ヒゲ脱毛は痛い!レーザー脱毛の痛みを緩和する方法はある?

女性と比較して、男性は体毛が太くて濃いので脱毛時の痛みも大きなものです。とくにヒゲのレーザー脱毛は激しい痛みを伴うといいます。そのような痛いヒゲ脱毛を少しでも和らげるために、さまざまな緩和手段が用意されていることをご存知でしょうか。なぜヒゲ脱毛が痛いのか、その理由と対処方法を知ることで痛いヒゲ脱毛からさよならしましょう。

ヒゲ脱毛はやっぱり痛い!

ヒゲ脱毛を検討している方にまず初めに言っておきたいのは「ヒゲ脱毛は痛い施術」だということです。脱毛自体が少なからず痛みを伴うものではあるのですが、ヒゲ脱毛の場合は毛質が太くてしっかりしているので痛みが強くなります。加えて、ヒゲ脱毛は顔への施術が中心となるので、皮膚が薄い傾向にある顔はどうしても痛みを感じてしまうのです。

ヒゲのレーザー脱毛で痛みが出る理由

レーザー脱毛するときに痛みを感じてしまう理由は皮膚にダメージを受けるからです。体毛を生やすというのは、もともと人間の体に備わっている機能であることはご存知だと思います。その機能を壊してしまうことが永久脱毛なのです。レーザー脱毛は、幹細胞という体毛を作り出す組織を壊す施術です。他の永久脱毛施術にニードル脱毛というものがありますが、こちらも毛乳頭への電気刺激で毛根を破壊するものです。このように永久脱毛はある意味で、体を傷つけることにより発毛を防ぐ行為なので、痛みを伴うのは仕方がないことなのです。

特に痛い部位って?

特に痛い部位として鼻の下はよく挙げられます。いわゆる口ひげと言われている部分ですね。鼻の穴と上唇の間であるこの部分は、ヒゲが薄い人にとっても密集して濃く生えている箇所なのでどうしても痛みが強くなってしまうようです。

次に痛いと言われているのは顎部分。下唇から下の範囲になります。この部分も鼻の下同様に、多くの人にとって濃いヒゲが生えている箇所になるのでやはり強い痛みを感じてしまいます。

また鼻の下よりも面積が広いぶん、施術時間が長くなることも痛みを強く感じてしまう原因になっているようです。 このほか、ほほやモミアゲなど顔のサイド部分や、顎の下から喉の付近にかけてまでの部分も痛みを感じる人が多い箇所になります。

ヒゲの濃さや毛質、痛みへの感覚は個人差があるので、ここで解説した部位が必ずしも特に痛むというわけではありません。自分の場合はどうかということも考慮して痛みへの対策を立てるようにしましょう。

 

痛みを緩和するにはどうすればよい?

レーザー脱毛はどうしても痛みが伴ってしまうことがわかりましたが、その痛みを少しでも緩和するにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは自分でできる対策として、いくつかの方法をご紹介します。

痛みがある箇所を冷やす

脱毛した箇所が痛む場合は冷やしてあげるようにしましょう。レーザー脱毛によるダメージで皮膚は少なからず炎症を起こしています。そのような痛みを緩和するにはまず冷却です。タオルを水で濡らしてから固く絞り冷やしてあげると良いでしょう。保冷剤があるならば、それをタオルで巻いてから患部にあてて肌を落ち着かせてあげます。腫れて熱を持った状態になっているのでクーリングしてあげるという考え方になります。もし赤みや痛みが酷いようなら自分だけで対処せずに医師へ相談するようにしてください。

体温を上げないように注意する

体温を上げないように注意しましょう。レーザー脱毛の施術が終わってしばらくの間は皮膚が軽いやけどを起こしているのと同じような状態であることを忘れてはいけません。そのような皮膚を温める行為はダメージのある皮膚をさらに刺激することと同じです。痛みが強くなり、目立つような炎症に発展しかねません。飲酒や激しい運動は控え、直射日光を浴びたり、入浴したりするのは極力避けてください。シャワーを浴びるくらいなら心配はありませんが、その際も垢すりタオルでゴシゴシと強くこするような体の洗い方は避けて、手のひらで優しく撫で洗いをする程度にしておきましょう。

保湿する

脱毛した箇所を保湿してあげることも痛みの軽減に有効です。角質が乾燥し水分含有量が下がってしまうとダメージを受けやすくなってしまいます。その状態でレーザー脱毛を受けると刺激が強すぎて悪影響が出る可能性が高まってしまいます。コンディションの良い皮膚で施術を受けた時よりも痛みが強くなってしまい、より辛い思いをすることになるでしょう。皮膚をベストコンディションに保ってあげることで痛みが緩和されるようにするべきです。化粧水や保湿クリームで肌に潤いを与え、施術で受けるダメージをより少ないものにしてあげましょう。

 

クリニックには痛み回避のための麻酔も

どうしても痛いのが気になるという人は、クリニックでの施術なら麻酔の相談をすることができます。多くの人が施術の時に麻酔を併用してもらっていますので遠慮なく相談してみてください。

麻酔は多くのクリニックでオプション扱いとなっていますので別料金になることはあらかじめ知っておきましょう。麻酔の方法により価格は異なりますが、麻酔時間で課金される場合は30分ごとに3,000円ほど、麻酔回数で課金される場合は1回につき3,000円ほどというのが相場になっているようです。

気をつける点としては、麻酔については医療機関でのみ可能です。脱毛サロンなどで麻酔の相談はできないので注意しましょう。

笑気ガス

笑気ガスは痛みを感じにくくする気体を吸入して行う麻酔です。気体の成分は亜酸化窒素に酸素を混合したもの。歯医者さんでも抜歯する時に使っている所があるガスで、痛みに対する安心感は高いと言えるのではないでしょうか。

感覚としては酒で酔ったような感じになると思ってください。眠気を感じる人もいます。気分的に不安が取り除かれ、同時に痛みについての感覚も鈍くなります。ガスを吸い始めてから30秒ほどで効いてくるので、施術時間も短く済ませることができます。 低濃度から様子を見ながら適した濃度に調整を行い、施術中も体調の変化に気をつけながら使用されるので、安全面についても不安の少ないものです。

表皮麻酔

表皮麻酔はクリームタイプの麻酔を塗ることで行うものです。ガスのように体の中に吸い込んだり、注射のように薬液を体内に注入したりするわけではないので、簡単かつ安心して使ってもらえる麻酔だと言えるでしょう。このクリームが効いてくると、塗った部分の皮膚がしびれてきて痛みの感覚が鈍くなります。

笑気ガスよりも効き目が強く、体質的に笑気ガスが向いていない人におすすめ。ただし充分な効果を得るためには30分ほど時間がかかってしまうので、どうしても施術時間は長めになってしまいます。

また、クリームの成分であるリドカインに対してアレルギーが出てしまう人には使用できません。中毒性もあり一度に大量の塗布ができないため、局所的に狭い範囲にしか用いることができない欠点もあります。

静脈麻酔

静脈麻酔は点滴による麻酔です。全身麻酔する方法の一つとして用いられているものであり、非常に高い麻酔効果が得られます。笑気ガスや表皮麻酔でも鎮痛が難しいという人は、この麻酔方法を医師に相談してみるとよいでしょう。ただし価格も高く、1回の施術で1万円から数万円が麻酔代として必要になります。また施術前の食事が禁止されたり、施術日は自動車の運転も禁止されたりなど、制限される行為が多くなることも覚えておきましょう。

まとめ

ヒゲ脱毛に伴う痛みについて、その理由とさまざまな対処法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ヒゲ脱毛は、女性が行っている美容脱毛と比較して痛みが激しく、男性向けにしか提供されない強い麻酔もあるそうです。脱毛したいヒゲの箇所や毛質によっても痛みの個人差はあります。事前のカウンセリングで医師によく相談し、自分に適した鎮痛法のアドバイスを受けることで負担の少ない脱毛をしてみてください。