薄毛の原因とは〜ストレス・食事など男性の薄毛の原因まとめ

薄毛が進む原因は何だと思いますか?抜け毛や薄毛の対策をとろうと思っても、原因がわからないと適切な対処ができなくなってしまいます。 そこで今回は、男性にみられる薄毛症状の主な原因をご紹介します。薄毛につながる生活習慣やすぐに実践できる対策もお伝えするので、薄毛を改善したい人は必見です。

男性の薄毛の原因

では早速、男性の薄毛の原因を確認していきましょう。

AGAでの薄毛の原因は男性ホルモン

男性が発症することの多いAGA(男性型脱毛症)の主な原因は、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」であることがわかっています。

代表的な男性ホルモンはテストステロンで、筋肉を発達させたりヒゲを濃くしたりするなど「男性らしさ」を高める働きがあります。テストステロン自体には直接薄毛を促進させる作用はありませんが、「2型5αリダクターゼ」という酵素と結合すると薄毛を促すDHTに変化してしまうのです。 生成されたDHTは、男性ホルモンの情報を受け取る受容体(レセプター)に取り込まれると、髪の毛の成長を抑制するような指令が出され、髪が細くなったり抜けやすくなったりします。

DHTは前頭部や頭頂部の毛根の細胞に発生しやすいため、AGAを発症するとおでこの生え際や頭のてっぺんの抜け毛が増え、薄毛が目立つようになります。 なお、DHTを生成させる酵素の量やDHTを受け取る受容体の感受性は、生まれつきある程度決まっているため、薄毛は遺伝による影響も大きいと考えられています。

円形脱毛症が原因の薄毛もある

男性の抜け毛はDHTや加齢によるものとは限らず、円形脱毛症の可能性も考えられます。

円形脱毛症というと、ストレスによって小さな円形状に髪が抜け落ちるイメージがありますが、実は明確な原因はまだ明らかになっていません。最近では、体に備わっている免疫機能が、自分の細胞を攻撃対象にしてしまう自己免疫疾患の一種ではないかという説も有力だそうです。

円形脱毛症の場合、髪の毛をつくる細胞が攻撃されてしまい、脱毛を引き起こすと考えられています。円形脱毛症は年齢にかかわらず誰にでも発症する可能性があります。

その他の薄毛の原因

上記以外にも、抜け毛や薄毛はさまざまな原因によって引き起こされます。

・ホルモンなど内分泌系のトラブル

・頭皮の皮脂の分泌過多

・皮膚炎やフケ症などの皮膚疾患

・栄養障害

抜け毛が増える原因は頭皮の問題だけではなく、体内のトラブルや栄養状態が影響を及ぼしていることもあります。

 

生活習慣も影響?日常の中にある薄毛悪化の原因と対策

普段の生活習慣も薄毛を悪化させる要因になることがあるため、NG習慣をチェックしておきましょう。

脂肪分の多い食事

頭皮や髪の毛の健康を保つには色々な栄養素が必要なので、栄養バランスが偏った食生活は頭皮環境の悪化を招き、抜け毛を増やすことがあります。 特に、脂肪分の多い肉料理や高カロリーなインスタント食品・ファストフードなどを好んで食べている方は、血液に含まれるコレステロールの割合が増えて血流を悪化させる可能性があります。血流が悪くなると、タンパク質・ミネラル・ビタミンといった栄養がスムーズに届かなくなるため、頭皮や髪の毛が栄養不足に陥ってしまいます。

ストレス

過度なストレスは心身に色々な不調を引き起こしますが、頭皮環境にも悪影響を及ぼします。

一般的に、強いストレスが続くと自律神経が乱れやすくなります。自律神経には、体を活性化させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」があり、うまくバランスをとりながら心身の健康を保っています。 でも、過度なストレスにより自律神経が乱れると、交感神経が優位な状態が長くなり、それに伴い血管が収縮します。血管が収縮して狭くなると血液の流れも悪くなるので、頭皮に酸素や栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛や薄毛につながるというわけです。

ストレスと抜け毛の関連性については医学的にまだ解明されていません。ストレスを受けたら必ず抜け毛が増えるとは言い切れませんが、ストレスが身体に与える影響やメカニズムを踏まえると可能性としては考えられます。

タバコ

タバコも薄毛を悪化させる要因のひとつです。「タバコ=健康に悪い」というイメージが定着していますが、頭皮や髪の毛にもよくありません。

タバコに含有されているニコチンには血管を収縮させる作用があり、全身の血流を悪化させます。もちろん頭皮の血行も悪くなるため、頭皮や髪が栄養不足になり、髪が細くなって抜けやすくなる可能性があります。

また、タバコの煙に含まれている一酸化炭素には血液中の酸素量を減らす作用があるため、栄養だけではなく酸素も行き渡らなくなってしまいます。

間違ったシャンプー

シャンプーのやり方が不適切だと抜け毛を増やす可能性があります。シャンプーと抜け毛の関連性についてはまだ解明されていませんが、洗い方が不十分で洗浄成分などが頭皮に残ると、毛穴の詰まりや炎症を引き起こし、健全な発毛・育毛を阻害することが考えられます。

また、洗浄力が高いシャンプーを使ってゴシゴシ強く洗っている人は、頭皮を保護するために必要な皮脂まで取り除き、頭皮環境の悪化を招くことがあるので注意が必要です。

最後に、シャンプーで髪を洗う際に気をつけたいポイントをご紹介しましょう。

・事前にブラッシングとぬるめのシャワーで汚れを浮き上がらせる

・シャンプーは手のひらや専用ネットでよく泡立てる

・髪や頭皮に泡をなじませ、やさしくもみ込むように洗う

・時間をかけてシャンプーの成分や汚れをしっかりすすぐ

・リンスやコンディショナーは毛先にだけつける

シャンプーで洗う前に髪をとかし、ぬるま湯で流しておくと洗髪時に絡まりにくくなりますし、皮脂汚れやスタイリング剤が浮き上がって落としやすくなります。

シャンプー時は爪を立てたり頭皮をこすったりせず、両手で軽くマッサージするように洗いましょう。よく泡立てておけば、強い力を加えなくても泡が自然に毛穴や髪に入り込み、汚れを除去してくれます。 頭皮に不要な成分が残留すると負担になるため、すすぎは時間をかけて丁寧にしてください。リンスなどの成分も頭皮に不要なので、傷みやすい毛先を中心につければOKです。

 

まとめ

薄毛の原因は多岐にわたりますが、男性に多いAGAによる薄毛は、主にDHTという男性ホルモンによって引き起こされています。 DHTが生成されやすいかどうかは生まれつきの体質によってある程度左右されるため、男性の薄毛は遺伝の影響も大きいようです。AGA以外では、加齢による抜け毛の増加や円形脱毛症などの疾患の可能性もあります。

進行性のAGAや加齢による薄毛は自分では防ぎきれない側面もありますが、薄毛を悪化させないためには生活習慣に気をつけることも大切です。脂質の多い食事やタバコ、過度なストレスは抜け毛を増やす可能性があるため注意しましょう。シャンプーも頭皮をいたわりながら洗う方法を実践すれば、健全な頭皮環境を保てるはずです。

ご紹介した原因や症状に思い当たるものがある方は、適切な治療・ケアとともに生活習慣も見直してみましょう。