AGA治療費用の相場を月間・年間で比較!

AGA治療を始めるにあたって、気になるのは治療費ではないでしょうか。どんなによい治療法でも予算と合わなければ続けにくくなるので、治療費の目安はあらかじめ把握しておきたいものです。 そこで今回は、AGAの治療費の相場を主な治療法ごとにご紹介します。治療費の負担軽減方法についても解説するので、AGA治療を始める方はぜひ参考にしてください。

AGAの治療費は高い?治療別の月間・年間費用相場比較

現在、AGA治療で主流となっているのは以下の4つの治療法で、かかる費用もそれぞれ異なります。

・薬物治療

・HARG療法

・育毛メソセラピー

・植毛

月間・年間での治療費の相場をご紹介するので、ご自身の予算と合うかチェックしていきましょう。

AGAの薬物治療の月間・年間治療費相場

薬物治療の場合、月間・年間の薬代の相場は以下のとおりです。

内服薬:月間5,000〜10,000円/年間60,000〜120,000円

外用薬:月間7,000〜15,000円/年間84,000〜180,000円

費用に幅があるのは、薬の種類や成分の濃度、クリニックの方針によって薬代も変わってくるからです。 AGAの代表的な内服薬「プロペシア(フィナステリド)」は1ヶ月分で7,000円前後ですが、プロペシアより高い効果があるとされる「ザガーロ(デュタステリド)」は9,000円前後の場合が多いです。

外用薬としては「リアップ」などに含まれるミノキシジルが有名ですが、配合濃度が高いほど価格も上昇します。 薬代以外に診察代や検査代がかかる場合もあるため、総額としては薬代プラスαということになります。

ただ、クリニックによっては薬を数ヶ月分まとめて購入すると安くなるため、年額は上記より少し抑えられるかもしれません。

AGAをHARG療法で治療する場合の月間・年間治療費相場

幹細胞から取り出した成長因子を頭皮に直接注入することで、毛根の細胞の活性化が期待できるHARG療法。毛髪再生医療として注目されている手法ですが、費用の相場は1回あたり8〜15万円前後となっています。

HARG療法は薬のように毎日続けるものではなく、1ヶ月に1度程度の頻度で通院し、注入治療を受けることになります。通院頻度はクリニックや症状によって異なりますが、月1のところが多いため月額も8〜15万円前後が目安です。

基本的にHARG療法の費用は注入する範囲によって変わってきます。また、治療が1回で終わる人もいますが、6〜10回程度続ける必要がある場合も。そのため、継続的な治療を要すると年額が48〜150万円程度に達することもあります。

AGAを育毛メソセラピーで治療する場合の月間・年間治療費相場

育毛メソセラピーは、発毛・育毛に必要な有効成分やビタミンなどを頭皮に注入する治療法です。注入する成分や注入法はクリニックによって異なり、費用にも差がありますが、治療費の目安は1回あたり2〜10万円前後です。

育毛メソセラピーの治療は1クール6回続けるのが標準的で、通院間隔は月1程度なので、1クールで終了する場合は年間12〜60万円程度となります。

注入方法は、注射器や針が付いた医療用ローラーを用いる方法の他、針を使わず、微弱電流によって頭皮に浸透させるノンニードル法などがあります。注入方法によって費用も変わってくるため、クリニックに問い合わせるなどして確認しておきましょう。

AGAを植毛で治療する場合の月間・年間治療費相場

薄毛部分に自分の髪の毛を毛根組織ごと植毛する治療法は、植毛の本数単位で費用が増減します。自毛植毛の目安は1本あたり300〜1,000円程度なので、例えば1,000本植毛するなら30〜100万円程度は見込んでおきましょう。

AGAは主に前頭部と頭頂部が薄くなりますが、必要な植毛本数は1,000〜1,500本程度の場合が多いようです。 なお、植毛は継続治療ではないため、月額・年額ではなく1回あたりの費用として認識しておいてください。

 

AGAの治療費負担を軽くする方法はある?

ここまでご紹介したように、AGAの治療費用は決して安いものではありません。経済的な負担を少しでも軽くする方法があるかどうか、最後にチェックしておきましょう。

AGAの治療費の保険適用について

AGAの治療費が高額になりがちなのは、保険が適用されないから、というのが大きな要因となっています。 病気やケガなど保険適用内の診療であれば、自己負担額は1〜3割なので、例えば治療費が1万円程度でも自分で支払うのは1,000〜3,000円程度で済みます。でも、AGAの治療は保険適用外の診療(自由診療)なので、全額自己負担となるのです。

保険が適用されないのは、AGAが直接的に生命に関わるような疾患ではないからです。そのため、診察代や検査代をはじめ、薬の処方やHARG療法などの治療代もすべて自己負担であることを知っておきましょう。

AGAの治療費は確定申告すれば医療費控除対象になるのか

1年間に支払った医療費が10万円を超えると、納めた税金が一部戻ってくる「医療費控除」という制度がありますが、基本的にAGA治療は控除の対象外です。そのため、確定申告の際にAGAの治療費を医療費控除額に算入することは残念ながらできません。 費用が高い上に控除もできないのは厳しい感じもしますが、美容整形などと同じように保険適用外の診療なので、基本的に病気の治療のための「医療費」とは認められていないのです。

ただし、身体的な疾患や精神疾患が原因で薄毛になり、AGAの治療を受けることになった場合は、もしかしたら医療費控除の対象になる可能性も。税務署によっても見解が分かれることがあるので一概にはいえませんが、抜け毛や薄毛のきっかけが何らかの病気によるものであれば、例外的に医療費控除が認められる可能性はあります。 薄毛の原因が病気にあると医師から診断を受けた方は、一度税務署に相談してみましょう。

AGAの治療費負担を抑えるならジェネリック医薬品という方法も

AGAの治療費を少しでも安くしたい場合は、ジェネリック医薬品を利用するのがおすすめです。

ジェネリック医薬品というのは、特許が切れた新薬(先発薬)と同じ有効成分が配合された後発薬のことで、新薬と同じ効果が得られます。 ジェネリック医薬品は新薬ほど開発コストが莫大ではないため、価格も新薬より2,000円前後安くなっています。つまり、同じ効果の薬を低価格で入手できるため、新薬よりコスパがよいということになります。

薬物治療はAGA治療の基本ですし、年単位で続けることが多いので年間では数万円の節約になるかもしれません。 ジェネリック医薬品を導入している病院やクリニックも多いので、診察時に医師に聞いてみるとよいでしょう。ジェネリック医薬品を取り扱っているかどうかはクリニックのホームページで確認することもできますよ。

 

まとめ

AGAの治療費用は治療法によっても大きく異なります。最も一般的な治療法は薬物治療で、内服薬だと1ヶ月あたり5,000〜10,000円程度、外用薬だと7,000〜15,000円程度が目安です。 価格は薬の種類や成分濃度によって変わりますが、ジェネリック医薬品がある場合はジェネリックにした方が費用を抑えることができるのでおすすめです。

毛髪再生医療として注目されているHARG療法や育毛メソセラピーは、前者が1回8〜15万円程度、後者が2〜10万円程度となっています。似たような治療法なので育毛メソセラピーの方がお得に感じますが、注入する薬剤の処方などが異なるため、興味のある方は施術を行っているクリニックに問い合わせてみましょう。

基本的に一度施術を受ければ完了する植毛は、1,000本植毛するとしたら30〜100万円程度必要です。 AGAの治療費は保険適用外なので、風邪などの病気の治療より高額になりがちです。

ご紹介した月額・年額の目安が予算に合うかどうかを検討した上で、AGA治療をスタートさせましょう。

無料相談はこちらからどうぞ