増毛にかかる費用はどれくらい?初期費用やメンテナンス費用を比較

手っ取り早く毛髪を増やす手段に増毛があります。増毛を検討したときにまず気になることは費用面に関することではないでしょうか。この記事では増毛する場合に必要となる初期費用や、施術後に維持していくためのメンテナンス費用について解説していきます。また、増毛と混同しがちな植毛についての解説も併せて行いますので、ぜひ最後までお読みください。

増毛にかかる費用は?初期費用を比較

増毛にかかる費用はどれくらいになるのか気になる人は多いはず。施設によって異なる料金に、どこを選べばよいのか頭を悩ませていませんか。ここでは大手3社の初期費用について紹介しますので、後悔しない施設選びのコツを探っていきましょう。

増毛の費用は施設によって異なる

増毛というと同じような施術をしているように感じますが、施設はそれぞれ独自の技術を売りにし施術を商品パッケージ化しているので、同じ増毛をするにしても料金に違いが出てきます。

また薄毛の程度によっては、A社だとワンランク上のプランを選ばなければならないが、B社は基本プランのままでOKということがあります。

一概にどの施設がお得といえないのが増毛なので、必ず複数の施設を比較してから申し込みすることが後悔しない秘訣です。 医療行為ではない増毛には保険が適用されないので支払いも高額になります。契約前にはその内容をよく吟味して、自分が納得できる施設を利用するようにしましょう。

増毛で口コミ高評価・大手3社の初期費用比較

増毛施術で高評価の口コミを集めている大手3社をピックアップして初期費用を比較してみます。見た目の変化を感じられる最低限の3000本をサンプルケースとして、最安プランを調べてみましたので参考にしてみてください。

・アデランス

「バイタルEXマイクロリターン」は初回14万8千円です。内訳は毛材に13万8千円、取付費に1万円となっています。このほかメンテナンス費用として月々1万円が必要です。

・スヴェンソン

「マイヘアプラス10」は初回18万円です。内訳は毛材に16万円、取付費に2万円となっています。このほかメンテナンス費用として月々1万2千5百円が必要です。

・アートネイチャー

アートネイチャーは料金を公開していないので、実際に利用したユーザーの口コミを調べた想定料金です。「マープ増毛法」で初回30万円ほどとなり、メンテナンス費用は月々2千5百円ほどだそうです。

 

増毛はメンテナンス費用もかかる

増毛は最初の施術費用だけではなく、維持していくためのメンテナンス費もコストとして考える必要があります。なぜ増毛にメンテナンスが必要になるのか、メンテナンスにはどれくらい費用がかかるのかを理解しておきましょう。

増毛にメンテナンスが必要な理由

増毛方式にもよりますが、基本的には自毛の根本に人工毛を固定して増やすものなので、自毛の成長に合わせて定期的なメンテナンスが必要となります。

人工毛は自毛を柱にして固定するので、自毛が成長すると固定した位置もそれに合わせて上がってきます。そのまま放置してしまうと、手ぐしを入れたときに指に毛が引っかかったり、頭髪が不自然な見た目になったりします。固定位置が地肌から1センチ以上離れてしまうとこうした不具合が目立つようになります。個人差にもよりますが、毛髪は1ヶ月で1センチ以上成長するといわれているので、少なくとも毎月のメンテナンスは必須です。

メンテナンスでは、人工毛の固定位置を自毛ごとカット、自毛の根本に新しい人工毛を再固定します。また、自毛と一緒に抜けてしまった部分があれば、人工毛を追加して補います。このときに希望すれば先発やカラーリング、パーマもかけてもらうことができます。 増毛は短期間で毛髪を豊かに見せることができますが、こまめに手入れしなければならない面倒さがあることも覚えておきましょう。

増毛のメンテナンスにかかる費用はどれくらい?

増毛のメンテナンス費用は使用する人工毛の本数によっても変わりますが、3000本を増毛したケースでは1万円から1万2千円くらいが相場です。年間にすると12万円から14万円ほど必要になると考えましょう。 増毛で豊かにした頭髪を維持していくには、この金額を払い続けていかなければなりません。

また金銭的なコスト以外にも、毎月のように施術するための時間も確保する必要があります。 せっかく増毛しても維持できなくては意味がありません。植毛やかつらなど、他の方法も含めて慎重に検討するようにしましょう。

 

増毛と植毛で費用は違う?

頭髪を増やす方法には、増毛以外に植毛と呼ばれるものがあります。両者の間にはどれくらい費用の違いがあるのでしょうか。増毛と植毛の違いについて理解し、それぞれに必要な費用を比較検討してみましょう。

増毛と植毛の違い

増毛と植毛は同じような意味にとられがちですが、その内容は大きく異なります。それぞれの特徴は以下のようになります。

・増毛

人工毛を使って毛髪の量を増やします。主な手法として、結束式、接着式、編み込み式の3つがあります。結束式は自毛の根本に人工毛を固定するもので、現在の増毛では主流となっています。接着式では人工毛が植え付けられている粘着シートを頭皮に貼り付け、編み込み式では糸を使って人工毛を固定するベースから作り上げていきます。かつら同様に薄毛を隠すだけで、実際に髪が増えるものではない点に気をつけましょう。

・植毛

植毛はいわば毛髪の移植手術です。移植するのは自分の毛髪で、後頭部など豊かに生えている部分から毛包(毛根の周囲にある毛を作り出す細胞組織)ごと取り出して薄毛の部分に移します。定着後は元からそこにあった毛髪のように成長し、生え変わりもする自然な状態を取り戻せます。出血を伴う手術なので術後のケアはしっかりとしなければなりません。また、組織が定着してから毛髪が生え揃うまで6ヶ月から8ヶ月ほどの期間が必要となります。

増毛と植毛の費用を比較

費用面で比較した場合に、増毛と植毛のどちらを選べばコストパフォーマンスがよいのでしょうか。両者のコストについては、短期的に見るか長期的に見るかで大きく変わってきます。ここでは毛髪を2500本増やすケースを例として見ていきましょう。

2500本増やすケースでの初期費用は、増毛で15万から20万円くらい、植毛では最低50万円ほど必要になります。植毛の最低額は一番安い手術になるので、傷が目立ちにくい手術を受けようとしたら200万円以上かかると考えてください。

髪を増やした後の維持費については、増毛は毎月1万円以上必要なのに対し、植毛の方は基本的にお金がかかりません。強いていえば元からあった自毛と同じようにケアする用品代くらいです。 感覚的には、高額商品を購入するときに一括で支払うか、ローンにするかのような違いだと思えばよいでしょう。

 

増毛の費用をしっかり確認するために

実際に必要となる増毛費用は頭髪の状況によって変わってくるので、正式に施術を申し込む前にしっかりと確認しておくことが大切です。自分の増毛費用を具体的に知るには、増毛施設が提供している無料キャンペーンや無料カウンセリングを利用するといいでしょう。

増毛の無料キャンペーンや無料カウンセリングで費用を確認

多くの増毛施設では無料で体験キャンペーンやカウンセリングを行っているので、そのような機会を利用して直接費用を確認してもよいでしょう。

ここまで一般的な例として施術費用相場をご紹介しましたが、実際の費用総額はその人の薄毛がどの程度なのかによって大きく変わってきます。初期の薄毛なら使用する人工毛の本数は少なくて済みますし、薄毛が進行している場合には人工毛を取り付けるための土台が必要になってきます。 増毛施設の無料体験で頭髪の状態を詳しく見てもらえば、自分の場合はどれくらい費用がかかるのかが具体的に把握できます。

無料体験を利用したからといって、その施設で正式な施術を申し込む必要はありません。できるだけ多くの施設を巡って、費用やサービス内容、施設の雰囲気を比較してみましょう。

 

まとめ

増毛にかかる費用をテーマに、初期費用やメンテナンス費用についてご紹介しました。増毛は短期間で見た目が豊かな毛髪になれる施術ですが、ずっと続けなければならないメンテナンス費用が負担になりそうだということもわかりました。高額な初期費用に加えて手術であるということを受け入れられるなら、植毛という選択もよいかもしれません。ぜひこの記事を参考に、自分にとって負担の少ない方法を検討してみてください。