プロペシアとフィナステリド(ジェネリック医薬品)の違いは?効果・価格を比較

AGAの治療薬であるプロペシアには、フィナステリドが含まれています。そして、プロペシアのジェネリック医薬品に「フィナステリド錠」があります。両者の効果や副作用、価格などに違いはあるのか気になっている方は多いのではないでしょうか。ここでは、プロペシアとフィナステリド(ジェネリック医薬品)の違いについて詳しく解説します。

プロペシアとフィステナリドの基礎知識

プロペシアとフィナステリドの違いを確認する前に、まずは基礎知識から確認していきましょう。

フィステナリドはプロペシアの主成分

フィナステリドは、プロペシアの主成分です。プロペシアは薬の名称であるため、この名称が異なっていてもフィナステリドが含まれている薬であればAGAに効果が期待できます。

フィステナリドのAGAへの効果

フィナステリドは、AGAの原因に深く関わる5αリダクターゼII型を阻害することで、結果的にAGAを抑制します。

5αリダクターゼII型は、男性ホルモンの中でも重要なテストステロンと結びつくことで、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンとなります。ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞という毛が生えるために必要な組織のアンドロゲン受容体と呼ばれる部分と結びつき、髪の成長を妨げてしまうのです。

つまり、フィナステリドで5αリダクターゼII型を阻害すれば、ジヒドロテストステロンを作れなくなるため、AGAの進行を抑えられるということです。

プロペシアのジェネリック医薬品としての「フィステナリド錠」

フィナステリドはプロペシアの主成分の名称ですが、同じ名前で「フィナステリド錠」というジェネリック医薬品が各製薬会社から販売されています。フィナステリド錠を販売しているのは、ファイザー社や沢井製薬、東和薬品、クラシエ製薬などです。自社の名前をそのままフィナステリド錠の名称としているため、ファイザー、サワイ、トーワ、クラシエという商品名となっています。

 

プロペシアとフィステナリド錠の違い

プロペシアとフィナステリド錠にどのような違いがあるのか確認しておくことが大切です。どちらを選んでも後悔しないように、価格や効果、副作用などの違いを確認しておきましょう。

プロペシアとフィステナリド錠の価格の違い

プロペシアとフィナステリド錠では、フィナステリド錠の方が価格が安くなっています。そもそもジェネリック医薬品とは、先発品の特許が切れてから開発される医薬品のことです。すでに開発済みの薬を模倣して作ることができるため、研究費を大幅に抑えられます。そのため、販売価格も安く設定できるのです。

プロペシアとフィナステリド錠は、どちらも自費診療です。自費診療は医療機関が自由に料金を設定できるため、あるクリニックのプロペシアよりも、他のクリニックのフィナステリド錠の方が料金が高い場合があります。

一般的には、1ヶ月分でプロペシアが約6,000~7,000円、フィナステリド錠が約4,500~6,000円となります。1ヶ月で考えると、それほど大きな差がないように思えるかもしれませんが、プロペシアは6ヶ月以上継続することで効果が期待できる薬であり、服用をやめると再びAGAの進行を招く可能性があります。つまり、長く継続して服用する薬なのです。ランニングコストを考えると、1年で約20,000~30,000円もの差が出ます。 費用が高いという理由でAGAの治療をやめることにならないように、フィナステリド錠も視野に入れることをおすすめします。

プロペシアとフィステナリド錠の効果の違い

プロペシアとフィナステリド錠の効果の違いは、ほとんどないといわれています。含まれている成分はどちらも同じであるため、AGAに対する効果も同等だと考えられるでしょう。フィナステリド錠の中でも、製薬会社によって名称が異なりますが、いずれも同じ効果が期待できます。

なお、プロペシアの効果については、臨床試験で証明されています。その際には、プロペシアではなくフィナステリドとして実験されているため、フィナステリドが同じだけ含まれている薬であれば同等の効果が期待できるのです。臨床試験では、フィナステリド1mgを1年間服用することで、毛髪量が11%増加したことが認められています。さらに、5年続けて使用することで、さらに4.3%の増加がみられました。なお、この結果はAGAの進行を抑えることはできても、進行防止はできないことを示しています。

また、女性に対してプロペシアを使用してもAGAの改善は期待できないことがわかっています。それどころか、男児を妊娠中に服用すると、外性器への悪影響が及ぶ可能性が高いため、服用してはいけません。皮膚からもフィナステリドが吸収されるため、妊婦の手が届かないところに保管し、触らないよう注意喚起する必要があります。

プロペシアとフィステナリド錠の副作用の違い

副作用についても、プロペシアとフィナステリド錠に違いはありません。効果が同等であれば、副作用が起こる確率や程度についても同等なのです。

フィナステリドの副作用は、性欲減退や射精障害、勃起不全などです。このような副作用は、妊活時に問題となります。副作用が現れる頻度は高くはありませんが、副作用が現れてから服用を一時休止すると、それまでにかかった費用が無駄になります。そのため、子供を望んでいるうちは服用しない方がいいでしょう。また、じんましんやかゆみ、抑うつ、乳房圧痛といった副作用が現れることもあります。

すぐに副作用が改善したため、問題ないと思って続けてしまうと、後から大きな問題が起こる可能性があります。重篤な副作用として、肝機能障害があります。肝臓の機能が低下することで様々な症状が現れる恐れがあるのです。健康状態が大きく悪化する恐れがあるため、副作用が現れた場合はすぐに使用を中止したうえで医師に相談が必要です。また、肝臓に持病があるために、もともと肝機能の数値が悪い方は、プロペシアの処方を受ける前に医師に相談しましょう。

プロペシアからフィナステリド錠に切り替えたところ、副作用が現れたといった場合には、偽物を服用してしまっている可能性があります。個人輸入でプロペシアやフィナステリドを含むジェネリック医薬品を入手した場合、健康被害にあうケースがあります。劣悪な環境で製造されていたり、フィナステリドの含有量が基準を超えていたりする場合、大きな健康被害に繋がりかねません。

医薬品を正しく服用した場合に重篤な副作用が現れ、治療が必要になったケースでは、医薬品副作用被害救済制度によって治療費や年金の給付を受けられるのですが、個人輸入で入手した医薬品には適用されないため注意が必要です。

 

まとめ

フィナステリドはプロペシアの主成分ですが、同じ名前でジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品には、各製薬会社の名前がつけられています。ジェネリック医薬品の効果や副作用は、先発品のプロペシアと同等です。費用を抑えたい場合は、フィナステリド錠を選ぶといいでしょう。

ただし、プロペシアとフィナステリド錠はどちらも自費診療であるため、クリニックによって料金が異なります。そのため、他のクリニックのプロペシアよりも、受診したクリニックのフィナステリド錠の方が高いケースもあります。 料金を重視するのであれば、十分に注意しましょう。

また、安く済ませたいからといって、個人輸入で安価なフィナステリドを含む薬を入手することは避ける必要があります。偽物が送られてくるケースもあり、大きな健康被害に繋がる恐れがあるのです。フィナステリド錠やプロペシアは医師に処方してもらい、用法・用量を守って服用しましょう。