AGA専門クリニックの特徴・治療内容・費用相場

「男性型脱毛症(AGA)」の治療をどこで受けるか考えるとき、高い確率で候補に上がるのがAGA専門クリニックです。最近では広告などを目にする機会が増えましたが、詳しく知っている人はまだまだ少ないのが現状です。そこで、AGA専門クリニックの特徴や治療の特色、費用などについて詳しく解説します。

AGA専門クリニックとは

AGA専門クリニックとは、その名の通り、AGAの治療に特化したクリニックのことです。

AGA専門クリニックの特徴

AGA専門クリニックは、AGAの治療に特化しているので数多くの診療実績を持っています。また、専門クリニックとして、一般の医療機関では取り入れていない幅広い治療法に対応しています。このため、さまざまな症状に的確に対応できるのが、大きな強みです。

さらに、薬などを用いた治療のほかにも、健康な髪の生育に役立つ生活習慣についてのアドバイスなども行っており、多角的なサポートが受けられるのも、治療を受ける人にとって嬉しいメリットといえます。以下の項では、AGA専門クリニックのこうした特徴について、より詳しく見ていきましょう。

皮膚科での治療とAGA専門クリニックの治療の違い

一般の病院やクリニックで、AGAに対応している診療科は主に皮膚科です。診療の流れは施設によって多少違いますが、問診や診察を行って患者の状態を把握し、薬を用いた治療を行うというのが代表的なパターンです。治療は基本的に、薄毛の進行を食い止めることに主眼が置かれています。

これに対してAGA専門クリニックでは、通常は最初にカウンセリングと検査が行われます。一人一人異なる患者の症状を正確につかんで、その人により適した治療を実施するためです。検査ではAGAの治療薬に対するアレルギーの有無などが確認されるので、より安心して治療が始められます。

皮膚科の治療が「現状維持型」なのに対して、AGA専門クリニックの治療では、現状維持に加えて、積極的に発毛をめざすケースが一般的です。このため、皮膚科に比べて、通院の頻度が高くなる傾向があります。

 

AGA専門クリニックで受けられる薄毛治療

皮膚科など一般の医療機関に比べて、AGA専門クリニックではさまざまな治療法に対応しています。どんな治療が受けられるのか、見てみましょう。

薬物療法

現在のAGA治療の中心は、薬を用いた薬物療法です。AGA専門クリニックでもこの傾向は変わらず、フィナステリドを配合した「プロペシア」やプロペシアのジェネリック医薬品、デュタステリドを配合した「サガーロ」といった飲み薬、ミノキシジルを配合して外用薬を用いた治療が行われます。また、独自に成分を調整したクリニック独自の薬を処方するところもあります。

育毛メソセラピー

「育毛メソセラピー」という治療法を取り入れているところもります。メソセラピーはもともと美容整形のために開発された治療法で、AGA治療にも応用されるようになりました。髪の毛を作る細胞を活性化させる薬剤を頭皮に注入して、発毛を促します。効果が現れるまでの期間は個人差がありますが、早い人の場合は3カ月程度で発毛を実感できるケースもあるようです。

HARG療法

「HARG(ハーグ)療法」も育毛メソセラピーと同様に、頭皮に直接薬剤を注入する治療法です。薬剤の主成分は、人間の細胞から抽出した成長因子と呼ばれるタンパク質で、髪の毛を育てる細胞の活性を高めるといわれています。薬剤にはこの成長因子のほか、髪の毛の成長をサポートするビタミンなども含まれています。

植毛治療

薄毛が気になる部分に髪の毛を植える植毛治療には、自分の髪の毛を植える自毛植毛と合成繊維で作った髪を植える人工植毛があります。このうち、人工植毛については、移植後の拒否反応などのリスクが高く、国内では奨励されていません。

一方、本人の髪を使う自毛植毛は拒否反応の心配がなく、移植した髪の毛の定着率も高いことから、薬が効かない場合の選択肢として認められています。AGAによる薄毛は額の生え際、頭頂部から進行することが多いので、薄毛が起こりにくい後頭部の髪の毛を、毛根ごと薄毛が気になる部分に移植します。

 

AGA専門クリニックでの薄毛治療の費用

AGA専門クリニックでは、さまざまな治療法が取り入れられ、専門的な治療が受けられます。しかし、それだけに治療費がどれくらいになるのか気になる人も多いでしょう。

AGA専門クリニックの治療別の費用相場

AGAは生命に関わる疾患ではないので、治療はすべて美容目的とみなされます。このため、一般の病院やクリニックで受けても、AGA専門クリニックで受けても健康保険は適用されず、すべて医療機関が設定した価格での自費診療となります。

治療費は医療機関によって差がありますが、代表的なAGA治療薬のプロペシアの場合、1カ月分(28回分)で5〜7千円、サガーロで8千円〜1万円、ミノキシジルが8千円〜1万円が相場です。飲み薬と外用薬は併用されることが多いので、1カ月あたり1万5千円〜1万9千円程度というのが平均的な価格です。

一方、育毛メソセラピー、HARG療法については、クリニックによって使用する薬剤や注入法が異なり、料金にも開きがあります。育毛メソセラピーは1回2万〜10万円、HARG療法は1回8万〜20万円が相場です。また、自毛植毛は1本あたり300〜1,000円が相場なので、1,000本植えると30万〜100万円になります。薄毛の範囲が広い場合は、3,000本程度の植毛が必要なので、90万円〜300万円かかる可能性もあります。

AGA専門クリニックと皮膚科で費用は違う?

皮膚科とAGA専門クリニックでは治療費に差があり、一般的にみればAGA専門クリニックのほうが高額です。これは、両者の診療方針に違いによるものです。皮膚科でAGAの治療を受けた場合、多くの場合は定期的な投薬と問診のみで治療が進められます。治療の目的はあくまで、進行を抑えることにあるからです。

これに対してAGA専門クリニックでは、カウンセリングや検査を行い、治療薬についても効果が薄い場合には、他の医薬品の使用が検討されます。投薬以外の治療法が適用されることもあります。このため、1種類の薬のみを処方してもらって治療を続ける皮膚科より、治療費が高くなるケースが多くなります。

 

AGA専門クリニックで治療を受けるメリット

一般の病院やクリニックに比べると、AGA専門クリニックは治療費が高い傾向にあります。では、高いお金を払ってもAGA専門クリニックで治療を受けるメリットとは何でしょう。

AGA専門クリニックならではの治療実績

真剣にAGAを治療したいと考えるなら、豊富な治療実績を誇る医療機関を選ぶことが大切です。

AGA専門クリニックは、AGAに特化した治療を実践しており、多くの治療実績を持っています。一口にAGAといっても、その症状、進行の速度やパターンは一人一人違います。治療に薬を使用する際も、体質などによって薬の効き方が異なります。場合によっては、薬に対してアレルギーを持つ人もいるので、それぞれに適した治療法を適用する必要があります。

豊富な実績を持つクリニックなら、さまざまなケースに対応できるノウハウが蓄積されており、よりその人に合った治療が受けられます。

AGA専門クリニックは治療メニューが豊富

AGAの治療のために、さまざまな選択肢を持っていることもAGA専門クリニックの強みです。一般の病院で処方されることが多いプロペシアやプロペシアのジェネリック医薬品は、AGA治療薬として効果が認められている信頼性の高い薬ですが、すべての人に同様に効くわけではありません。また、アレルギーの問題などで、飲み薬を使えないという人もいます。

ほとんどのAGA専門クリニックでは、しっかりとしたカウンセリングや検査を行い、一人一人の症状や治療に対する希望、条件などを踏まえて治療方針が検討、決定されます。こうした、いわば「オーダーメイド」的なAGA治療を実施するためには、数多くの薬剤の選択肢、治療法の豊富なバリエーションが必要なのです。

 

まとめ

AGA専門クリニックは、その名の通り「男性型脱毛症(AGA)」の治療に特化したクリニックで、豊富な治療実績を持っています。多くのAGA専門クリニックでは、治療に際してカウンセリングや検査が行われ、その人の症状や将来の見込み、治療に対する希望条件などを明らかにした上で、治療方針が決定されます。治療法の選択肢も幅広く、最も一般的なAGA治療薬を使う薬物療法から、クリニック独自に調整した薬剤を使う方法、頭皮に薬剤を注入する治療や植毛まで、幅広い選択肢からその人に最も適した方法が適用されます。このため、費用は一般の病院やクリニックより高額になりがちですが、より自分に合った治療を受けたいと考える人にとっては、治療を受ける医療機関として有力な選択肢となるはずです。