薄毛は皮膚科で治療できる?治療内容と費用・保険適用について

薄毛の治療は薄毛専門のクリニックで受けるものと思っている方は多いのではないでしょうか。実は、皮膚科でも薄毛の治療を受けられるのです。しかし、専門クリニックよりも治療の質が低いのではないかと不安な方もいますよね。そこで今回は、皮膚科での薄毛治療の内容や費用、保険適用について詳しく解説します。

薄毛は皮膚科で治療できる?

皮膚科でも薄毛は治療できる

薄毛は、皮膚科でも治療できるため、受診の際の選択肢に加えることをおすすめします。専門クリニックだからといって、必ずしも質の高い医療を受けられるとは限りません。皮膚科も選択肢に入れることで、自分に合った医療機関を見つけやすくなります。

皮膚科と専門クリニックの違い

皮膚科と専門クリニックの違いは、次のとおりです。

・実績の違い

薄毛専門クリニックでは、薄毛に悩む方の診察しかしていません。そのため、皮膚科よりも自然に実績が多くなるのです。皮膚科によっては、薄毛の治療実績がほとんどありません。ただし、実績が全てではなく、実績がなくても適切な治療を受けられることの方が多いのです。男性型脱毛症のガイドラインに沿って、科学的根拠のある治療を受けられます。

・治療法の種類の違い

治療法の種類は、専門クリニックの方が多い傾向があります。皮膚科でも主要な治療法は導入しているため、薄毛の治療に支障をきたすわけではありません。

・費用の違い

薄毛は自費診療であるため、医療機関ごとに好きな値段をつけられます。初診料と再診料も異なり、皮膚科の方が専門クリニックよりも高い傾向があります。

・医師の質の違い

悩みに寄り添った診療ができるかどうかが異なります。薄毛専門クリニックは、薄毛に悩む患者ばかりを診てきているため、どのように対応すればいいのか、どのようなことを言ってはいけないのかなどを知っています。皮膚科医は、おもに皮膚の症状を診てきており、薄毛という特定の悩みに寄り添った治療を特に意識していないこともあります。

・立地の違い

薄毛専門クリニックは、駅のすぐ近くに立地している傾向があります。それに対して皮膚科は、駅から少し離れた位置にあることも多いため、場合によっては通うことが負担になります。

・プライバシーへの配慮の違い

薄毛は非常にデリケートな問題であるため、誰にも知られたくないという方が多くみられます。そのため、専門クリニックでは患者同士で顔を合わさずに済むような院内となっていることが多いのです。皮膚科は、特にデリケートな問題ではない症状の患者も多いため、特別プライバシーに配慮していることは少なくなっています。

・受けられる検査の違い

皮膚科では、薄毛治療の際に血液検査などは行わないことがほとんどです。それに対して専門クリニックでは、血液検査をしてから必要に応じて治療を行います。

 

皮膚科の薄毛治療の特徴

皮膚科で受けられる薄毛治療は、専門クリニックでの治療と共通しています。ただし、治療法の数や目的が異なります。

皮膚科の薄毛治療は薬物療法が主

皮膚科での薄毛治療は、薬物療法が主となっています。AGAによる薄毛に対しては、プロペシアやミノキシジル、デュタステリドを使用します。皮膚科によっては、プロペシアしか取り扱っていません。専門クリニックでは、メソセラピーや自毛植毛、オリジナル治療薬など様々な治療を受けられます。

皮膚科の薄毛治療は進行予防が目的

皮膚科の薄毛治療の目的は、主にAGAの進行予防です。プロペシアは、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンを作れなくすることで、AGAの進行を抑えます。ミ

ノキシジルは、髪の生成を促す薬ですが、取り扱っていない皮膚科も多く見られます。そのため、皮膚科の薄毛治療では、薄毛を大きく改善することは期待できないのです。ただし、薬の効果には個人差があるため、プロペシアだけでも十分に改善することもあります。

また、専門クリニックではプロペシアやミノキシジルのジェネリック医薬品を取り扱っていることがあり、それだけ治療の費用を抑えられます。皮膚科は、ジェネリック医薬品を取り扱っていないことが多く、先発医薬品がメインとなります。

AGAの薄毛治療はすべての皮膚科で行っているわけではない

AGAの薄毛治療は、全ての皮膚科で行っているわけではありません。薄毛治療を行っておらず、受診しても他院を紹介されることになる場合もあります。

皮膚科での薄毛治療は、AGAよりも脂漏性皮膚炎による脱毛症がメインとなっています。皮膚の炎症やかゆみなどを伴う場合は、皮膚科を受診するといいでしょう。また、ある日突然髪が円形に脱毛した場合、円形脱毛症が疑われます。円形脱毛症も皮膚科で治療できます。

薄毛治療を行っている皮膚科を受診するのは、最近髪が薄くなってきた、生え際が後退してきたといった症状が現れた場合です。他に症状を伴う場合は、AGA治療を行っていない皮膚科を受診しても問題ありません。

 

皮膚科での薄毛治療の費用と保険適応について

皮膚科で薄毛治療を受けるにあたり、気になるのが費用ではないでしょうか。また、保険適用されるかどうかでも費用が変わるため、確認しておきましょう。

皮膚科でのAGAの薄毛治療の費用

皮膚科でのAGAの薄毛治療の費用は、専門クリニックよりも安い傾向があります。ただし、専門クリニックが初診料・再診料が無料であることが多いのに対し、皮膚科は1,000~2,000円かかります。そのため、場合によっては皮膚科の方が高くなるのです。

専門クリニックでは、遺伝子検査を数万円で行っていることもあり、そういった特殊な検査を受ける場合は皮膚科の方が費用を抑えられます。薬の費用は専門クリニックとほぼ共通しており、プロペシアが1ヶ月あたり7,000~10,000円、ミノキシジルが3,000~7,000円デュタステリドが10,000~13,000円です。デュタステリドを取り扱っていない皮膚科も多いのですが、念のために相場を覚えておいた方がいいでしょう。費用はプロペシアよりも高めですが、効果も高くなっています。

皮膚科でのAGAの薄毛治療は保険適用されない

皮膚科でのAGA治療には、保険が適用されません。これは、専門クリニックも同様です。AGAによる薄毛は、健康に問題をきたすような原因ではないため、保険適用にならないのです。

自費診療は、医療機関が自由に値段を決められるようになっています。そのため、広告費や立地などの条件で費用が変わります。皮膚科は広告費をかけていないことが多いため、専門クリニックよりも安くできるのです。

 

まとめ

皮膚科での薄毛治療は、専門クリニックと質が異なります。治療の選択肢が少なく、多くの場合はプロペシアやミノキシジルによる薬物療法しか受けられません。

薬物療法は、AGA治療において推奨度が高い治療法です。そのため、薬物療法しか行っていなくても特に問題はありません。しかし、早く薄毛を改善したい場合は専門クリニックでメソセラピーなどを受けた方がいいでしょう。費用については、専門クリニックよりも安く済む傾向があります。

ただし、初診料や再診料などがかかることが多いため、専門クリニックよりも高くなるケースもあるのです。しかしながら、専門クリニックでは血液検査などを行うことも多いため、一概にどちらの方が安く済むとは言えません。 その他、立地やプライバシーの配慮についても、皮膚科は専門クリニックに劣る傾向があります。駅から遠かったり、患者同士顔を合わせたりと、継続的に通う医療機関としては満足できないこともあるでしょう。最先端の治療で薄毛を早く改善させたい、プライバシーに配慮してほしいといった様々な要望がある場合には、専門クリニックで受けることをおすすめします。