薄毛の遺伝の確率は?遺伝による薄毛の検査方法・対策まとめ

家族や親族に薄毛の方がいると遺伝の影響が気になりますよね。薄毛は遺伝すると考えられているのでしょうか。遺伝するとすればどれくらいの確率と考えられているのでしょうか。これらを解説するとともに、おすすめの薄毛対策を紹介します。薄毛と遺伝の関係が気になる方は確認しておきましょう。

薄毛が遺伝する?薄毛遺伝の確率とは

薄毛の遺伝子は存在する

残念ながら、薄毛は遺伝すると考えられています。薄毛が遺伝すると考えられている理由は、薄毛に関わる2つの遺伝子が見つかっているからです。

具体的には、「5αリダクターゼの活性を決める遺伝子」と「男性ホルモン受容体の感受性を決める遺伝子」が見つかっています。これらは、男性の薄毛の主な原因である男性型脱毛症(AGA)と深い関わりがあります。

AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンがⅡ型5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換されることとジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結びつくことです。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結びつくと、ヘアサイクルの成長期が短くなるため髪の毛が正常に育たなくなります。その結果、薄毛が進行していくのです。

5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を受け継いでいる方は、5αリダクターゼを生成しやすい体質といえます。よって、ジヒドロテストステロンを生成しやすく、薄毛になりやすいと考えられます。

「5αリダクターゼの活性を決める遺伝子」は優性遺伝します。つまり、両親のどちらかが5αリダクターゼを生成しやすい遺伝子を持っていると、子供に引き継がれます。 男性ホルモン受容体の感受性が高い遺伝子を受け継いでいる方は、ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体が結びつきやすいといえます。よって、薄毛になりやすいと考えられます。

「男性ホルモン受容体の感受性を決める遺伝子」は、X染色体に存在します。X染色体は母親から引き継がれるので、「男性ホルモン受容体の感受性を決める遺伝子」も母親から引き継がれます。 以上の通り、薄毛に関する遺伝子は存在します。よって、薄毛は遺伝します。

薄毛が遺伝する確率は25%

ここで気になるのが、薄毛が遺伝する確率です。一般的に、遺伝によりAGAを発症する確率は25%程度と考えられています。つまり、4人に1人程度の割合で遺伝によりAGAを発症すると考えられているのです。

薄毛になりやすい体質が遺伝したからといって、必ず薄毛になるわけではありません。また、遺伝以外の原因で薄毛になることもあります。これらの点には注意が必要です。

 

薄毛の遺伝は遺伝子検査で確認できる

薄毛が遺伝しているかどうかは、遺伝子検査で調べることができます。具体的に、どのように調べるのでしょうか。

病院での薄毛遺伝子検査

AGA治療を行っているクリニックの中には、薄毛遺伝子検査を行っているところがあります。薄毛遺伝子検査で調べられるのは、主に男性ホルモン受容体の感受性を決める遺伝子です。具体的には、遺伝子上でCAGとGGCという塩基配列がどれだけ繰り返されているか調べます。 これらの繰り返しが小さい方は、男性ホルモン受容体の感受性が高い、つまり薄毛になりやすいと判断されます。基準値は38なので、38以下だと薄毛になりやすいといえます。

また、この繰り返しが小さい方はAGA治療薬のフィナステリドが効きやすいと考えられています。自分に合っているAGA治療薬が分かる点も、薄毛遺伝子検査を受けるメリットといえるでしょう。

薄毛遺伝子検査の方法は、髪の毛や口の中の粘膜、血液などを採取して調べるだけです。検査費用は2万円~3万円程度が相場といわれています。

薄毛遺伝子検査の信頼性は、医師により評価が分かれています。信頼できる検査と考える医師もいれば、信頼できない検査と考える医師もいます。どちらが正しいとは言い切れないので、説明を受けて納得してから検査を受けましょう。

検査キットでの薄毛遺伝子検査

薄毛遺伝子検査は自宅でも受けることができます。薄毛遺伝子検査を行える検査キットが販売されているからです。

検査の精度は、検体さえ正しく採取できれば医療機関で行う薄毛遺伝子検査とほぼ同じです。精度の高い検査を受けられる理由は、医療機関と同じ検査所で検体を調べることが多いからです。 ちなみに、検体の種類が異なっても検査結果に違いはありません。髪の毛でも血液でも口の中の粘膜でも同じ結果が得られます。どの検体も、同じ遺伝子情報を持っているからです。

薄毛遺伝子検査キットの費用は1万円程度といわれています。医療機関で受ける検査に比べ安い点は魅力です。注意点は、検体を正しく採取すること。この点をおろそかにすると正しい検査結果は得られません。検査キットに付属している説明書などをよく読んでから薄毛遺伝子検査を受けましょう。

 

薄毛遺伝子に負けない!薄毛を悪化させないための対策

必ず薄毛になるわけではありませんが、薄毛遺伝子を受け継いでいると薄毛になるリスクは高くなります。心配な方は、次の対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

薄毛を感じたら早めに治療を受ける

薄毛遺伝子を受け継いでいる方にお勧めの対策がAGA治療です。

AGA治療の基本といえるのが、内服薬・フィナステリドです。フィナステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。以上の働きからわかる通り、フィナステリドには遺伝の影響を抑える働きがあります。

非常に効果的なAGA治療薬ですが、期待できる効果・効能は「男性の男性型脱毛症の進行遅滞」です。あくまでも、進行を遅らせることを目的に使用する薬なので、AGAの症状が進行していると効果を実感しづらくなります。薄毛遺伝子を受け継いでいる方は、早めにAGA治療を受けましょう。早目に対処することで、良い状態を保ちやすくなります。

日常生活の見直しで薄毛悪化の要因を取り除く

日常生活を見直して薄毛を悪化させる要因を取り除くことも有効な対策になります。具体的には、食事、運動、シャンプーを見直すと良いでしょう。

食事で重要なポイントは、栄養バランスに気をつけることです。様々な栄養をバランスよく摂ることが重要です。特に意識したい栄養素が、髪の毛の材料になるタンパク質とタンパク質の合成に欠かせない亜鉛、ビタミンB群です。タンパク質は肉類や魚類、豆類などに、亜鉛は牡蠣やウナギなどに、ビタミンB群は卵や大豆、カツオなどに多く含まれています。

運動のメリットは、血行が改善することとストレスを解消できることです。運動に取り組むことで、食事などからとった栄養を髪の毛に届けやすくなります。激しい運動をしなくてはならないと考える方が多いかもしれませんが、育毛目的で取り組むのであればストレッチやウォーキングなどで十分です。体力に合わせた運動を行いましょう。

シャンプーのポイントは、髪と頭皮を優しく洗うことです。基本の方法を紹介します。

1.ぬるま湯で時間をかけて頭皮と髪の毛を流す。

2.手にシャンプーをとって良く泡立てる。

3.頭皮に2の泡を塗布する。

4.指の腹で頭皮をマッサージするように洗う。

5.シャンプーが残らないようにしっかりすすぐ。 6.タオルドライしてからドライヤーで乾かす。

以上の対策を心がければ、薄毛の悪化要因を取り除けるはずです。毎日の生活の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

残念ながら、薄毛は遺伝すると考えられています。薄毛に関わる遺伝子が見つかっているからです。ただし、遺伝ですべてが決まるわけではありません。遺伝が原因のAGAは25%程度といわれています。心配な方は、薄毛遺伝子検査を受けると良いでしょう。医療機関で受けても検査キットを利用しても、検査の精度は同等程度です。遺伝の可能性が分かれば、早めにAGA治療を受ける、食事に気を付けるなどの対策を講じやすくなります。遺伝が疑われる方は、早目に対処しましょう。