AGAの治療費用の相場を比較!保険・医療費控除適用についても解説

AGAの治療にはいくらくらい必要かをさまざまな視点から見ていきましょう。AGAは改善治療ができる脱毛症です。ならば改善したいのが薄毛の人共通の思いでしょう。AGAにはさまざまな治療法が存在するので、必要な費用もピンからキリまであります。この記事で紹介する費用相場を参考にして、どの治療を受けるのか検討する際に役立ててみてください。

AGAの治療費用相場は?治療別に比較

「思い切ってAGA治療を始めてみるか」と思った方がまず気になるのは治療費ではないでしょうか。AGA治療を行うのにどれくらいの費用がかかるのか、治療内容別に見ていきましょう。ここではAGAで行われているメジャーな治療方法である投薬治療、HARG療法、メゾンセラピー、植毛の4つを費用例としてピックアップしました。

AGAを薬で治療する場合の治療費用

AGAの投薬治療ではプロペシアと呼ばれる薬が使われます。プロペシアはフィナステリドを成分とする薬で、AGAの治療では一般的なものです。プロペシアの価格は28錠で7,000円から10,000円くらいなので、AGAを薬で治療する場合は1ヶ月あたりにそれくらいの費用がかかると考えてください。

AGAをHARG療法で治療する場合の治療費用

HARG療法は、HARGカクテルと呼ばれる有効成分を毛根へ注入することでヘアサイクルの正常化を目指す治療法です。施術する部位の面積や、使用する器具、HARGカクテルに配合されている成分の種類によって費用は大きく変わってきます。一回の施術で少なくとも80,000円、高くなる場合で200,000円くらいは必要だと思ってください。

HARGカクテルは医療機関ごとにレシピがあります。成長因子を含んだAAPEというタンパクをベースに、各施設が独自のノウハウで各種有効成分を配合しています。同じ症状のAGAであっても、このレシピの違いが施設ごとの価格の違いに現れてきます。HARG療法を検討するのであれば、いくつかの施設を回って治療費を比較することをおすすめします。

AGAを育毛メソセラピーで治療する場合の治療費用

メソセラピーもHARG療法と同様に、頭皮に対して有効成分を注入する治療です。費用もHARG療法と同様の理由で、施設や症状、注入する治療薬の内容によって大きく異なります。

低価格をセールスポイントにしている施設では1回あたり19,000円前後で治療を受けられるようですが、高い施設になると1回あたりで100,000円ほど必要になることがあります。メソセラピーでも複数の施設を巡って、治療費の比較検討をすることが必要だといえそうですね。

AGAを植毛で治療する場合の治療費用

植毛は、後頭部など髪が豊かに生えている部位から薄い部分に自分の髪を植え替える治療法です。手術になるため費用は総じて高価になる傾向があります。少し後退した前髪部分を治療するのにも30万から40万円くらいは必要になります。さらに広範囲な薄毛を植毛で治療するとなると300万円以上の費用が必要となり、安く治療してくれる医院を探しても200万円前後にはなると考えてください。

AGAの治療費用を年間で比較

各治療法のところでも説明しましたが、AGAは同じ治療であっても費用に大きな開きがあります。ここでは一般的な費用相場として年間どれくらい必要かをまとめてみますので参考にしてみてください。

内服薬(1種類の場合) 7万2,000円〜12万円程度

自毛植毛(植毛範囲による) 70万円〜330万円程度

これらはおおよその目安です。AGAの治療費は、どのような薬を使うか、症状の程度はどれくらいか、どこの医療機関を利用するかなど、ケースバイケースであることを忘れないでください。

 

AGAの治療費用に保険はきくのか

ここまでAGAの治療費用を見てきましたが、意外と高額であることに驚かれたのではないでしょうか。「でも健康保険があるから実際はもっと安くなるのでは」と思っている人もいるかもしれませんね。しかしAGA治療に健康保険は適用されません。それはなぜなのか、医療費控除の可否と合わせて詳しく見ていきましょう。

AGAの治療は保険適用外

AGA治療は自由診療となるため健康保険は適用されません。そのため全額を自己負担で支払う必要があります。

健康保険は、厚生労働省が承認する薬や治療法に対して適用されるものです。健康を取り戻すために最低限必要なことが保険の対象であって、やらなくても健康に差し支えないような治療は自由診療になってしまうのです。わかり易い例が美容整形や審美歯科といった自由診療科目です。美人でなくても健康に影響はありませんし、銀歯だからといって食べる時に不便なことはありませんよね。AGAも同じ扱いです。薄毛は見た目の問題であって、見栄えを良くする目的であるAGA治療は健康保険の対象とみなされないのです。

AGAの治療は医療費控除の対象にはなるのか

治療が必要であると医師が判断したケースでは医療費控除の対象として認められます。しかし、現実的にはAGA治療のほとんどが治療であると認められることはありません。 では全て諦めなくてはならないのかというと、そのようなことはなく、処方箋が出ている医薬品については医療費控除となる場合があります。これについては税務署の判断が必要となってくるので、自分が住んでいる地域の税務署に問い合わせるようにしましょう。

 

AGAの治療費用を安く抑えるならジェネリック医薬品

「もう少し治療費が安くならないだろうか」と思っている方にはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品の場合は聞き慣れない薬品名が多いので、抵抗感を持つ人が少なからずいます。しかしジェネリック医薬品は有名な薬と同じ成分で作られており、価格が安いこともあって経済的な負担を減らすことができます。

先発薬より安い!ジェネリック医薬品とは

なぜジェネリック医薬品は安いのでしょうか。それは先発品のように開発費用がかかっていないぶん値段が抑えられているからです。

医薬品には特許があり、他社は同じ成分の医薬品を製造・販売することができません。このような医薬品を先発薬・先発品と呼びます。AGAの治療内服薬では、フィナステリドを主成分とする「プロペシア」がこれにあたります。 特許には期間が設けられており、この期間が終了することで他社も同じ成分の医薬品を製造・販売することができるようになります。

このようにして作られるようになった医薬品はジェネリック・後発品と呼ばれ、多くの場合は先発品よりも安価で出回ることになります。

AGAのジェネリック医薬品の費用

AGAのジェネリック医薬品にはフィナバルド、フィナロ、フィンカー、フィンペシア、エフペシアなどの薬があります。これらはプロペシアの後発品で、プロペシアの薬価が7,000円から10,000円ほどなのに対し、4,500円から6,000円ほどの価格で手に入れることができます。

ジェネリック医薬品で効果や副作用に差はある?

ジェネリック医薬品は安価であっても先発品と同じ効果があります。これは新薬として特許を持っていた先発品と同じ成分で作られているからです。

現在AGA以外の病気で通院している人なら経験しているかもしれませんが、最近では医師がはじめからジェネリック医薬品を処方するケースが増えています。これは同じ効き目で薬価が安いからです。先発品を使うことにこだわりがなければ、ジェネリック医薬品を使うことでAGA治療費を抑えることは可能になります。

もちろん同じ成分の薬なので、副作用についても同じものが起こります。先発品と同じ注意がジェネリック医薬品にも必要であることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

AGAに関わってくる費用について、治療方法ごとの相場から医療費控除の可否、ジェネリック医薬品を利用する節約術まで詳しく見てきました。AGA治療は自由診療になるため、どうしても経済的な負担が大きくなってしまいます。だからといって薄毛のまま諦めたくはありませんし、できる無理なく支払える範囲でベストな治療を受けたいものです。ぜひこの記事を参考にして、自分ができる薄毛治療を検討してみてください。

無料相談はこちらからどうぞ