AGA対策まとめ!自宅でできる食事・運動・シャンプーでのAGA対策

AGA対策として日頃から心がけていることはありますか? 「薬や育毛剤があるから大丈夫」と、普段の生活は特に気をつけていないという方もいるのではないでしょうか。でも、AGAを予防するには、薬などで治療するだけではなく生活習慣を見直すことも有効なんですよ。 そこで今回は、毎日の生活に取り入れられるAGA対策をまとめてご紹介します。

AGA対策(1)食事の見直し

日常生活でのAGA対策として、まず見直していただきたいのが食生活です。髪の毛や頭皮は食べ物などの栄養素でつくられているため、毎日の食事はとても重要です。

AGA対策に役立つ栄養素

AGAの予防や改善には、特に以下の栄養素がおすすめです。

・タンパク質:髪の毛の主成分ケラチンの原料となる

・亜鉛:タンパク質の合成をサポートする

・ビタミンB群:細胞の新陳代謝やタンパク質の合成を促進する

タンパク質は髪の毛をつくる必須材料なので欠かせませんし、亜鉛が不足すると抜け毛が増加します。ビタミンは体内で合成することができない栄養素なので、食事などから意識的に摂取する必要があります。 これらを積極的に摂取すれば、頭皮環境の悪化や薄毛の進行を遅らせるのに役立つでしょう。

AGAを悪化させる食事

塩分・糖分・脂質の多い食事はAGAを促進させるといわれています。なぜなら、これらを摂りすぎると血液の流れが悪くなり頭皮に栄養が届きにくくなるからです。 タンパク質や亜鉛など髪や頭皮に必要な栄養は、血液を介して供給されます。しっかり栄養を摂取したとしても、血行が悪ければ髪の毛を成長させる細胞が栄養不足になってしまい、抜け毛や薄毛につながります。

また、お酒が好きな方も要注意。アルコールは体内で分解されるときにビタミンやミネラルを消費するため、お酒を飲みすぎると髪に必要な亜鉛やビタミンB群が奪われてしまいます。

 

AGA対策(2)運動

AGAの予防・改善には適度な運動を取り入れることも大切なポイントです。

なぜ運動がAGA対策に役立つのか

AGA対策として運動が推奨されるのは、血行促進効果があるからです。前章でもお伝えしたように、血流が悪いと髪や頭皮に栄養が供給されにくくなります。そのため、デスクワークが多く運動をする習慣がない方は意識的に体を動かすようにしましょう。

また、適度な運動は自律神経を整え心身の健康維持に役立つため、髪や頭皮を良好な状態に保つことにもつながります。

AGA対策にはどのような運動がよい?

AGA対策に適しているのは有酸素運動です。体を動かしながら酸素を体内にしっかり取り込むため、血行促進効果がとても高く、髪や頭皮にも栄養が行き渡りやすくなります。 具体的には以下のような有酸素運動がおすすめです。

・ウォーキング

・ジョギング

・水泳

・ヨガ

ウォーキングなら運動が苦手な方でも実践しやすいのではないでしょうか。定期的に運動する時間が取れない方は、駅や会社などでなるべく階段を使うようにしたり、帰宅時にひと駅手前で降りて歩いて帰ったりするだけでもよい有酸素運動になりますよ。

また、デスクワークが多いと首や方が凝って血行が悪くなりがちですが、仕事の合間や寝る前などにストレッチを取り入れればコリがほぐれて血行が促進されるでしょう。

 

AGA対策(3)シャンプーの見直し

抜け毛や薄毛を防ぐにはシャンプーの種類や髪の洗い方にも気を付けましょう。

AGA対策によいシャンプーとは

市販のシャンプーにはさまざまなタイプがありますが、AGA対策をするなら以下のような特徴をもつものがおすすめです。

・ 髪や頭皮にやさしい成分でつくられている

・ 硫酸系など強い洗浄成分が含まれていない

・ 育毛に役立つ成分がプラスされている

頭皮環境を良好に保つには頭皮を清潔に保つことが大切ですが、洗浄力の高いシャンプーで洗いすぎると必要な皮脂まで除去し、かえって頭皮の状態を悪化させてしまいます。 そのため、AGA対策としては強い洗浄成分が配合されたシャンプーより、アミノ酸系など地肌にやさしいタイプのものがおすすめです。

洗浄力がそれほど高くなくても、次項でご紹介する洗い方を実践すれば不要な汚れは落とせますよ。 また、抗炎症作用や血行促進作用のある成分が配合されているものであれば、汚れを落としながら髪が育ちやすい頭皮環境に整える効果も期待できます。

AGA対策には正しいシャンプーのやり方を身につける

AGAを防ぐには、以下のような点を意識して髪を洗いましょう。

(1)あらかじめブラッシングをしておく

(2)ぬるま湯で髪と頭皮をざっと洗い流す

(3)シャンプーを手で泡立てる

(4)爪を立てず、指の腹で頭皮をマッサージするように洗う

(5)シャンプーの成分や汚れが残らないようしっかり洗い流す

洗髪前にブラッシングや予洗いをしておくと、髪をほぐしたり整髪料を落としたりすることができるのでシャンプーの洗浄効率が高まります。しっかりと泡立てたシャンプーの泡を、髪や頭皮になじませるようにやさしく洗えば、不要な皮脂汚れや整髪料はきちんと除去できます。

 

AGA対策(4)サプリの利用

AGA対策にサプリメントを活用するのも有効な手段です。サプリであればいつでも手軽に摂取できるので、食事だけでは足りない栄養素も無理なく補うことができます。

AGA対策に役立つサプリとは

先述のように、髪や頭皮の健康を保つにはタンパク質や亜鉛、ビタミンB群が特に重要なので、それらを含むサプリを取り入れるとよいでしょう。タンパク質を補いたい場合は「プロテイン」や「アミノ酸」のサプリを摂取すればOKです。 また最近では、AGAを引き起こすDHTという成分の抑制作用があるとして、ノコギリヤシを用いたサプリも注目されています。

サプリメントを利用する際の注意点

手軽で便利なサプリメントですが、利用の際は以下の点に注意しましょう。

・即効性はない

・ 続けられる価格かどうか

・ アレルギー

・ 他の薬との飲み合わせ

サプリは医薬品ではないため、即効性はありません。あくまでも栄養補給のための補助食品であることを理解しておきましょう。また、サプリは長く飲み続けることが大切なので、長期間続けられる価格であることも大切なポイントです。

また、サプリには色々な成分が配合されている場合があるので、人によってはアレルギーを起こす場合も。服用中の薬と飲み合わせが悪いこともあるため、サプリを利用する場合は医師に相談しましょう。

 

20代・30代からAGA対策を

AGAの対策は、20代・30代のうちから始めた方がよいといわれています。

早めのAGA対策が重要なワケ

AGA対策をなるべく若いうちからするべきなのは、早期に始めた方が髪の毛を生み出す毛母細胞の寿命を延ばせる可能性があるからです。

毛母細胞は髪の毛の成長サイクルに従って分裂をくり返していて、50回程度分裂すると寿命を迎え、髪が生えてこなくなります。その点、AGAによってサイクルが乱れると細胞が分裂するスパンが短くなり、通常より寿命を早く迎えてしまうと考えられています。

毛母細胞の寿命を踏まえると、若いうちから対策をとれば髪の成長サイクルが正常に保たれ、何もしない場合より毛母細胞の寿命を延ばせるかもしれません。AGAは進行性なので、放置すればどんどん薄毛が進んでしまいます。抜け毛が増えてきたと感じたら早めに対策をとりましょう。

AGA対策をしても薄毛が進行するなら治療も検討を

食事やシャンプーの方法など、日常生活を見直しても薄毛が進行する場合は医療機関で治療することも検討しましょう。AGAは適切な治療を受ければ改善する可能性が十分にあります。最近では検査や治療方法が充実した薄毛治療専門のクリニックもあるので、専門医に相談してみるのもおすすめです。

 

まとめ

AGAは普段の食事の栄養バランスに気をつけたり、運動を取り入れたりすることでも対策になります。 食生活においては、髪や頭皮の健康に欠かせないタンパク質・亜鉛・ビタミンB群を意識的に摂取するようにしましょう。そして、それらの栄養がしっかりと頭皮に行き届くよう、適度な有酸素運動を取り入れて血流を促進させることも大切です。栄養はサプリメントで補給するのもおすすめです。

シャンプーは地肌への刺激が少ないタイプや、頭皮環境改善に役立つ成分がプラスされたものを選び、髪や頭皮をいたわりながら洗いましょう。

AGAは進行性なので、何も対策をとらなければ症状は進むばかりです。ここでご紹介した日常生活での対策を取り入れて、抜け毛や薄毛の進行を少しでも遅らせましょう。

無料相談はこちらからどうぞ