薄毛の予防・対策!食事・シャンプー・頭皮マッサージで薄毛回避

自宅で食事やシャンプー、マッサージなどを見直すことで、薄毛の改善を促すことが可能です。逆に、栄養の偏った食事、間違ったシャンプーなどをすると、薄毛の悪化が心配されます。薄毛のリスクを抑えるために、生活習慣を見直すようにしましょう。ここでは、薄毛予防の対策となる食事やシャンプー、頭皮マッサージについて解説します。

薄毛の予防法(1)食事の見直しで薄毛予防

薄毛の予防を心がけるのであれば、まず食事から見直しましょう。食事は1日3食を摂るため、それだけ影響が大きくなります。髪を作るためには様々な栄養が必要で、栄養不足は薄毛に繋がります。

薄毛予防のために食事で摂りたい栄養素

薄毛予防として摂っておきたい栄養は、タンパク質と亜鉛、ビタミン群です。

・タンパク質

髪だけではなく、皮膚や筋肉、爪、臓器などを作る栄養素です。タンパク質が不足することは、髪の材料不足を意味します。そのため、タンパク質が足りていない方は薄毛が助長される可能性があるのです。タンパク質は、肉や魚、卵、大豆、ピーナッツなどに含まれています。これらの食品が足りていないのは、菜食主義者や過度なダイエットをしている方でしょう。様々な食品からタンパク質を摂るようにしてください。

・亜鉛

亜鉛は、タンパク質の合成に必要な栄養素です。カキやレバーなどに多く含まれています。牡蠣やレバーは頻繁に食べることが少ない食品であるため、日本人は亜鉛が不足しがちとされています。

・ビタミンB群

髪の健康を保つために必要です。肉や魚、卵などに多く含まれています。タンパク質や亜鉛も一緒に摂れるため、肉や魚、卵を習慣的に摂りましょう。

薄毛予防のために避けたい食事・食生活

アルコールの過剰摂取は、薄毛の悪化に繋がります。アルコールは、肝臓で解毒されるのですが、その際にアセトアルデヒドが生産されます。アセトアルデヒドは、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンを増やすため、薄毛の悪化をもたらすのです。

また、脂質や糖質、塩分の摂り過ぎも薄毛に繋がります。血液がドロドロになることで血流が悪くなり、頭皮に十分な栄養が運ばれなくなります。 十分に栄養を摂っていても、頭皮に運ばれなければ髪の生成に役立てられません。また、冷たいものばかり摂ることも血流の悪化に繋がるため、温かいものを摂ることを意識しましょう。

 

薄毛の予防法(2)シャンプーの見直しで薄毛予防

シャンプーは、頭皮ケアに欠かせません。頭皮の汚れや余分な皮脂などを取り除き、頭皮環境を整える効果があります。しかし、間違った方法でシャンプーをすると、かえって頭皮環境が悪化する恐れがあるのです。シャンプーも食事と同じく毎日の習慣であるため、正しい方法を身に着けることが大切です。

薄毛予防のためのシャンプーの選び方

薄毛予防のためには、まず頭皮に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

シャンプーには、大きく分けて高級アルコールシャンプーとアミノ酸系シャンプーがあり、薄毛が気になる方におすすめなのはアミノ酸系シャンプーです。高級アルコールシャンプーは、動物や植物から抽出された油脂から作られる界面活性剤を含みます。アミノ酸系シャンプーには、アミノ酸系界面活性剤が含まれているのです。動物や植物由来の界面活性剤は、皮脂を落とす力が非常に高く、頭皮を守るために必要な皮脂まで落としてしまいます。アミノ酸系シャンプーは、必要な皮脂を残せるため、頭皮環境を整えるのに役立つのです。

また、次のような成分が含まれたシャンプーを使うといいでしょう。

・グリチルリチン酸2K

頭皮の炎症を抑え、頭皮環境を整えます。

・ピロクトンオラミン

フケやかゆみを抑えて頭皮環境を整えます。

・サリチル酸

殺菌成分の1つで、頭皮で雑菌が増えないように整えてくれます。

・ニンジン根エキス

育毛剤にも使用されているジンセノサイドという成分がニンジン根エキスに含まれています。

・ヒアルロン酸

大量の水分を抱え込む性質を持ち、頭皮の乾燥を防ぎます。

・コラーゲン

頭皮の弾力に関係しており、健康な頭皮に必要不可欠な成分です。 また、育毛剤などの浸透を妨げる原因となるシリコンが含まれていないシャンプーを選びましょう。

薄毛予防のための正しいシャンプーのやり方

薄毛を防ぐために、正しいシャンプーの方法を確認しておきましょう。

(1)ブラッシング

髪を解くことで、髪の1本1本から頭皮までしっかり濡らせるようになります。シャンプーをするときに手ぐしで研ぐと、髪が引っ張られて頭皮に刺激が及びます。

(2)髪と頭皮を濡らす

髪と頭皮を濡らして、汚れを取り除きましょう。十分に濡れていないと、シャンプーがしっかり泡立たず、原液に含まれる濃度が高い洗浄成分によって頭皮に刺激が及びます。

(3)シャンプーを泡立てる

シャンプーを手のひらでしっかり泡立ててください。液体をそのまま頭皮につけると、皮脂が落とされすぎて頭皮トラブルに繋がります。

(4)マッサージの要領で洗う

爪を立てると頭皮を傷つけてしまうため、指の腹でマッサージするように揉み込みましょう。

(5)丁寧にすすぐ

髪に洗浄成分が残らないように、何度も丁寧にすすぎましょう。耳の裏や襟足など手が届きにくいところは洗い残しやすいため、入念にすすいでください。

 

薄毛の予防法(3)頭皮マッサージで薄毛予防

頭皮マッサージには、薄毛の改善効果が期待できます。ただし、適切な方法でマッサージしなければ、頭皮にダメージが及びます。薄毛への効果や正しい方法を確認しておきましょう。

頭皮マッサージの薄毛予防への効果

頭皮マッサージの目的は、頭皮の血流を促すことです。頭皮は身体の先端にあたるため、血液が十分に届かない場合があります。頭皮マッサージによって血流が促されれば、栄養がしっかり届くようになり、髪の生成が促進されます。

ただし、栄養が足りていなければ、血流を促しても髪の生成が促進されないため、バランスのとれた食事も同時に心がけることが大切です。

薄毛予防のための頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージは、次のように行いましょう。

(1)頭皮全体を覆うように両手でつかみます。

(2)指の腹で円を描くように3回刺激し、その後3秒間圧迫してください。これを頭皮全体に対して行います。

(3)こめかみの生え際に指の腹を当てて、強めに押しつつ頭皮を引き上げましょう。

(4)少しずつ動かしながら、こめかみの生え際から頭頂部にかけて、3つに分けてマッサージします。

(5)頭皮を指の腹で軽く叩きます。

頭皮マッサージでは、爪を立てないようにしましょう。また、摩擦するようにマッサージすると、頭皮が乾燥して薄毛のリスクが上がります。また、頭皮への血流が悪い状態が続いている場合、頭皮マッサージをやらない日があると薄毛改善の効果が低くなります。入浴後に習慣づけるなど、毎日頭皮マッサージしましょう。

 

まとめ

薄毛予防のポイントは、食事の見直しや正しい方法でのシャンプー、頭皮マッサージです。食事では、髪の材料となるタンパク質、タンパク質を作るために必要な亜鉛、髪の健康を維持するビタミンB群を摂るようにしましょう。

シャンプーでは、必要な皮脂を残しやすいアミノ酸系シャンプーを使って、正しく洗うことが大切です。頭皮に洗浄成分が残らないように、入念に洗い流しましょう。頭皮マッサージは、血流を促すことで栄養を頭皮に届けやすくする対策になります。指の腹で頭全体を掴み、円を描くようにマッサージしましょう。

1つ1つの薄毛改善効果は決して高いものではありません。しかし、全てを見直して髪の生成を促すことで、納得できるだけの薄毛改善効果が現れる可能性があります。基本となる薬物療法などの治療を受けつつ、薄毛予防の対策を行いましょう。