プロペシアの価格相場は?専門クリニックと一般病院で比較

プロペシアは、専門クリニックと一般病院で価格が異なります。服用を続けることで効果が持続するため、AGAに悩んでいる方は継続的な服用を考慮して処方を受ける医療機関を決めることが大切です。プロペシアは、AGAの進行を抑え、発毛力を取り戻すことを目的としています。AGAの治療には必須の薬と言えるので、価格について詳しいことを確認していきましょう。

プロペシアの価格を比較

AGAの治療をどの医療機関で受けるかは、医師の質や通いやすさなど様々なことを考慮して決めることが大切です。そして、長く続けるためにも、プロペシアの価格を確認しておきましょう。プロペシアの価格が高い医療機関に通うと、途中で金銭的な問題によって医療機関を変える必要が出てくる可能性があります。再度、初診の問診や検査を受けるのは面倒と感じる方が多いのではないでしょうか。スムーズにAGAの治療を進めるためにも、プロペシアの金額が予算に合った医療機関を選びましょう。

プロペシアの価格が病院によって異なるのはなぜ?

プロペシアは、保険適用の薬ではありません。保険適用の場合は、料金が一律になっているため、料金の差で医療機関を選ぶ必要がありません。しかし、プロペシアは自費診療の薬であるため、医療機関が自由に価格を決められるようになっているのです。

医療機関の経営が低迷した場合は、プロペシアを安く提供して患者を呼び込むといったことも可能です。また、広告費をどれだけかけているか、院内の内装や清掃業者への依頼などにかけている費用などとの折り合いを見て、料金を設定できます。 料金が高いからといって、良い医療を受けられるわけではないので注意しましょう。

また、プロペシアの料金が大体の相場よりも高すぎる場合には、その医療機関に通う必要があるのかどうかを慎重に考えることが大切です。

一般の病院・皮膚科でのプロペシアの価格

一般の病院・皮膚科でのプロペシアの価格は、月6,000~7,000円程度です。プロペシアの他にミノキシジルという発毛剤を処方する医療機関もありますが、ほとんどはプロペシアしか処方していません。

また、AGA専門クリニックよりもAGA患者の診察数が少ない可能性があるため、オーダーメイドの治療や過去の経験に基づいた治療などは期待できないでしょう。だからといって、必ずしもAGA専門クリニックがいいとは限りません。

AGA専門クリニックでのプロペシアの価格

AGA専門クリニックでプロペシアの処方を受ける際には、血液検査などの費用もかかります。そのため、初診で3~4万円程度の費用がかかることもあるのです。プロペシアの料金は、月6,000~10,000円程度と一般の病院や皮膚科より少し高い傾向があります。初診は費用が高くなることを覚えておきましょう。

AGA専門クリニックでは、ミノキシジルやデュタステリドといった薬の他、頭皮に薬剤を注入するメソセラピー、自毛植毛など様々な治療の選択肢が用意されているので、途中から別の治療と併用することも可能です。

 

プロペシアの価格を安く抑えるならジェネリック医薬品

費用を抑えて、プロペシアと同等の薬を使いたいのであれば、ジェネリック医薬品を選びましょう。ジェネリック医薬品をうまく使えば、費用を抑えてAGAを治療できます。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれています。先発品となる薬と同じ成分で作られているため、同等の効果が期待できます。先発品が研究費を多くかけて開発されているのに対し、ジェネリック医薬品は費用を抑えられます。そのため、低価格で販売されているのです。

なお、AGAの治療そのものが自費診療であるため、ジェネリック医薬品を使用する場合も保険が適用されません。

プロペシアのジェネリック医薬品の価格

プロペシアのジェネリック医薬品は、月4,500~6,000円程度で使用できます。先発品のプロペシアの費用が月6,000~7,000円であるため、2~3割程度お得です。1年続ける場合、約2万円もの差がつきます。

プロペシアのジェネリック医薬品は薬局で買える?

プロペシアのジェネリック医薬品は、先発品と同じく医療用医薬品です。そのため、医師の処方を受けなければ入手できません。薬局では購入できないので注意しましょう。

プロペシアは誰にでも使用できる薬ではありません。副作用に勃起不全や性欲減退などがあるため、子供を望む場合は妊活が終わってからプロペシアによる治療を始めた方がいいでしょう。このような注意点もあるため、医師の診察や検査を受けたうえでプロペシアを処方してもらうことが大切です。

 

価格を抑えたくてもプロペシアの個人輸入は要注意

価格が高いから、何としても安いプロペシアを見つけたいという方もいるでしょう。そのような場合、インターネットでプロペシアの個人輸入代行業者を見つけてしまうことがあります。プロペシアの個人輸入は要注意です。どのようなことに問題があるのか確認しておきましょう。

多く出回っているプロペシアの個人輸入代行

プロペシアの個人輸入代行業者は多く、プロペシアをインターネット上で探すと一度は目にするかもしれません。しかし、プロペシアの個人輸入代行業者は利用しない方がいいでしょう。個人輸入そのものは法律上問題ありませんが、個人輸入されたプロペシアを服用することで、何らかの問題が起こる可能性があります。

海外輸入のプロペシアを利用するリスク

個人輸入のプロペシアの何が危険なのかというと、偽物が送られてくる可能性があることです。素人では、プロペシアが本物かどうか見分けることができません。偽物のプロペシアには、有効成分のフィナステリドが含まれていなかったり、別の成分が含まれていたりする場合があります。劣悪な環境で製造されており、服用することで健康被害を受けることも考えられるのです。

プロペシアの他にも、ジェネリック医薬品のフィナステリドやフィンペシアなどにも同じことが言えます。先発品かジェネリック医薬品かに関係なく、個人輸入で入手することは避けましょう。

また、医薬品副作用被害救済制度を受けられないことも個人輸入の問題点です。医薬品は市販されている医薬部外品などよりも副作用が起こるリスクが高く、中には重篤な副作用が現れたために健康状態が著しく悪くなることもあります。医師の処方を受け、正しく服用していたにもかかわらず重篤な副作用が起きた場合には、医薬品副作用被害救済制度を受けられます。副作用によって起きた健康被害による症状を改善させるためにかかる治療費や年金などの給付を受けられます。 個人輸入のプロペシアやフィンペシアなどで健康被害を受けても、医薬品副作用被害救済制度を受けられないため、つらい日々を過ごすことになるでしょう。

単なるAGA治療だから大丈夫と思って個人輸入を利用すると、思わぬトラブルが起こる可能性があるため、必ず医師に処方してもらいましょう。また、定期的に医師の診察を受けることで、AGAの進行状況に合わせて新たな治療法の提案を受けられます。

 

まとめ

値段が高いプロペシアだからといって効果が高いわけではありません。医療機関が自由に料金を決められるため、料金に差があるのです。

AGA専門クリニックは、プロペシアの他にも様々な薬による治療やメソセラピー、自毛植毛などの治療を行っているため、他の治療が必要になったときにアドバイスを受けられます。一般の病院や皮膚科はプロペシアによる治療しか導入していない傾向があります。

プロペシアさえあればAGAの治療が行えるため、安く入手したいという方もいますが、個人輸入は利用しない方がいいでしょう。偽物を入手することになり、何らかの健康被害が起こる恐れがあります。また、医薬品副作用被害救済制度も受けられないため、十分に注意が必要です。