プロペシアが効かない!効果が出ない場合に考えられる原因と対策

プロペシアは、AGA治療において用いられることが多い薬です。プロペシアを使用しないAGA治療もありますが、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは、最も推奨される治療法です。プロペシアは全員に効くわけではなく、効かないケースもあります。ここでは、プロペシアの効果が出ない場合に考えられる原因と対策法について解説します。

プロペシアが効かない…そもそも効果はいつから出るもの?

プロペシアが効かないと思ったら、まずは服用からどれぐらいの期間が経過しているのか確認しましょう。また、プロペシアがAGAに効くしくみについても確認しておくことが大切です。

プロペシアがAGAに効くしくみ

プロペシアは、5αリダクターゼII型を阻害するAGA治療薬です。5αリダクターゼII型は、男性ホルモンのテストステロンからジヒドロテストステロンを作りだします。ジヒドロテストステロンは、毛の成長を妨げることで薄毛を引き起こすのです。5αリダクターゼII型がプロペシアによって阻害されれば、ジヒドロテストステロンを生産できなくなり、AGAの進行を抑制できます。

プロペシアで効果を感じられるまでの期間

プロペシアの効果は、1日1回の服用を6ヶ月以上続けることで実感できるようになるといわれています。6ヶ月が経過していないのに、薄毛が改善しないからといってプロペシアの服用をやめると、AGAが進行してしまうでしょう。AGAは、進行し続けることで薄毛の範囲を拡大させ、患者の悩みを大きくしてしまいます。そのため、プロペシアの服用を始めたら、決められた期間は必ず飲むようにしましょう。

なお、飲み忘れたからといって、翌日に2錠を飲んではいけません。副作用が現れるリスクが高まるため、医師の指示に従って服用することが大切です。

 

プロペシアが効かない人の特徴・考えられる原因

プロペシアが効かない場合には、服用期間やAGAの原因の種類などが関係しているかもしれません。どのような原因が考えられるのかみていきましょう。

服用を始めてから十分な期間がたっていない

服用を始めてから十分な期間が経過していない場合は、AGAの改善を実感できないでしょう。他の病気とは違い、継続的に服用することで効果を実感できるようになるため、根気よく続けることが大切です。

服用期間が長くて費用が高くなることが気になる場合は、価格が安いプロペシアのジェネリック医薬品を取り扱っている医療機関を受診しましょう。年間でかかる費用に、数万円もの差が出ます。

正しい服用をしていない

プロペシアは、1日1錠が基本です。飲んだり飲まなかったりすると、6ヶ月服用を続けても効果は実感できないでしょう。正しく服用を続けるとともに、途中で飲まない期間がないようにすることが大切です。

5αリダクターゼⅠ型が原因で薄毛になっている

プロペシアは、5αリダクターゼII型を阻害する薬です。AGAは、主に5αリダクターゼII型が原因となりますが、実は5αリダクターゼI型によって引き起こされるケースもあります。この場合は、プロペシアではAGAの進行を抑えることができません。

5αリダクターゼI型が原因の場合には、デュタステリドを服用するといいでしょう。5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害できるため、プロペシアが効かないケースでも対応できます。 ただし、デュタステリドは取り扱いのある医療機関が限られており、多くの場合はAGA専門クリニックで処方してもらうことになるでしょう。料金はプロペシアよりも少し高く設定されている傾向があります。

毛母細胞が弱っている

髪は、毛母細胞が分裂して作りだされます。AGAでは、ジヒドロテストステロンによって髪の成長期が短縮されるのですが、毛母細胞そのものが弱っていると、プロペシアでジヒドロテストステロンに対処しても薄毛の改善が期待できません。

海外輸入のプロペシアを使っている

海外から個人輸入したプロペシアを使っている場合、効果が現れないケースがあります。これは、偽物のプロペシアを購入してしまったことが原因だと考えられます。販売元が明らかになっておらず、どこで製造されたかもわからないプロペシアが送られてきて使用したために、健康被害にあうケースもあります。プロペシアの効果をしっかり得るために、個人輸入では購入しないことが大切です。

医療機関で診察を受けることで、プロペシアを服用しても問題ないかどうか確認してもらえます。プロペシアには、勃起不全や性欲減退といった性機能に関する副作用があります。妊活中であれば、服用しない方がいいでしょう。このようなことも、医療機関で処方を受けなければわからない場合があるため、個人輸入は避けることが大切です。

プロペシアの効果なし・AGA以外の薄毛である可能性も

プロペシアの効果が現れない場合は、AGA以外の薄毛の可能性もあります。5αリダクターゼII型が関係していない薄毛は、プロペシアでは改善が期待できません。例えば、円形脱毛症は自己免疫疾患といって、自分の免疫が細胞を攻撃することで発症します。また、脂漏性皮膚炎に伴う脱毛症は、脂漏性皮膚炎によって頭皮環境が乱れ、発毛が阻害されることが原因です。

 

プロペシアが効果がないと思ったら

プロペシアに効果が現れない場合は、生活習慣を見直したり、別の治療法を検討したりすることが大切です。

生活習慣を見直す

生活習慣と薄毛は密接に関係しているといわれています。健康な髪を育てるためには、頭皮環境を整えて、正しい育毛習慣を心がける必要があります。

例えば、ドライヤーを頭皮の近くからあててしまうと、頭皮が乾燥して薄毛に繋がる可能性があるのです。その他、髪の成長に必要な栄養が不足していたり、栄養の供給に欠かせない血流が低下していたりすることも原因となります。 十分や睡眠や栄養バランスのとれた食事、適度な運動、湯船に浸かる、ドライヤーをあてるときは頭皮から離すといったことを心がけましょう。

他のAGA治療法を検討する

AGAの治療法には、プロペシアの他にもミノキシジルやデュタステリドによる薬物療法やメソセラピー、HARG療法、自毛植毛などがあります。

・ミノキシジル

髪の成長期を延長させることで発毛を促す薬で、AGAの他にびまん性脱毛症などにも使用されています。プロペシアと併用されることが多く、一般の病院や皮膚科でも取り扱っている場合があります。

・デュタステリド

5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害するため、II型しか阻害しないプロペシアよりも高い効果が期待できます。

・メソセラピー

頭皮にプロペシアの主成分フィナステリドやミノキシジル、各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを注射器などで注入する治療法です。

・HARG療法

成長因子を含むHARGカクテルを頭皮に注入し、発毛力の改善をもたらすとされる治療法です。

・自毛植毛

5αリダクターゼII型がない側頭部や後頭部の髪を皮膚ごと移植する方法です。高額であることや、傷跡が残ることなどデメリットがあります。生着すれば自然に髪が生えるようになりますが、移植部の周りはAGAの影響を受けるため、プロペシアなどによる治療の併用が必要です。

医師に相談してAGA以外の薄毛でないか確認する

医師の診察を受けることで、AGA以外の薄毛かどうか診断を受けられます。円形脱毛症や脂漏性皮膚炎に伴う脱毛症などではないことを確認してもらいましょう。

 

まとめ

プロペシアが効かない場合は、用法・用量を守れていない可能性があります。また、個人輸入で入手した偽物のプロペシアを服用していることも考えられるでしょう。個人輸入でプロペシアを入手した場合は、医師の診察を受けていないということであるため、AGA以外の薄毛の可能性を考慮しなければなりません。

プロペシアは多くのAGA患者に効果が期待できる薬であるため、効果が現れない場合は医師に相談して原因を突き止めましょう。