液を使用して様子を見るだけということもあります。 精神的な要因で、緊張などから汗をかいて匂いに繋がっているようなケースでは、抗不安剤を処方したり交感神経遮断術を行ったりして治療を進めます。

外科手術ではわきがの直接的な要因であるアポクリン腺を除去する治療がメインになります。手術跡が目立たないものから順に、特殊な器具を皮下に挿入して汗腺を除去する小切開法やクワドラカット、脇下を切開しアポクリン腺を直接除去する皮弁法、腋下の皮膚全体を切除する皮膚切除術があります。外科手術の効果は手術跡が目立ってしまうものほど効果に大きな期待ができるようです。

外科治療でどうしても傷跡が残ってしまうことに抵抗がある人には、ラジオ波やマイクロ波を使用する無切開治療も選択肢としてあります。ただし切開する手術と違ってアポクリン腺をどの程度なくすことができたのかわからないため、どの程度の効果が期待できるのかはわかりません。

 

体臭の病院は何科?~頭皮の匂いの場合

頭皮のひどい匂いで困っているときに相談できる病院と治療内容についてご説明します。頭の匂いはほとんどの場合で不衛生によるものなので、生活習慣を見直すだけで改善が期待できます。しかし清潔にしていても匂ってしまう人は病気の疑いがあります。そのような場合は早めに医師に相談して治療してもらいましょう。

頭皮が臭いかも?と思ったら何科を受診すべき?

頭皮の匂いに悩んでいたら、まずは皮膚科に相談するようにしましょう。気になってしまうほど頭皮が匂うときには、脂漏性皮膚炎を疑ってみたほうがよいと思います。この病気の症状としては頭皮が臭くなったり痒くなったりというものがあります。頭皮の皮脂が多いと、マラセチアというカビの一種が繁殖してしまい炎症を招きます。この炎症で痒み、フケ、匂いが目立つようになるのです。脂漏性皮膚炎の治療を行ってくれるのは皮膚科です。セルフケアで改善されないのであれば、すぐに皮膚科を受診するようにしてください。

病院で行われる頭皮の匂いの治療

頭皮の匂いは塗り薬や内服薬の処方で治療します。頭皮がひどく匂う原因のほとんどは脂漏性皮膚炎といわれています。脂漏性皮膚炎を引き起こしているのはカビの一種であるマラセチアなので、マラセチアに対するアプローチを行う治療が一般的なものです。起きている炎症に対してはステロイド剤、増殖しているマラセチアに対しては抑える薬剤を塗布して改善を目指します。これに痒み止めやビタミン剤を併用して治療を進めるケースもあります。医師によっては頭皮環境を改善するためのシャンプーやヘアケアの製品をアドバイスしてくれることもあるようです。

 

体臭の病院は何科?~口臭の場合

口臭で困っているときに相談できる病院と治療内容についてご説明します。口臭については、まったく匂わないという人はいません。問題となるのはその程度です。他人から指摘されてしまうような匂いになると何か原因があるのかもしれません。ひどい口臭は他の病気が引き金になっていることが多いので医師に診てもらうことが大切です。

口が臭いかも?と思ったら何科を受診すべき?

口臭が気になったら、まずは歯科医に相談してみましょう。口臭の多くは口の中のトラブルが原因です。歯科医に調べてもらえば、その匂いが正常なレベルにあるのか、それとも病的なものなのかがわかります。

診断方法は歯科医が直接匂いを嗅ぐ方法と、測定器を用いて行う方法があります。直接匂いを嗅ぐ方法を想像すると歯科医は大変な仕事だなと思いますが、経験豊富な医師だと早くて確実な診断方法だそうです。

また測定機を用いる方法では数値による結果がわかるので、客観的に匂いを調べることができます。 口以外では消化器や肺に原因があることも。歯医者の診断結果で原因がわからないようであれば、内科や呼吸器、消化器の専門医に診てもらいましょう。

病院で行われる口臭の治療

歯科医院では口臭の原因となっている疾病を特定して、それに応じた治療を進めていきます。病的な口臭は多くの場合で虫歯や歯周病、口腔のケア不足、ドライマウスが引き起こしていると考えられます。治療内容はそれぞれのケースで異なりますが、共通しているのは治療を通じて口腔内の細菌を減らすことで口臭の改善を目指すことです。歯周病が原因だった場合は再発しないように、治療後も定期的に予防のための通院が必要となることも覚えておきましょう。

 

体臭全般を相談できる体臭外来もある

まだ全国でも施設はそう多くないのですが、体臭全般について相談することのできる体臭外来クリニックというものが存在します。体臭専門外来での治療は基本的に自費治療となりますが、さまざまな原因が考えられる体臭について、相談しやすい医療機関だといえそうです。

体臭専門外来とは

体臭専門外来とは体臭の悩みについて総合的に相談できる医療機関です。体臭は原因がわかっていれば皮膚科や内科など専門の医師に相談することができますが、わからない場合は総合病院で診てもらうしかありません。総合病院といっても実際は診療科が細かく別れているので、病院内でたらい回しになってしまうという心配があります。最初に掛かった診療科によっては気のせいで済まされてしまうかもしれません。体臭専門外来なら体臭に関して専門に診ているので、内科疾患や精神疾患が原因になっているものまで一箇所で対処してもらうことができます。

 

まとめ

体臭といっても口臭やわきが、頭皮の匂いなど、ケースに応じて掛かる診療科は異なることがわかりました。これら体臭は病気のサインともいえるので、自分で匂いが気になったり、他人から指摘されるようなことがあったりしたら、早急に病院で医師に相談するようにしましょう。