薄毛は何科?症状ごとに受診すべき病院を解説

薄毛が気になって治療を考えるようになったとき、多くの人が「何科を受診すればいいの?」と思うのではないでしょうか。人に聞くのも何だか恥ずかしいし、ネットで調べてみると、いろいろな意見があって混乱してしまいます。薄毛が気になった時には、何科を受診すべきなのか解説します。

男性の薄毛は何科?

男性の薄毛の治療に対応している診療科はいくつかあります。また、一般の病院以外でも、治療が受けられるクリニックがあります。

男性の薄毛の治療を行う病院の種類

薄毛の治療を行っている医療機関は、一般の病院と薄毛の専門クリニックに大別できます。このうち、一般の病院で薄毛治療を担当している診療科は、現在のところ皮膚科が多く、一部の病院では内科でも薄毛診療を取り扱っています。大規模な病院に限定されますが、毛髪の治療を専門に扱う毛髪外来を設けているところもあります。

一方、薄毛の専門クリニックは、薄毛治療を専門的に扱っているクリニックのことです。病院と同様に医師によって処方される薬による治療が可能で、クリニックによっては皮膚科をはじめ、さまざまな診療科の医師がチームワークで治療に当たっているところもあります。

 

専門的な治療を受けたいなら!薄毛専門クリニック

薄毛専門クリニックは、薄毛に特化した治療を行っています。薬の処方だけではなく、さまざまな治療やケアを組み合わせた専門的な治療を受けることが可能です。

薄毛専門クリニックの特徴

一般の病院では、薄毛の進行を食い止めるために外用薬と内服薬を用いた治療が行われます。これに対して、薄毛専門クリニックでは、薄毛の根本的な原因にアプローチするために、さまざまな治療が行われるのが特徴です。薄毛治療について豊富な実績を持つクリニックも多く、一人一人の薄毛の状態に合わせた治療を受けられるのがメリットです。

薄毛専門クリニックで行う治療

薄毛専門クリニックの治療の中心は、他の医療機関と同様に薬を用いた薬剤療法です。処方される薬も、フィナステリドという有効成分を配合した「プロペシア」や、同じくデュタステリドを配合した「サガーロ」などの飲み薬、ミノキシジルを配合した外用薬で、他の医療機関と共通しています。

薄毛専門クリニックと他の医療機関との違いは、初回の受診時にカウンセリングや血液検査を行うところが多いということ、生活習慣などを含めて多方面からのサポートを受けられるということです。カウンセリングを行うことで、患者の現在の状態だけでなく、これまでの経過や将来についての希望などを明らかにすることができ、一人一人の患者によりフィットした治療が実践できます。

初回のカウンセリングは無料で行っているクリニックが多いので、自分の薄毛の状態を知りたい、薄毛治療について知りたいという場合は、まずカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

また、血液検査を行うことで、薄毛の治療薬に対するアレルギー反応の有無などを確かめることができ、安心して薬を用いた治療を受けられます。その上で、薬による治療だけでなく、髪の毛の健康を保つための生活習慣のアドバイスなどを受けることにより、効果的に薄毛治療を進めることができます。

 

皮膚の病気・円形脱毛症の可能性があるなら!皮膚科

薄毛が皮膚のトラブルによって起こっている場合、あるいは俗に「10円ハゲ」などといわれる円形脱毛症が疑われる場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科の特徴

病院のさまざまな診療科のなかで、抜け毛や頭皮のトラブルを受け持っているのは皮膚科で、病院の皮膚科のほか一般の皮膚科クリニックでも薄毛や脱毛の治療を受けることができます。ただし、病院やクリニックによっては、薄毛、抜け毛の治療に対応していないところがあるので、事前に確認しておくことが大切です。薄毛、抜け毛でも、頭皮に赤みやかゆみがある、頭皮の皮脂が過剰になっている、大量のフケが出ているなど、頭皮に明らかな異常が診られる場合は、皮膚科に相談すべきケースといえます。

また、ある日突然に楕円形や円形の脱毛部分が現れたという場合は、円形脱毛症の可能性が高いので、早めに皮膚科を受診してください。

地域の病院に脱毛外来がある場合は、相談してみるのも良い方法です。脱毛外来はほとんどが予約診療性で、地域の皮膚科クリニックなどからの紹介状が必要となる場合もあるので、事前に電話やホームページなどで確かめておきましょう。

薄毛専門クリニックや脱毛外来は敷居が高くて受診しづらいという人は、まずはかかりつけの皮膚科に相談してみるのもおすすめです。薬を用いた治療などについて知ることができ、薄毛治療のイメージが明らかになります。薄毛、脱毛の治療に対応していない場合は、対応している病院や脱毛外来を紹介してもらうことも可能です。

皮膚科で行う薄毛治療

皮膚科での薄毛治療の中心は、薄毛専門クリニックなどと同様に薬を用いた薬剤療法です。処方される薬も、内服薬のフィナステリドやデュタステリド、外用薬のミノキシジルで、薄毛専門クリニックや他の診療科と変わりはありません。

多くの場合、初診時に問診や触診によって薄毛の状態が診断され、まずは1カ月分の治療薬が処方されます。その後、薬の使用に問題がなければ、処方が継続されます。

皮膚科を受診するメリットは、円形脱毛症や頭皮の異常が原因となる脱毛症が専門領域なので、的確な治療が受けられるという点です。免疫異常によって起こる円形脱毛症、皮膚のトラブルが原因の脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症については、健康保険で治療が受けられます。

一方、男性型脱毛症(AGA)による薄毛治療は、皮膚科でも健康保険が適用されず、自費診療となります。皮膚科で提供されているAGA治療は、あくまで薄毛の進行を抑えることが目的です。中には育毛剤を処方するところもあるようですが、基本的には発毛を目的としているわけではないということを自覚しておきましょう。

また、通常は投薬と経過観察が診療の中心となり、薄毛専門クリニックのような一人一人の患者に合わせたこまやかな対応を要求するのは難しい面があります。

 

薄毛以外に体調不良を伴うなら!内科

薄毛、脱毛に何らかの体調不良が関係していると思う場合や、遺伝的なことが気になるという場合は内科に相談してみましょう。

内科の特徴

意外に思えるかもしれませんが、内科でも薄毛、脱毛に対応しているところがあります。とりわけ、体調不良があり、それが薄毛、脱毛に関わっているのではないかと思っている場合や、薄毛が遺伝によるものではないかと気になるというような場合は、内科に相談するとよいでしょう。過去に甲状腺の異常を指摘されたことがあり、薄毛、脱毛との関わりが疑われる場合も、内科の受診をおすすめします。

内科は「からだ全体を診る診療科」といわれています。このため、何科を受診していいかわからないという場合には、まず内科を受診して、必要に応じて他の診療科や医療機関を紹介してもらうのが、上手な医療機関の利用法です。

内科を受診することで、それまで気づかなかった異常が発見できることもあるため、薄毛、脱毛が気になることに加えて、何となく体の調子がおかしい、以前とは違うという場合は、早めに内科を受診してみましょう。問題がなければ、それに越したことはありません。もし、問題が見つかったとしても、早期発見、早期治療につながります。

内科で行う薄毛治療

内科の中には薄毛、薄毛、抜け毛の治療に対応していないところもあるので、事前に確認しておきましょう。対応している内科の場合は、皮膚科と同様に薬を用いた薬剤療法が治療の中心となります。

治療に用いられる薬は、内服薬のフィナステリドやデュタステリドが中心です。治療のスタイルも皮膚科と同様、薬を処方して問題がないと判断できれば、投薬を続行するというところが多いようです。

皮膚科と同じように、薄毛、抜け毛の進行を抑えることが治療の第一の目標で、発毛をめざすわけではありません。また、男性型脱毛症(AGA)の治療については、健康保険が適用されないので自費診療となります。

一方、薄毛、抜け毛の治療に対応していない内科の場合は、遺伝子に関することや体調不良についての診断がつき、その上で薄毛、抜け毛の治療が必要なら、対応している診療科や病院を紹介してもらうか、薄毛専門クリニックを受診するとよいでしょう。

 

まとめ

薄毛、抜け毛治療が受けられる医療機関は、病院、一般のクリニック、薄毛専門クリニックがあります。このうち、病院や一般クリニックは、薄毛専門クリニックより気軽に受診できるのがメリットです。こうした医療機関では、主に皮膚科が診療を担当し、内科で治療を受けられるところがあります。

また、大規模な病院の中には脱毛外来を開設しているところもあります。頭皮の異常など皮膚トラブルが見られる場合や円形脱毛症の可能性がある場合は皮膚科、遺伝との関わりが知りたいときや体調不良を伴っているときは内科を受診するとよいでしょう。いずれの場合も、治療は薬を使う薬剤療法が一般的で、薄毛の進行を食い止めることが治療の主な目的です。

一方、薄毛専門クリニックは、豊富な治療実績を持つところが多く、一人一人の症状や希望条件に合った治療を受けることが可能です。薬剤療法に加えて、髪の毛の健康を保つ生活習慣などについてもアドバイスが受けられ、積極的に育毛をめざす治療が特徴です。